top  >  【新築】葛飾/江戸川/足立  >  【LD二面採光の4LDK】リリーゼ瑞江2階79平米4,380万円【坪単価183万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【LD二面採光の4LDK】リリーゼ瑞江2階79平米4,380万円【坪単価183万円】
2015-08-04

リリーゼ瑞江。

瑞江駅徒歩9分の6階建総戸数22戸のレジデンスです。

駅距離は近いとは言えませんが、ギリギリでも一桁なのは良いと思いますし、みずえ中央公園に近いポジションは子育てファミリーなどには悪くないでしょう。全戸南向きですが、敷地南側・西側にわりと高い建物があるので視界的な圧迫感があり、低層階の日照にも影響があるのが残念ですけどね。

瑞江駅を最寄りとするマンションに大規模物件は少なく、2000年代以降でも駅徒歩13分のクレストフォルム東京アクアグランディオ(総戸数332戸)以外でそこそこ規模があるものは総戸数76戸のイニシア瑞江、総戸数65戸のグランスイート瑞江ぐらいでしょうか。
「駅近×スケール×ブランド」を満たすような話題性のある物件の少ないエリアですね。

簡単に言うと中小デベの小規模物件の多いエリアであり、正直、あまり興味を持つ物件は少ないエリアと言えるのですが、このリリーゼシリーズは違いますね。

田中建設によるこのリリーゼシリーズは現状の首都圏マンション業界の中で最も個性あるマンションを生み出していると言っても過言ではないでしょう。
当ブログではリリーゼ光が丘リリーゼ五反田など複数物件を取り上げているのでご存じの方も多いかと思いますがここも凄いです。

公式ホームページ
IMG_5023[1]
お部屋は80平米弱の4LDK、南東角住戸です。低層階なので冬場は日照に影響がありそうですが、角住戸で東側は接道しているので南東方向からはの日照は入りやすいでしょう。

間取り的には80平米未満の4LDKということで玄関廊下を一直線にした無駄を排除したタイプで最近はよく見かけるタイプと思われがちですが、実はこのプラン結構珍しいと思います。

なぜなら、「4LDK」で「LDが2面採光」なのです。

角住戸なら当たり前じゃないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、角住戸とはいえLD以外の4室に窓を設置するためにはそれなりの場所に部屋を配置する必要が出てくるのです。1室が行灯部屋とするケースもなくはないでしょうが、全室に窓を設けるためにはこのプランで言う東側に洋室を3室並べる方が簡単というか普通なのです。

それで、なぜにこのプランはLDを二面採光に出来ているのかですが、それは洋室が小さいからです。洋室2・3・4が全て4.5畳しかありません。特に東側の洋室2と3が5~6畳ある一般的なケースにおいてはさらにその南側である南東角位置にLDKを並べる余裕がないのです。したがって、そのケースにおいては南東角位置にもう1部屋洋室を持ってくることになり、洋室の間に洗面浴室を設ける感じとなります。LDKは当然一面採光となる南西部(現状の洗面浴室と洋室4の位置)になります。

洋室3室が4.5畳、洗面所がリビングインなのは残念ですが、LDKが二面採光ってやっぱり良いと思うのでこういった工夫は評価したいですね。LDの東側開口部は小さいですが、キッチンにも窓が設置出来ていますしね。

洋室が狭いのは収納を充実させている面も多分に影響しています。2WAYのマルチウォークインクローゼットはかなり大きいですね。

坪単価は183万円。当物件は平均坪単価は200万円ほどとみられ平均坪単価180万円ほどの物件が多い瑞江駅周辺では高めの設定にはなりますが、近年の相場上昇率ほどは高くない印象です。いくら高くしても不思議と買い手が沸いてくる都心部とはわけが違いますからデベ的にも悩ましいでしょうね。

【コンセプトは「初めて目にするバスルーム」】リリーゼ瑞江6階82平米5,280万円【坪単価212万円】 | topページへ戻る | 【外観以外はディアナコート】ピアース学芸大学2階65平米6,590万円【坪単価335万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る