top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【タワー直後の分譲ゆえに】ブリリアザ・レジデンス東京八重洲アベニュー11階55平米6,220万円【坪単価377万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【タワー直後の分譲ゆえに】ブリリアザ・レジデンス東京八重洲アベニュー11階55平米6,220万円【坪単価377万円】
2015-08-28

ブリリアザ・レジデンス東京八重洲アベニュー。

ブリリアザ・タワー東京八重洲アベニューのとなりに誕生する11階建総戸数30戸(事業協力者住戸3戸含む)のレジデンスです。

スケールは30階建総戸数387戸のタワーと比べるまでもなくコバンザメ感が拭えませんが、タワーよりも東京駅側にあるため東京駅が徒歩15分(タワーは徒歩16分)というのは1つのポイントになるでしょうか。
八丁堀駅(京葉線)が徒歩1分だったタワーとは異なり八丁堀駅は徒歩3分(京葉線。日比谷線は同じく4分)ですけれども。

名前はかぶっていてもあくまで別物件ですのでタワーの豪華な共用施設は利用できませんが、デザインはやはりアーキサイトメビウスが担当していますし、ディスポーザーを除き専有部仕様もタワー同様のクオリティとなっています。

専有部仕様の最大のポイントは天然石が用いられた浴槽でしょうね。
このぐらいの価格帯の物件で日ポリ製の天然石タイプが用いられるケースは非常に少ないです。
タワーの方も高いとはいえ坪単価400万円前後のお部屋が多いので、平均坪単価600万円とも言われるブリリアタワーズ目黒と同時期販売でなければもしかするとそちらでさえも普通の浴槽になっていたかもしれず、この物件にとっては二重のラッキーが重なった結果、このグレード感のある浴槽になっているとも言えますよね。
色が三色から選べるのも素敵です。

公式ホームページ
IMG_5169[1]
お部屋は55平米の2LDK、東角住戸です。南東側にはタワーが聳えますが、道路を挟んでいますし、公開空地などもあるので、そこまでの圧迫感はないのではないでしょうか。

間取り的にはやや小さめな2LDKプランです。55平米に満たないこのプランが当物件で最も大きなプランとなるわけですが、他の2プランも約54平米ということで要は全戸53~55平米のレンジに収まるという非常に珍しいプランニングがなされています。
このエリアは忙しいディンクス需要が最もあるという判断なのでしょうか???

売りやすさを考えると下層階なんかには30~40平米台の1LDKプランを中心にして1フロア4戸とする方が良かったのではないかと思いますがどうなんでしょうね。
27戸とはいえこんだけおんなじプランを売るのは結構大変だと思うんですよね。

小規模物件においては柱をうまく逃がせていないケースも少なくないですが、当物件は柱の影響は少ない方で当プランもまずまずではあります。

ただ、玄関ドアを開けた目の前がエレベーターホールというのはちょっと残念ですね。1フロア3戸なのでそうそう同階住人と会うことは多くなさそうですが。

50平米台前半の2LDKのため、無駄な面積を排除する努力がなされており、玄関廊下は非常にコンパクトではありますが、LD内に実質的な廊下部分が結構大きく混入しており、やや手狭感があります。下がり天井高はやはりタワーよりも低く2m前後の部分が多いです。昨今はこのぐらいの価格帯の物件、いや坪単価400万円近いような物件でも2m前後というのが珍しくない状況で泣けてきますね。

坪単価は377万円。上層階なのでそれなりのものとなっています。こちらは東京駅徒歩15分圏内となりますし、角住戸でもあるためかタワーの同階よりもむしろやや高い水準です。前述のようにタワー直後の分譲となるがゆえのメリットが多い当物件ではありますが、おそらくレジデンス単体(タワーは存在しなかったと仮定)での分譲の方が人気が高く、かつ、特に低層階はもっと良い値で売れたのではないでしょうか。小規模であったとしても東京駅徒歩圏でブランド感のある物件て少ないので。
隣に存在感のあるタワーがあるとどうしてもね・・・。

【管理費は高すぎですが】ブリリアザ・レジデンス東京八重洲アベニュー2階54平米5,290万円【坪単価325万円】 | topページへ戻る | 【サンウッドと管理費違い過ぎ】ウエリス茅場町59平米6,498万円【坪単価365万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る