top  >  【新築】横浜/川崎  >  【外廊下だけどライトコート隣接】ブルーハーバータワーみなとみらい6階73平米8,100万円台(予定)【坪単価約369万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【外廊下だけどライトコート隣接】ブルーハーバータワーみなとみらい6階73平米8,100万円台(予定)【坪単価約369万円】
2015-07-01

もう1件、ブルーハーバータワーみなとみらい。

設計は久米設計、施工は大成建設です。ブランズ同様に免震構造、各階防災倉庫なども完備し安心・安全面は申し分ないでしょう。

そして、当物件最大の注目点は言うまでも無くライトコート(吹抜)のあるフロアプランです。
当物件はいわゆる板状タワマンなので、内廊下設計になっていてもおかしくなかったのですが、板状(敷地が東西に比べ南北に長い)とはいえ、東西の長さもそれなりにあるわけで各戸に奥行が出てしまうのは不可避と言えます。

したがって、共用外廊下側に開口部を設けることの出来ない内廊下設計を採用せず、板状タワマンにしては珍しい外廊下設計となってしまっているわけですが(上層4フロアのプレミアムフロアは内廊下)、ただの外廊下で終わっていない所が非常に興味深いですね。

当物件は、眺望の良いオーシャンフロントの東向き住戸を西向き住戸に比べナロースパンとすることで東向き住戸を増やすというありがちなセコイ設計がなされています(眺望の良い部屋を増やすことで高値で売れる部屋を多くする。そのかわり眺望で劣るお部屋はワイドスパンとして間取り的な魅力を大きくする)。
しかしながら、ただセコイだけでは終わらせず、その東向き住戸への共用廊下の動線は西側からの「2戸に1つのブリッジ」を介し、かつ、大きなライトコート(吹抜)を隣接させることで東向き住戸のプライバシー面を高めている点は評価されるべきでしょう。

どうせだったらプレミアムフロアと同様に一般階でも内廊下でありながら吹抜に面したプランニングを実現して欲しかったとも言えますが、全フロアで「内廊下×吹抜」を実現したタワマンはこれまでも存在していないと思うので、そこまで望むのは酷かなと。

前回のブルーハーバータワーみなとみらい

公式ホームページ
IMG_4906[1]
お部屋は73平米の2LDK、東向き中住戸です。低層階ですが、文句ないオーシャンビューが望めることでしょう。

間取り的には前述のライトコートに面したお部屋となります。ブリッジを介しておらずライトコート(吹抜)に面することが出来ない一般的な外廊下物件だとベッドルーム1の窓の先は共用外廊下ですが、この物件の東向き住戸の洋室は全てこのようなライトコート(吹抜)に面したプランニングと出来ているのでプライバシー面で優れているのです。

ただ、プラン的にはかなり特殊なものとなっています。
前回の記事でもちらっと書きましたが昨今の基本プランとしては非常に珍しい70平米台の2LDKです。東向き住戸でも70平米台の3LDK中住戸は設計されており、住戸割次第ではこのお部屋も3LDKに出来たとは思うのですが、この専有部形状であることを前提にすると2LDKにせざるを得なかった印象です。

玄関位置は良好で廊下も短く無駄な面積が多いわけではないので、有効面積的に3LDKと出来ないわけではないのですが、東向き住戸は前述の通りナロースパンがマストであり、さらに洋室を増やすとその洋室が行灯部屋となってしまうことから思い切って2LDKとしてしまっているのだと想像出来ます。

洗面所がリビングインなのはいただけませんが、無駄の少ない2LDKだけあってLD14.5畳、マスターベッドルーム8.3畳など昨今の物件ではほとんど見ることのできないゆとりあるものとなっています。
ナロースパンではありますが、むしろごくごく一般的な田の字プランよりかはスパンが確保されていますし、LDの開口部がサッシ2枚分ではなく2枚半確保されていることも非常に意味のあることですね。2枚半と2枚では採光及び開放感はかなり異なります。

バルコニーの奥行が部分によってかなり短いのはちょっと残念ですね。これって外観デザインが理由なのかなぁ・・・。

坪単価は予定価格で約369万円。みなとみらいのタワマンのファミリータイプで7,000万円台で手が届くお部屋は非常に少なくなってしまいましたね。

設備仕様面は食洗機、ディスポーザー、フィオレストーンのキッチン天板、玄関から廊下床に至るまでの天然石仕様(近鉄不動産がローレルアイ恵比寿ピアースあたりでモリモトとJVしてから近鉄不動産の物件で頻繁に採用されるようになりました。さらに言えば、当物件のモデルルームデザインにはモリモト物件でお馴染みの鈴木ふじゑ氏が起用されています)など単価相応のグレード感のあるものに仕上がっています。
みなとみらいはガスがないのに東京ガスのミスティ(ミストサウナ)も付いていますね。意外でした。

管理費及び共用施設等については正式価格発表後の記事で書きます。
当物件はみなとみらいタワマンでは類を見ない190台もの自走式駐車場を備えています。それが管理費等にどのような影響を与えているかが最大の注目点となるでしょう。

【立地も販売も地味ですが】ヴェレーナ祐天寺72平米7,698万円【坪単価356万円】 | topページへ戻る | 【駅距離か、オーシャンフロントか】ブルーハーバータワーみなとみらい22階88平米11,400万円台(予定)【坪単価約426万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る