top  >  【新築】世田谷/杉並  >  【総戸数33戸で清水建設起用】パークホームズ世田谷梅丘凜邸2階71平米7,520万円【坪単価351万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【総戸数33戸で清水建設起用】パークホームズ世田谷梅丘凜邸2階71平米7,520万円【坪単価351万円】
2015-07-28

もう1件、パークホームズ世田谷梅丘凜邸。

設計はコモンリンクと安宅設計、そして施工は清水建設です。
同規模のパークホームズ世田谷赤堤も小規模ながら清水建設で話題となりましたが、あちらは2012年築であり、このゼネコン不足のご時世下においてのこの清水起用は驚きというか不思議でさえあります。

外観デザインは重厚感のある感じではありませんが、小規模物件としてはわりと高級感のある佇まいという印象です。
内廊下仕様ではありませんが、下部に庭園を設けたインナーコート(吹抜)設計が採用されており、なかなか風情のある空間となりそうです。

内廊下を採用せず、さらに、ディスポーザーがなくとも管理費は307円/㎡であり、三井物件らしい割高感がありはしますが、総戸数33戸の小規模物件ですからこのぐらいはまぁ許容範囲内ではあるのかなぁ・・・。内廊下だったら400円/㎡を越えてしまうでしょうし、そういう意味でもこのインナーコート設計がベストだったのでしょう。

ちなみに、駐車場は全9台で身障者用1台を除き機械式です。

前回のパークホームズ世田谷梅丘凜邸

公式ホームページ
IMG_5032[1]お部屋は70平米超の3LDK、東向き中住戸です。東側はほぼほぼ接道しており、当プランの正面方向は東に向かって道路が延びている部分もあるので、低層階でも視界的には悪くないでしょう。

また、これら東向き住戸は前述のインナーコートに面しているため、このプランで言う洋室1及び2は共用廊下ではなくインナーコート(吹抜)に向かって開口部があり、その手前にはサービススペースがあるのも良い条件となります。

間取り的には、東向き住戸は他方角に比べ奥行(玄関からバルコニーまでの距離)の浅い設計となっており、玄関廊下がコンパクトに収まっている点に好感が持てますね。
メインバルコニーに面しているのはLDだけで洋室3が行灯部屋なのは残念ではありますが、柱の影響も少ないですしなかなか上手く纏まったプランという印象です。

専有面積に占める居室畳数割合は73.3%((12.7畳+3.3畳+6.0畳+5.0畳+5.0畳)×1.62㎡【※】÷70.73㎡)と高い水準です。収納はやや少ない印象ですが無駄があるわけではなく、居室畳数重視のプランゆえということです。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価は351万円。2階ですし、南向きでないので単価的には大分優しくなります。周囲の建物による圧迫感などはないですし、上で書いたように有効面積の高いプランなのでこの単価ならば納得かな。
ちなみに、前回のプチバブル期に分譲された梅ヶ丘駅徒歩8分のパークホームズ世田谷梅丘は平均坪単価325万円でした。

【プレシス参宮橋に酷似】プレシス中野氷川町64平米6,260万円【坪単価322万円】 | topページへ戻る | 【コスト削減感のない竣工売り】パークホームズ世田谷梅丘凜邸3階77平米9,250万円【坪単価399万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る