top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【隈研吾×日建設計=緑×檜】パークコート赤坂檜町ザ・タワー

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【隈研吾×日建設計=緑×檜】パークコート赤坂檜町ザ・タワー
2015-08-14

パークコート赤坂檜町ザ・タワー。

乃木坂駅徒歩3分、六本木駅徒歩7分のミッドタウンのお隣に誕生する期待の大きい超高級タワーレジデンスです。
販売開始はまだまだ先ですが、お盆で紹介する物件が少なくなってきたので、ちょっくら取り上げてみましょう。

ヴァンガード跡地のパークマンションも近々正式リリースされるでしょうが、あちらは間取りがかなり際どいので(多くの住戸を檜町公園ビューとするため設計段階では北西面はかなりナローなウナギプランが中心となってました)、個人的にはこちらの方が気になっていましたが、その期待に大きく応えてくれそうなとにかく素晴らしい物件となりそうです。

とかくランドスケープとデザインが秀逸過ぎますね。
比較的専有面積の広いプランが多いということもあり、総戸数は322戸はタワーとしてはそこまで大きなものではありませんが、敷地面積は4,600㎡超と結構な大きさがあります。
そのような恵まれた立地及びポジションの物件に満を持して起用されたのが、日建設計(設計)と隈研吾氏(デザイン監修)です。

両者とも説明する必要のないほど有名で実績もあるわけですが、この物件に限っては過去の実績などどうでもいいぐらい当物件の出来が素晴らしいものとなりそうです。
隈研吾氏はかの有名なブリリアタワー池袋でも圧倒的なデザイン性を実現しましたが、ここのインパクトは間違い無くそれ以上でしょう。

注目すべきは「緑」と「檜」であり、其処此処にこの2つが盛り込まれています。特に「壁面緑化」がなされたトップのクラウン、低層から高層までバランスよく配置された「檜」をイメージした木調のフィン、いずれも斬新な過去類を見ないデザインでありつつも「奇をてらった感が出ていない」のが凄いですよね。

この立地に誕生する物件として全く違和感が無いどころか溶け込むかのような素晴らしすぎるものとなっています。六本木トーキョークラブレジデンスなんかは「ザ・六本木」という感じのバブリーな感じのデザインでしたが、こちらは対照的とも言える落ちついたデザインで品がありますよね。「フィン」があるだけに・・・(笑)。

公式ホームページ
IMG_5033[1]
簡単に間取りもコメントします。
1つ目のお部屋は78平米の3LDK、北東向き中住戸です。
説明の必要がないぐらいきれいなワイドスパンですね。柱が完全にアウトフレーム化されていますし、柱と柱の間ギリギリまで開口部を設けているため、開口部幅のある開放的なプランと言えます。
北東は檜町公園方向が望めませんが、高層階からは赤坂御用地が望めるのでしょう。

IMG_5034[1]
もう1件は85平米の3LDK、北角住戸です。パークコート虎ノ門愛宕タワーパークシティ武蔵小杉を彷彿させる緩やかなカーブが美しいプランで、バルコニーにもゆとりを感じます。順梁工法でガラス手摺が採用されていますし、外観を見る限りサッシ高も超一流となる可能性が高いので非常に楽しみですね。

また、タワマンの角住戸としては非常に素晴らしい位置に玄関があり、廊下に無駄を感じることもありません(しっかりとプライバシー面に配慮しているので廊下による面積消費は結構ありますが、超高額物件ですからこのような配慮があってしかるべきです)。内廊下が深い所まできており、玄関から窓際までの距離が短いので廊下が長くならないのです。玄関は框がないフラット設計のようですし、さぞ素敵な玄関になるでしょうね。

せっかくなんで一応、坪単価も予想しましょうか・・・。
パークコート赤坂桜坂が坪単価700越えとなるご時世ですから、感覚的に言って平均で900ぐらいは行くでしょう。もしかすると1,000もあり得るかな???
地権者住戸と事業協力者販売住戸を除いた一般分譲戸数は163戸に過ぎないので少々高くともこのパフォーマンスなら苦もなく売れてしまいそうです。

ミッドタウンレジデンシィズやリッツカールトンのレジデンスは坪賃料で3万円がおおよその相場ですので、ここも同程度の賃料を仮定し(前2棟よりは立地的にやや弱めになるような気もしますがこちらの方が新しくなるわけなので)、かつ、現状の都心一等地物件でありがちな新築表面利回り4%を想定すると、約99平米(30坪)が27,000万円とはじき出されます。また、最近は4%をきる物件も少なくないので弱めに3.5%を仮定すると約30,857万円になります。
すなわち、低めの27,000万円だったとしても坪単価902万円となりますんで、やはり900万円という水準が1つの目安になると思われます。
この水準を目安として上と下にどれだけ振れるかが注目でしょうか。

高層階プレミアム住戸は坪単価1,000万円を軽く越えるでしょうから、平均を押し上げるとは思いますが、周囲には十分な空地も設けられており低層階の条件も良好なのでそういう意味でも全体平均は下がりづらいでしょうね・・・。

【南傾斜×全戸三面開口】バースシティ梶ヶ谷姿見台6階71平米6,390万円【坪単価300万円】 | topページへ戻る | 【再開発エリア隣接】コンシェリア虎ノ門55平米7,700万円【坪単価465万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る