top  >  【新築】横浜/川崎  >  【内廊下×KazeCUBE】インプレスト生田6階85平米5,598万円【坪単価218万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【内廊下×KazeCUBE】インプレスト生田6階85平米5,598万円【坪単価218万円】
2015-06-27

インプレスト生田。

生田駅徒歩10分の6階建総戸数75戸のレジデンスです。
敷地東側はこの敷地よりもグラウンドレベルがかなり上であり、開放感のある立地条件とは言えませんが、桜の季節がちょっと楽しみになるマンションですね。

生田駅は近年マンション分譲は多くない上(駅南側だと2008年以来、駅北側を合わせて2011年のサンクタス生田サウスヒルズ以来???)、1995年以降に分譲されたマンションで唯一の内廊下設計となっていることからも分かるようにかなり他物件との「差別化意識」の高い物件です。

内廊下設計とすることで難点となる通風面を補うべく吹抜(KazeCUBE)を数多く設計しており、こういったエリアの物件に多い安易な田の字プランのオンパレードとしていない点も非常に好感が持てます。

敷地形状が南北に長く、かつ、南面条件が良い立地条件ではないので、「南向き」に変わる大きな長所を出したいがための施策であるとは思うのですが、都心部の億ションなどではないこのような立地、この価格帯の物件でここまで工夫を凝らすのは立派ですよね。

インプレストタワー芝浦では大規模な壁面緑化とヘリンボーンフローリング(有償オプション)、インプレスト南千住では全戸ロフト付、インプレスト早稲田では微気候プランニングと何気に双日の物件てどこもかなり工夫を凝らしていますよね。必ずしもそれが結果に結びつくことはなく試行錯誤しながらではあると思うのですが、ぜひ今後もそのような高い意識で物件をデベロップして欲しいですね!

公式ホームページ
IMG_4877[1]
お部屋は85平米の4LDK、南東角住戸です。前述の通り南面条件が良いとは言えないのですが、物件内では貴重な南向き住戸ですし、東には桜も望めるということで最も専有面積の広いプランが設計されています。最上階ならば日照はもちろん良好ですね。

間取り的には角住戸で二面採光ということでKazeCUBEはなく、一般的な範疇のプランですが、スパンに比して開口部幅が広く設けられている印象でやはり開口部(通風面)を重視しているのでしょうね。

85平米は4LDKとしてもそこそこの面積ではありますが、玄関廊下を一直線とし無駄な面積を極力排除しています。LDの入口ドアが洗面所の入口ドアよりも玄関寄りにあり、LD畳数を水増ししている感があるのが不誠実な印象ではありますが、それを加味してもLD畳数はそこそこ確保できていると思いますし、異常なほど充実した収納も見所の1つです。
浴室は1418ではなく1620が相応しかったと思いますけれども。

坪単価は218万円。専有面積があるのでグロスは5,000万円台半ばとなるので、このエリアでは出色な価格と言えそうですが、この物件は十分な差別化が図られているため、それが気に入る方にとってはそれ相応の価値のある物件となることでしょう。

【平均収納率10%超】インプレスト生田3階69平米4,208万円【坪単価203万円】 | topページへ戻る | 【用賀駅徒歩3分】オープンレジデンシア用賀3階64平米7,698万円【坪単価398万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る