top  >  【新築】その他神奈川  >  【2,000万円台でこのパフォーマンスは立派】オハナ淵野辺ガーデニア3階68平米2,748万円【坪単価133万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【2,000万円台でこのパフォーマンスは立派】オハナ淵野辺ガーデニア3階68平米2,748万円【坪単価133万円】
2015-09-19

もう1件、オハナ淵野辺ガーデニア。

施工は前回の記事でも書いた通り長谷工ですし、直床です。
しかしながら、外観は前田建設工業施工のプラウドシティ淵野辺を凌ぐレベルですし、何よりも豊かな緑が素敵な物件です。プラウドシティ淵野辺は鹿沼公園に隣接したポジションだったのでここほど敷地内の緑を重視する必要はなかったでしょうし、比べるのはかわいそうではあるのですが、オハナ玉川上水ガーデニアやオハナ北戸田ガーデニアなどと同様にオハナの中でも「ガーデニア」と付された物件だけあってここの1万本超の植栽はオハナ随一と言えるほどの迫力があります。

豊富な緑に出迎えられるエントランス及び車寄せの空間だけ見たらとても平均坪単価140~150万円の世界とは思えません。

また、総戸数516戸というオハナの中でも最大級のスケールがあるだけあって共用施設も充実しています。複数のラウンジにキッズコーナー、パーティールーム、スタディルーム、ゲストルームなどがそろっていますね。

これだけの豊かな植栽と共用施設があっても管理費は123円/㎡とリーズナブルなのは十分なスケールメリットがあるからに他なりません。そのせいか駐車場(7,500~13,000円)はこのエリアとしては高めの設定という印象ですが、ファーストステージ分、全227台中178台が平置なのは良いでしょう。
ちなみにシーズンレジデンスの分も合わせると全404台となります。

修繕積立金は177円/㎡とオハナ八王子オークコートの145円/㎡などと比べ少々高いのは残念ですが、オハナの場合、基本的にこの単価から上げなくとも大規模修繕を賄える設定となっているのでその点は安心ですよね。

前回のオハナ淵野辺ガーデニア

公式ホームページ
IMG_5302[1]
お部屋はカームレジデンスの70平米弱の3LDK、南西角住戸です。南側は同じ階建のブリージアテラス淵野辺があり、南西側はエアリーレジデンスに日照を遮られますが、その間からは日照が得られるでしょう。

中住戸ではなくもう1件角住戸をご紹介することにしたのは理由があります。このお部屋は角住戸とはいえ、西側を共用廊下が貫いているというあまり見ることのできないプランだからです。

つまり、当物件は各フロアにおいてエアリーレジデンスからカームレジデンスまで共用廊下が繋がっているということなのです。エレベーターが全体で1基しかないような規模の物件においては、敷地形状などの影響でやむを得ず2棟構成にするような場合、このように各フロアを共用廊下で繋ぐのがマストとなりますが、この物件のような大規模物件で各フロアの共用廊下が繋がっているのは珍しいですね。つなぎ部分は結構長いので、それなりに施工コストがかかるのではないかと思います。

カームレジデンスにもエレベーターがあるので、必ずしも繋ぐ必要はなかったと思われますが、カームレジデンスだけでも100戸以上のお部屋があり、1基に限定してしまうのは支障が出ると考えたということでしょう。カームレジデンスの居住者にエアリーレジデンスの2基のエレベーターも使わせることで1基あたりの利用者を分散させる意図があると思われます。
エアリーレジデンスは10階建ですので、カームレジデンスの11~14階フロアの方はカームの1基を使わざるをえないので、ちょっと不便なこともあるかもしれませんね。

間取り的には西側を共用廊下が貫いていること以外は一般的な田の字ベースのプランということで大きな特徴はありません。
60平米台の3LDKということで野村さんにしては結構珍しい狭小プランニングですね。総戸数516戸というかなりのビッグプロジェクトということである程度専有面積にバラツキを持たせたということなのでしょう。賢明な判断と言えるでしょう。実際、単価も安くグロスもかなり抑えたカームレジデンスは上々の人気ですし。

柱の食い込みはいわゆる長谷工らしさを感じるもので、プラウドシティ淵野辺なんかと比べても一枚落ちますね。

坪単価は133万円。前建の影響で日照面は難がありますが、それでもあの豪華なエントランスのマンションが2,000万円台とくれば確実に需要は生み出せるはずです。
建築コスト高騰の中、2,000万円台でこのクオリティのマンションを提供するオハナって偉大だと思ってしまいました・・・。将来的な買替なども視野に入れた一次取得者にとっては非常に魅力的な物件ではないでしょうか。

設備仕様面はこの価格帯の物件ですので当然ですが水回りの天然石天板仕様などの高級感はなく、食洗機もオプションです。しかしながら、大規模物件ならではのスケールメリットを活かしディスポーザーが導入されているのは嬉しいですね。

【大和の大規模再開発】プレミスト高尾サクラシティ9階79平米4,270万円【坪単価180万円】 | topページへ戻る | 【プラウドシティとオハナが共存】オハナ淵野辺ガーデニア8階85平米4,338万円【坪単価168万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る