top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【銀座の3LDK】ウエリス銀座二丁目13階80平米19,900万円【坪単価820万円】

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

【銀座の3LDK】ウエリス銀座二丁目13階80平米19,900万円【坪単価820万円】
2015-06-16

ウエリス銀座二丁目。

東銀座駅及び新富町駅徒歩4分、銀座一丁目駅及び築地駅徒歩5分、銀座駅徒歩6分、宝町駅徒歩7分、有楽町駅及び京橋駅徒歩10分の14階建総戸数54戸(事業協力者住戸1戸含む)のレジデンスです。

物件名からも分かるように銀座2丁目アドレスの貴重な「銀座」物件で複数路線複数駅が使える利便性は言わずもがなですが、その中でも銀座駅徒歩6分と有楽町駅徒歩10分というのは凄いです。

一応、この周辺にはブリリア銀座idやアヴァンティーク銀座2丁目、クオリア銀座三丁目などの物件が存在していますが、いずれも2000年代前半に分譲されたものでそれ以来となる久々の銀座らしい銀座ポジションの物件となります。
ちなみに、銀座一丁目には銀座タワーがありますが、所有権ではないですし、このエリアの分譲というのは本当に貴重なのです。

んで、余談ですが、ウエリスっていつからウ「エ」リスになったんですかね???
公式ページ等にも過去の物件は今でもウ「ェ」リスって表記されているので、以前はウ「ェ」リスだったはずでこの物件を見るまではずっとウ「ェ」リスだと思っていたのですが・・・。
「Well」と「With」を組み合わせた造語のようなので確かに「ウエリス」のが相応しい感じですが、ややこしいので止めて欲しい(笑)。

公式ホームページ
IMG_4799[1]
お部屋は80平米の3LDK、南角住戸です。周囲には同じような高さの建物も少なくないため上層階でも眺望という感じではありませんが、日照はもちろん視界的にも悪くないこの地としては最上級に贅沢なポジションとなります。

当物件内で唯一の3LDKプランとなります。当物件は2LDK中心で平均専有面積は60平米前後になるのではないかと思いますが、近隣物件として挙げた前述の3物件はいずれも平均専有面積30~40平米であることからも分かるようにこのエリアとしては非常に珍しいゆとりあるプランニングも大きな特長です。
特にこの3LDKはおそらくこのエリア唯一の3LDK分譲となるのではないでしょうか(定借の銀座タワーを除く)。

価格面でのグロスを気にして中途半端な70平米台の3LDKなどにするのではなく80平米を確保している点も評価出来ますね。まぁ、むしろ100平米超のプランの方が富裕層により評価されたような気もしますが・・・。どうせ数戸なんで価格がいくらだろうとこの立地なら売れてしまうと思うんですよねぇ・・・(100平米超にするのは上層階限定でないと厳しいでしょうが)。

間取り的には逆梁カウンタータイプなので畳数消費はそれなりですが、玄関廊下はまずまずコンパクトに纏まっていますし、居室の配置や水回りのプライバシー面などとのバランスは上々でしょう。

L字型のゆとりあるキッチンや1620の浴室など超高額物件らしさを感じることが出来ます。

上層階は最大天井高2.4m(中層は2.45m、下層は2.5m)ですし、北東・北西の隣戸との境となる部分には2m未満の下がりも見られるのは非常に残念でなりませんが、このようなエリアの物件で奥行2mのバルコニーが設計できているのは素晴らしいですね。

収納はちょっと少ないかな。特に洋室の衣装収納が全体的に物足りないですね。

坪単価は820万円。前述の通りこの立地にはいくらが妥当とかはないんでしょうね・・・。いくらでも売れますから・・・。広さなどコンセプトは異なりますが、ブリリア銀座idは平均坪単価約330万円、クオリア銀座三丁目は平均坪単価約320万円だったなんて今となっては信じ難いですよね・・・。

設備仕様面は食洗機、水回り天板の天然石仕様、LDビルトインエアコン、玄関だけでなく廊下までの大理石貼などそれなりの仕様にはなっていますが、この価格帯の物件でディスポーザーがなかったり、洋室が壁掛けエアコンだったりという点に非常に違和感があります。

【ディスポーザーないかぁ・・・】ウエリス銀座二丁目8階55平米8,880万円【坪単価533万円】 | topページへ戻る | 【空地の大半は駐車場とするのがスミフ流】シティハウス横濱綱島3階68平米4,880万円【坪単価237万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る