top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【東京駅に最も近い分譲所有権タワマン】ブリリアザ・タワー東京八重洲アベニュー22階84平米12,400万円台(予定)【坪単価約490万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【東京駅に最も近い分譲所有権タワマン】ブリリアザ・タワー東京八重洲アベニュー22階84平米12,400万円台(予定)【坪単価約490万円】
2015-06-09

ブリリアザ・タワー東京八重洲アベニュー。

八丁堀駅徒歩1分(京葉線。日比谷線は徒歩4分)、茅場町駅徒歩9分、東京駅徒歩16分の30階建(30階部分は階段室・EV室、他にスカイテラスなどでつまりは屋上)総戸数387戸のレジデンスです。

言わずと知れた注目物件で早く取り上げて欲しいとのリクエストをいただいておりましたが、昨今は他にも注目物件が多く少々お時間いただいてしまいました。申し訳ない・・・。

さて、当物件は非常に注目されているとはいえ、ブリリアタワーズ目黒と比べると規模的に大分劣ることは否めません。そもそも、ブリリアタワーズ目黒と比較するまでもなく、当物件自体が敷地面積3,000㎡ちょっとですし、タワマンとしてはそこまでスケール感のあるものではないのです。

しかしながら、考えようによってはブリリアタワーズ目黒よりも希少性があるのも確かなんですよね。
ここは東京駅に最も近い土地所有権の分譲タワマンとなるでしょう。タワマンでなければプラウド東京八丁堀リビオ東京日本橋など東京駅徒歩10分そこそこの物件はわりとありますし、銀座1丁目の銀座タワーはこちらよりもわずかに東京駅に近いと思いますが、定期借地権なのでいくら希少性のある立地でも比較対象にはなりません。

ちなみに、この物件が出来るまでは東京パークタワーワテラスなんかが東京駅に最も近い分譲タワマンだったのではないかと思います(直線距離でね)。

当プロジェクトは公開空地などを確保することで総合設計制度の許可を受け、タワマンを実現しています。
普通は高さ規制50m以下となるエリアですので、当物件の15階前後、つまりおよそ半分から上のお部屋は開放感のある眺望が望めるというわけですね。
東京駅に最も近い位置上に眺望も享受できる最高の贅沢かもしれません。

公式ホームページ
IMG_4761[1]
お部屋は84平米の3LDK、南角住戸です。まさに南角という角度のポジションで日照はもちろんのこと、上層階からは東京湾方向を中心としたパノラマビューが楽しめます。

間取り的には典型的なタワマンの角住戸という感じで玄関位置が良くないため、廊下が少々長い印象ですが、この長さで洋室2室を独立させることが出来ているのはまずまずと言えますし、クランクインなのでプライバシー面も良好です。

それよりも気になるのはやはり柱でしょうね・・・。この価格帯の物件で長谷工施工と言われても納得してしまうぐらい(施工は三井住友建設です)柱が食い込んでいるのはいかがなものかと思います。窓際の下がり天井はほとんどが2.15~2.2mですので、及第点は与えられるとは思いますが、2m前後のところも散見されますし、残念と言わざるを得ません。

コーナーサッシも最大で5枚ほどしか連続しておらず、角住戸にしては地味な設計ですし、この規模の物件としては敷地がそれほど大きくないことが影響しているのかバルコニーの奥行も1.59mとやや浅めの設計となっています。
ブリリアタワーズ目黒は逆梁なのに室内に順梁であるかのような下がり天井が目立ち、なかなか残念な構造でしたが、ここは順梁とはいえそれに負けず劣らずな残念さがあります。やはり建築コスト高というのがこういった設計面に大きな影響を及ぼしているのでしょう。
当プランの場合は柱の食い込みのせいでLDの形があまり良くないのも気になります。

最大2.6mの天井高、充実した収納、1620の浴室は素晴らしいですね。

坪単価は予定価格で約490万円。タワマンの南の角住戸は真夏の暑さはかなり強烈ですが、こういった話題性のある物件となるとタワマン自体に住んだことがない人も多くいらっしゃるのではないかと思いますし、黙っていても南角のお部屋は人気になり、価格的にも必然的に高い設定となりますね。

【免震×直基礎】ブリリアザ・タワー東京八重洲アベニュー19階44平米5,400万円台(予定)【坪単価約409万円】 | topページへ戻る | 【最上階だけ内廊下】ザ・パークハウス三鷹櫻邸5階69平米8,488万円【坪単価405万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る