【フレグラインデザイン】目黒本町レジデンス1階67平米6,290万円【坪単価311万円】

もう1件、目黒本町レジデンス。

施工は不二建設です。ゼネコンのネームバリューは可もなく不可もなくですが、注目はデザイン監修のフレグラインですね。

モリモトのピアース初台センティアでベタ褒めしましたが、ここもやっぱり素敵ですね。ピアース初台センティアなどのモリモト系ほど特徴のあるデザインとはなっていませんが、様々な素材や色を組み合わせながらも全体としてきちんと纏まり、かつ、高級感のある佇まいとなっている点に凄みを感じます。
ちなみに、代表の福田氏は黒川紀章建築都市設計事務所出身ですね。

ピアース初台センティアでフレグラインの分譲マンションをもっと見たいと書きましたが、この物件を見てさらに見たくなりました。三菱地所さんは今後はフレグライン推しでも面白いのでは???
日建ハウジングシステムとアーキサイドメビウスは様々なデベが見境なく使いすぎている感があるので・・・。

前回の目黒本町レジデンス

公式ホームページ
IMG_5316[1]
お部屋は67平米の2LDK+S、南向き中住戸です。フロア中程に位置するお部屋で当然ジオ目黒本町の影響は不可避です。テラスや専用庭はないものの窓先空地を確保しているため、ジオの敷地とはそれなりに距離が確保されてはいますが、それでもジオの建物までは15mまでは確保出来ていないと思うので、圧迫感はあるでしょうね。

間取り的には角住戸で72平米しかない時点で覚悟していたことですが、60平米台中盤という完全な狭小ファミリータイプという設計です。

この広さでも間取りが良ければそれなりの使い勝手がありますが、やはり奥行(玄関からバルコニーまでの距離)のあるナロースパン設計で廊下が長めなのが苦しいですね。

サービスルームと洋室1をつなぐウォークスルークローゼットなど面白味はありますが、感覚的には8畳程度しかなさそうなLDはやはり厳しいですね。このLDに4畳近い大きなL字型キッチンを組み合わせている点も驚きです。
まぁ、サービスルーム、もしくは、洋室2をLDと一体利用することを考えれば大分印象は変わるとは思いますけれども。

最後に当プランの珍しい点を挙げておきます。
洋室1の開口部が共用廊下側に凸となっており、L字サッシとなっています。当然、共用廊下に面しており人通りがあるので、このようにする必要性をあまり感じないのですが、採光はよくはなるでしょうね。小さい窓にすると建築基準法上の居室要件を満たさず、サービスルームが2つになってしまうからなのかな???

坪単価は311万円。やはり間取り面の難しさを考えると値頃感はないですね。浴室が1418ではなく1416であるあたりからも間取り面の苦しさを感じてしまいます。

設備仕様面は三菱地所単独であればこの総戸数でもディスポーザーがついたでしょうが、トヨタホームとのJVということもありついていません。ただ、クオーツストーンのキッチン天板は坪単価を意識した仕様で、食洗機はついています。
前回の記事で書いたクレアミドのようにトヨタホームならではの特色があるのは良いですが、この単価水準の物件でトイレ手洗いカウンターがないのはいかがなものかと思います。

管理費は208円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、スケールメリットに欠けることを考えると妥当な水準と言う感じでしょうか。
駐車場は全13台で身障者用を含む4台が平置です。

0 Comments



Post a comment