top  >  【新築】東京都下  >  【ここも日建ハウジングシステム】ライオンズ立川錦町レジデンス3階65平米4,310万円【坪単価220万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【ここも日建ハウジングシステム】ライオンズ立川錦町レジデンス3階65平米4,310万円【坪単価220万円】
2015-09-13

もう1件、ライオンズ立川錦町レジデンス。

施工は大末建設です。ライオンズ新小岩グランフォートも担当していました。近年は大手・中小問わず様々なデベの物件で起用されているのを見かけるようになりましたね。特に、ブリリアシリーズや伊藤忠の高額免震タワマンであるクレヴィアタワー池田山などの実績が際立ちます。

設計は日建ハウジングシステムです。グッドデザイン賞を受賞したライオンズ立川グランフォートと同様ですね。日建ハウジングシステムについては当ブログでは何度も言及しているので今更言うほどのことではないのですが、やっぱり素敵なデザインを生み出してくれますね。
日建ハウジングシステムはどこのデベと組んでも大方素敵な物件となりますが、ライオンズ一条レジデンス湘南C-Xなどを見てもライオンズデザインと融合したケースは特に良いものとなっている印象が強いです。

外観もさることながら、敷地面積2,700㎡というスケール感のある敷地を活かしたプライベートガーデン、開放感のあるエントランスホールも見所十分です。

前回のライオンズ立川錦町レジデンス

公式ホームページ
IMG_5249[1]
お部屋はやはりプライベートレジデンスの65平米の3LDK、東向き中住戸です。敷地東側は接道しておらず、そこそこの高さのある前建があるので3階では少々圧迫感があるかもしれません。

間取り的には全戸3LDKの当物件の中ではかなり専有面積を絞ったプランとなります。最小は61平米台でそれよりは広いですが、はやりの狭小3LDKと言うことになるでしょう。

田の字ベースのプランの中でもややナロースパンなタイプなので奥行(玄関からバルコニーまでの距離)が長めで廊下による面積消費が結構あるので、65平米の3LDKだと居室畳数はかなり小さくなってしまいそうなのですが、数字上は意外なほど広さがあります。
11.5畳のLD、6畳のマスターベッドルームなど、70平米超の3LDKと大差ありません。

LD内には実質的な廊下部分が大きく混入していますし、キッチンも3畳未満、バスルームも1418ではなく1317、収納も少なめと、よくよく見るとやはり手狭な印象ですが、柱はほぼ完全にアウトフレーム化されていますし、それなりの有効面積ではあるのでしょう。

LDのサッシはセンターオープンサッシが採用されていますし、2.2mのハイサッシとなっている点も良いですね。

坪単価は220万円。結構専有面積を絞っている物件なので嫌な予感がしましたが、前建の影響を考えるとやはりやや強めの印象ですね。先ほどの非常に条件の良いルーバルプランと比べて1割変わらない単価です。グロスの差で売るスタンスなのでしょう。当物件は総戸数77戸とそれなりのスケールがあるので、条件が良いとは言えない下層階はもう少し単価にインパクトが欲しかった印象を受けます。

設備仕様面は総戸数77戸とそこそこのスケールがあることを考えればディスポーザーがないのは残念ですが、天然石のキッチン天板、食洗機、ダウンライトの浴室照明など、この単価水準の物件としては美しさやグレード感に拘わりが見えるライオンズならではのものとなっています。インパクトには欠けるのかもしれませんが、2.3mの天井高を確保したハイパッセージ廊下は地味に凄いです。
このブログでは頻繁に言及していますが、玄関は「顔」です。ホール(玄関廊下)の広がりがあると印象がかなり変わってきます。廊下が無駄に長いのはもちろんNGですが。

管理費は204円/㎡。それなりのスケールがあり、外廊下、かつ、ディスポーザーなしであることを考えるともう少し安くともおかしくなかった印象ですが、まぁ標準的な水準ではあるのでしょう。

駐車場は、全31台で約3分の1にあたるうち9台(身障者用1台含む)が平置なのが良いですね。

【なぜにこんなにコンパクトタイプが???】パレステージ青井ナチュラコート2階66平米4,080万円【坪単価203万円】 | topページへ戻る | 【エコを極めた?】ライオンズ立川錦町レジデンス5階79平米5,680万円【坪単価239万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る