top  >  【賃貸版】  >  【天然温泉の露天風呂があります】ロイヤルパークスタワー南千住23階113平米320,000円【坪賃料9,348円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【天然温泉の露天風呂があります】ロイヤルパークスタワー南千住23階113平米320,000円【坪賃料9,348円】
2015-08-23

もう1件、ロイヤルパークスタワー南千住で行ってみます。

当物件は総戸数555戸の大規模タワマンということで間取りオタクの私としては間取りのバラエティが豊富な点に惹かれるのですが、当物件を語るにあたってそれ以上に忘れてはいけないのが共用部に天然温泉があるという点でしょう。

コンシェリア西新宿タワーズウエストアップルタワー東京(各戸のお風呂で温泉に入れる)など温泉に入れるタワマンはそれなりにありはしますが、当物件の凄いところは露天風呂があることでしょうね。
アジアンリゾートのようなデザインの露天風呂は家にいながらリゾート気分を堪能できますし、さらにサウナまであります。

スカイラウンジ、フィットネス、ゲストルーム、コンシェルジュサービスなど大規模タワマンにありがちな共用施設はもちろんのこと、ワインセラーや花粉除去ブース(外出時についた花粉などを吸い取ることのできるスペース)、273台もの自走式駐車場など、都心部のタワマンではなかなか実現できない様々なホスピタリティーの高い施設があるのも嬉しいですね。

施工は大和ハウス工業です。分譲のプレミストシリーズは自社施工とするケースが少ないですし、大和ハウス施工のタワマンは数少ないですね。
設計は日建ハウジングシステムです。当物件は温泉だけでなく、エントランス周辺の噴水やオブジェなどもアジアンリゾートらしい造りとなっています。いわゆる日建ハウジングシステムらしいデザインではありませんが、なかなか特徴的で面白いデザインですね。

前回のロイヤルパークスタワー南千住

外観
IMG_5131[1]
お部屋は113平米の4LDK、北西角住戸です。日照は西日が中心となりますが、中層階の角住戸ということで開放感のあるビューが楽しめるプランです。北側には隅田川も望めるでしょうか。

間取り的にかなり特徴のあるプランなので取り上げました。当マンションは30平米台からありますし、100平米超のプランは基本的に最上階39階のペントハウスフロアになりますが、このプランは例外です。

方角的に賃料単価を抑えることが出来るゆえにあえてグロスの嵩みがちな100平米超のプランを設定した感じでしょうか。

タワマンの角住戸としては玄関位置が良いため、共用廊下が北側バルコニーまで貫通しているので、玄関を北側の深い位置に設計し、住戸内廊下が無駄のない効率的なものに出来ています。

この玄関位置であればLDは二面採光(つまり、角位置)にして欲しかった感はありますが、和室はLDの一部として利用することを想定しているのでしょう。LD+和室の二面採光の大空間は110平米超の住戸ならではの広がりを感じることが出来そうです。

また、LDの入口ドアが両開きとなっており100平米超らしいグレード感がある設えとなっているのは良いですし、2WAYのキッチンも便利そうですね。
収納も非常に豊富ですし、浴室も当然1620となっています。

坪賃料は9,348円。専有面積が非常に広いのでグロスは30万円を越えてしまいますが、贅沢な共用部がありながらのこの単価水準は非常にリーズナブルと言って良いでしょう。
この113平米を2住戸分と仮定すると、56平米の2LDK2つ分にあたり、そのような2LDKだったら16万円以上で貸せるのは言うまでもありません。デベロッパー的には必ずしも成功しているとは言い難いですが、このようなバリエーションに富んだプランがあるのは大規模タワマンならではで、そういった多彩なプランを提案している点が評価されるべきですし、評価してあげたいですね。

設備仕様面は食洗機がなく、水回りの天然石天板仕様がないあたりに賃貸らしさを感じてしまいますが、ディスポーザーはついていますし、カップボードやトイレ手洗いカウンターがついているので賃料単価を考えると上々と言えます。

【最上階は海抜約180m、でも、座ると海は・・・】ザ・クレストタワー熱海124平米14,500万円【坪単価385万円】 | topページへ戻る | 【利便性抜群の東口タワマン】ロイヤルパークスタワー南千住13階69平米223,000円【坪賃料10,670円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る