top  >  不動産市況  >  2015年7月の首都圏マンション販売戸数

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

2015年7月の首都圏マンション販売戸数
2015-08-18

不動産経済研究所の発表によると7月の首都圏のマンション販売は、
販売戸数4,785戸(前年同月比13.3%増)
1戸あたり価格5,953万円(前年同月比7.6%増)
契約率83.7%(前年同月比5.0ポイントアップ)
とのことです。

前月の記事でコメントしたように予想に違わず凄い数字となりました。
主な7月の販売予定のマンションとして、ブリリアタワーズ目黒ブリリアザ・タワー東京の一般住戸、パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデンブルーハーバータワーみなとみらいなどを挙げましたが、中でもやはりブリリアタワーズ目黒のインパクトがすんごいですね・・・。

第1期1次・2次で即日完売603戸、平均価格はなんと11,474万円です。億を軽く越える平均価格で平均3.4倍、最高43倍とは恐れ入りますね。
ただ、最高の43倍に対して平均はさして高くなくここからも人気住戸と不人気住戸に分かれていたことが明らかで、特にノースタワーの中層階の1LDK及び2LDKは軒並み10倍を超える凄まじい倍率でしたね。最高倍率は同一プランで1戸しか分譲がなかった53.32㎡のノースタワーの南東向き2LDKかな。
8月の販売戸数は4,785戸でブリリアタワーズ目黒だけでその12~13%にあたる戸数を販売しているのですから、契約率が8割を越えるのも、平均価格が6,000万円を越えるのも当たり前ですよね。
むしろ平均価格についてはこんだけ話題性のある高額物件が分譲されたのに逆に6,000万円未満に留まったことに驚かされます。

上に挙げた大規模タワマン以外にもプレミスト九段が全47戸を即日完売させ平均価格13,283万円ですからね・・・。思いの外、平均価格って上がらんもんですね。
ただ、ブリリアとプレミスト九段の影響で東京都区部の平均価格は前年同月比27.9%アップの7,984万円、パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデンとブルーハーバータワーみなとみらい(横浜市民優先分譲)の影響で神奈川県の平均価格は前年同月比28.1%アップの5,887万円とすんごい上昇率を達成しています。
ちなみに、プレミスト九段は平均2.6倍、最高8倍とこれまたすんごい倍率で驚きですね・・・。

というわけで今月の数字は特定の物件の影響が強すぎるので数字は全く参考にならないわけですが、類い希なる立地的な希少性があれば高くとも売れる!そういうことでしょうか(汗)

【このスパンなのにこの開口部】パークアクシス駒込ヒルトップ5階55平米219,000円【坪賃料13,103円】 | topページへ戻る | 【長谷工施工の22戸のラ・トゥール】ラ・トゥール千代田富士見4階114平米621,000円【坪賃料18,081円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る