【この間取りゆえの単価設定か】ザ・パークハウス根岸3階72平米5,248万円【坪単価240万円】

もう1件、ザ・パークハウス根岸。

施工は森本組です。近鉄不動産のローレルコートや東急不動産のブランズなどの実績も豊富ですが、ザ・パークハウス両国レジデンスザ・パークハウス中野富士見町などの地所物件も多く手がけているゼネコンです。

デザイン監修は南企画設計です。ザ・パークハウス上野レジデンスザ・パークハウス上野池之端レジデンスと同様でこのエリアの物件はここにお願いするスタンスのようです(まとめて発注して1物件あたりのコストを抑えているのかもしれません)。

外観デザインは地味っちゃ地味ですが、社寺仏閣などに使われる土壁や格子をタイルやルーバー手摺で表現したとのことで、物件規模のわりには工夫を凝らしたものになっている印象です。
エントランスもスケール感は今一つですが、天然素材がふんだんに使われた趣のあるデザインはなかなか素敵ですね。

前回のザ・パークハウス根岸

公式ホームページ
IMG_4872[1]
お部屋は72平米の3LDK、南西角住戸です。アネックス棟のプランで南側は柳通りではなく隣接建物があるので、視界的には良いとは言えませんが、南側建物は3階建なので日照は問題ないでしょう。

間取り的には隣接する南東部に階段があり、玄関位置が悪いのでちょっと難しいものとなってしまっている印象です。
T字型の敷地形状ゆえに全戸角住戸という稀な設計が出来ているのですが、いずれのプランもメインバルコニー側はナロースパンとなってしまっており、居室配置に難しさが生じています。

当プランも奥行(玄関からバルコニーまでの距離)がかなりあるので、廊下による面積消費が見るからに大きいです。

専有面積に占める居室畳数割合は68.6%((12.0畳+3.6畳+6.0畳+5.0畳+4.0畳)×1.62㎡【※】÷72.21㎡)と角部屋としても低めの水準です。収納もどちらかというと少ない部類ですし、浴室も1418ではなく1416です。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価は240万円。視界的には良くないとはいえ、山手線までこの距離で日照が得られる角住戸であることを考えると最近では珍しい単価と言えそうです。ただ、前述の通り有効面積は小さいのでその分割り引いて考える必要があります。

設備仕様面は総戸数38戸でもディスポーザーがついているのは地所物件ならではです。食洗機、フィオレストーンの水回り天板など単価的には上々の仕様と言えそうです。

0 Comments



Post a comment