top  >  【新築】横浜/川崎  >  【窮屈なランドプラン】プラウドシティ宮崎台3階79平米6,427万円【坪単価271万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【窮屈なランドプラン】プラウドシティ宮崎台3階79平米6,427万円【坪単価271万円】
2015-08-01

もう1件、プラウドシティ宮崎台。

施工は三井住友建設です。プラウド宮崎台フロントも奥村組ということで十分なネームバリューがありますが、こちらはビッグプロジェクトということでさらにネームバリューのある三井住友建設が起用されています。プラウドシティ加賀学園通りと同じですね。

加賀の記事でSuKKiT3が採用されていない点を指摘しましたがこちらも採用されていないようです。外観デザインは一見逆梁グリッド部分があるようにも見えますが、デザイン的なもののようです。

プラウドの大規模ですし、設計に日建ハウジングシステムを起用しているためエントランス周りのラグジュアリー感は十分です。また、パーティーサロンやゲストサロン、さらに、カフェサロンにキッズサロンと共用部もなかなか充実しています。

ただ、当物件はランドプランがいかにも苦しいです。ぱっと見ゆとりがないのが明らかなのですが、それは数字にも表れていますね。ウエストコートは敷地面積9,000㎡弱に対して建築面積4,600㎡超、イーストコートに至っては敷地面積7,500超に対し建築面積4,300㎡超もあるのです。つまり空地率は5割を優に下回っており大規模プロジェクトとしてはかなりゆとりのない設計なのです。
駐車場が桜上水ガーデンズプラウドシティ阿佐ヶ谷のように地下に出来ていないのが痛いですね。

また、イーストコートの敷地北東部には敷地面積外に提供公園が施されはしますが、棟間隔の近い配棟には窮屈感がありますね。大規模プロジェクトとしては南向き住戸率が低い点も気になります。イーストコートの敷地北東部には武蔵野線貨物線が地下を通っておりその部分に住棟を立てることが出来ないことが少なからず影響しているのでしょう。

前回のプラウドシティ宮崎台

公式ホームページ
IMG_5040[1]
お部屋はウエストコートH棟の80平米弱の3LDK、南向き中住戸です。H棟は基本的に敷地内向きであり、ウエストコートの敷地中央部には駐車場があります。低層階でも日照は悪くなさそうです。

間取り的にはオーソドックスな田の字プランです。田の字プランの中でもややナロースパンであり間取りをあまり重視しない「プラウドらしさ」を感じてしまいますが、連窓サッシが採用されているのでスパン以上の開放感はあるでしょう。このプラン以上のスパンがあってもLDにサッシ2枚分の開口部しかない物件も少なくないですからね。

柱はほぼほぼアウトフレーム化されており、無駄は少なく、中住戸ながら玄関前にアルコーブ的な凹みが設計されている点も評価出来ます。
ただ、洗面所がリビングインなのは残念ですね。80平米近いゆとりある専有面積のある中住戸ですし、廊下をもう少し長くして洗面所を廊下からの動線にしても良かったのではないでしょうか。

2WAYのファミリークロークはDENのような広さがありますし、LD内には大きめの納戸もある収納力に優れたプランです。

坪単価は271万円。中住戸の低層階ですし、敷地内向きということで先ほどのお部屋に比べ単価は大分抑えられています。それでもこの単価という印象は否めませんが、大規模物件ということで単価のレンジはそれなりに設けられているようです。
イーストコートはウエストコートよりも竣工が遅いため、販売時期をズラしていますし、このウエストコートの売れ行きを見ながら条件の悪いお部屋(お見合い感の強い住戸や東向き・西向き住戸)の単価を調整していくことになるのでしょう。

管理費は186円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザー付なのでわりとリーズナブルな水準と言ってよいでしょう。スケールメリットがそれなりに効いているのではないでしょうか。

駐車場は127台、駐輪場は347台です。
共通概要となってましたが、まさか駐輪場が1戸に1台以下ってことはないと思うのでウエストコートだけの台数なのでしょう。

【長谷工設計施工とは思えない柱と居室形状】イニシア板橋浮間公園9階75平米4,748万円【坪単価210万円】 | topページへ戻る | 【プラウドの試金石】プラウドシティ宮崎台4階89平米9,288万円【坪単価344万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る