top  >  不動産市況  >  2015年5月の首都圏マンション販売戸数

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

2015年5月の首都圏マンション販売戸数
2015-06-16

不動産経済研究所の発表によると5月の首都圏のマンション販売は、
販売戸数3,495戸(前年同月比18.7%減)
1戸あたり価格4,812万円(前年同月比6.7%減)
契約率71.1%(前年同月比7.8ポイントダウン)
とのことです。

これで5ヶ月連続前年同月比減ということになります。
その上、契約率も5ヶ月ぶりの低水準ということでかなり低調な結果と言えそうです。

平均価格が前年同月や前月に比べかなり低くなっているにも関わらずここまで低調な数字が出ていることに驚かれる方もいるかもしれませんが、今月数字だけを見て価格が低下傾向にあると考えるのは明らかに早計でしょう。

5月は都心部での高額物件(低層の億ションや平均価格が7,000万円を越えるようなタワマン)の第1期などが行われておらず、いわゆる谷間的な月だったので、平均価格は安くて当然なのです。
さらに言えば、都区部は平均価格が3.8ダウンなのに対して平均単価は0.9%のダウンに留まり、神奈川県にいたっては平均価格が0.7%ダウンであるのに対して平均単価は4.1%アップという特異な状況です。
つまり、平均単価の上昇傾向を専有面積を絞ることで誤魔化しているに過ぎないのです。

6~7月にかけてはパークホームズ豊洲ブランズタワーみなとみらいブリリアタワーズ目黒ブリリアザ・タワー東京など注目度の高い物件たちが続々分譲されますので、平均価格は確実に上昇するものと思われます。

今月の主な即日完売物件はパークホームズ四谷三丁目クレストシティ木場です。クレストシティ木場は30戸の先着順ではありますが、平均5,000万円超でこれだけの数を売るのですから大したものですね。

クレストプライムレジデンスはどのぐらい売れたのだろうか・・・。

【北は最悪、でも南は最高】シティハウス用賀砧公園10階71平米7,080万円【坪単価329万円】 | topページへ戻る | 【ディスポーザーないかぁ・・・】ウエリス銀座二丁目8階55平米8,880万円【坪単価533万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る