top  >  【新築】荒川/北  >  【都内ゆえに免震構造???】ナイスエスアリーナ赤羽3階66平米4,950万円【坪単価247万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【都内ゆえに免震構造???】ナイスエスアリーナ赤羽3階66平米4,950万円【坪単価247万円】
2015-05-31

ナイスエスアリーナ赤羽。

赤羽岩淵駅徒歩7分、赤羽駅徒歩11分の15階建総戸数44戸(事業協力者住戸8戸含む)のレジデンスです。
赤羽駅までわずかながら10分を越えてしまいますし、北側とはいえ北本通り沿いとなるポジションは特別感があるとは言えません。

デベロッパーも神奈川件ならまだしも都内では余計にネームバリューに欠けるナイスということで普通のデベではまずありえない特色を打ち出してきています。

それは他ならぬ免震構造ですね。ナイスは強耐震構造と言う通称を用いて耐震等級2の物件を各地に分譲しており、耐震面を重視としているデベロッパーですが、この規模の物件で免震構造を採用するケースは稀です。プレジデントステージ横濱鶴見ぐらいの規模があればまぁ分からなくもないですが、ヴィニーチェ南雪谷やここの規模で免震構造を採用するとなると将来的なゴム交換なども含めやはりコスト面が気になる所です。
ヴィニーチェ南雪谷も都内の物件ですし都内だと免震構造を導入することでより差別化を図りたいということなのでしょうか。

施工は木内建設です。免震構造が採用されていないケースであれば、この規模の物件だともっとマイナーなゼネコンが起用されていたでしょう。

公式ホームページ
IMG_4716[1]
お部屋は66平米の4LDK、南東角住戸です。南側は戸建住宅が中心となるエリアなので低層階でも日照は良好です。

間取り的にはナイスとしては珍しい都内物件ということでナイスをあまり知らない方はビックリされるのではないでしょうか。
60平米台の4LDK、ナイスではごくごく普通なのです(笑)。
ちなみに3LDKは50平米台中盤からね(笑)。

もちろんメニュープランでは3LDKプランが用意されていますし、ナイスさん的にも4LDKは1つの選択肢として提案しているに過ぎないと思います。ただ、昨今の相場高で都内は神奈川エリア以上に狭小マンションが溢れていますが、4LDKとなるとほとんど見かけないので一定の需要はありそうですよね。
このプランは洋室4の引き戸がキッチン脇にきれいに収納できるタイプなので違和感なく3LDKとしても使える点が素晴らしいですね。
洋室2の引き戸も開けば2LDKもいける???2LDK~4LDKまで使い分けることのできるプランなんて早々ありませんよね。凄いです。

66平米は3LDKだとしても狭い部類ですが、当プランは玄関位置が非常に素晴らしく、角住戸としては廊下がコンパクトに纏まっていますし、柱もほぼ完全にアウトフレーム化されたプランなので有効面積が広いのも良いですね。
この面積だとさすがに浴室は1317となってしまうようですが・・・。ファミリータイプならば最低1418は欲しいところです。

後は、バルコニーが南側のみなのがちょっと残念ですね。エアコンの室外機はアルコーブの北側とかにも置けるのかな???

坪単価は247万円。赤羽駅徒歩10分超となると割高価格で知られるスミフのシティハウス赤羽南パークサイドコート(2012年分譲)でさえも平均坪単価約220万円だったわけで、昨今の相場上昇を如実に感じさせられますが、免震構造、かつ、非常に無駄のない柔軟性に富んだプランなので多少は割り引いて考えてあげるのはありでしょう。

設備仕様面は少戸数のためディスポーザーはありませんし、食洗機も水回りの天然石天板仕様などの高級感もありません。トイレの手洗いカウンターなどもなく単価的には少々寂しい分譲マンションとしては最低限の仕様です。ホームページに「華美な装飾や過剰な設備ではなく命を、暮らしを守る~」と書かれていることに嘘はないでしょう(汗)。

管理費は206円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしのわりにはやや高めの水準ですが、スケールメリットに欠けるのでこんなものでしょうか。
駐車場は全10台で身障者用を除き機械式です。

【居室畳数割合76.3%】ウィルローズ菊川69平米6,040万円【坪単価290万円】 | topページへ戻る | 【44平米の2LDK】グローベル川崎ミッドスクエア4階44平米3,998万円【坪単価301万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る