【駅徒歩1分、磯子駅までも徒歩13分】プライム横浜屏風浦7階77平米5,508万円【坪単価237万円】

プライム横浜屏風浦。

屏風浦駅徒歩1分、磯子駅徒歩13分の7階建総戸数75戸のレジデンスです。

屏風浦駅は京急本線の中でもマイナー感があり、あまりマンション名に入ってくることは多くないのでご存じない方も多いかもしれません。
磯子駅徒歩13分という立地条件からもなんとなく分かるかと思いますが、屏風浦駅徒歩圏内のマンションは磯子駅もそこそこ近いポジションにあるので、このあたりのマンション名には「横浜磯子」と付くケース、また、磯子区の中でも汐見台エリアに行くと「横浜汐見台」とかになってしまうので、「屏風浦」ってかなり珍しいんですよね。

そんな中、ここはなんと言っても駅徒歩1分なので自信を持って「屏風浦」と名付けられたマンションなのです。

ちなみに、デベロッパーはプライムシリーズの京急不動産(及び京急電鉄)ですが、三菱地所レジデンスとのJVとなっていますし、設計・施工にはこの規模の物件としては意外とも言える三井住友建設が起用されており、駅徒歩1分物件だけあって結構気合いが入っている印象を受けます。

公式ホームページ
IMG_5333[1]
お部屋は77平米の3LDK、南の角住戸です。当物件はV字の2棟建であり、東~南東にかけて東棟に視界を妨げられてしまうので、東側の開口部は限定的ですが、南西側の日照及び眺望は良好です。南西側はもろに駅となるので静かな環境とはお世辞にも言えませんが、将来的に日照や眺望が妨げられる心配は少ないでしょう。

間取り的には東棟との兼ね合いもあり、ちょっと変わった形状のプランとなっています。
ただ、基本的には田の字プランの延長上にあり、角部屋ながら玄関廊下は一直線となっています。

最大の特徴はキッチンが南端に位置していることでしょうか。こういったプランでは廊下をあまり長くする余裕がないこともあり、玄関位置との関係上、玄関からもっとも遠いこの位置には洋室を配置することも多いわけですが(その場合には洋室2の位置がキッチン)、このプランは洋室ではなくキッチンを配置しています。
東棟の影響があり、南東側に開口部を設けづらいため、洋室とせずにキッチンとしているのでしょうか。キッチンであれば南東壁は食器棚置場であり窓を配置する必要がないですからね。

77平米の3LDKとしては、12畳に満たないLDはやや手狭感があるのですが、洋室2の引き戸を開け放てばLDと一体利用も可能ですし、4畳のキッチンや8畳の主寝室、5.8畳の洋室など、LD以外の部分にゆとりを感じることの出来るプランニングとなっています。

収納はやや少なめな印象もありますが、ウォークインタイプのクローゼットがないので、間取り図の見た目よりも収納力があるのではないでしょうか。ウォークインタイプはどうしてもデッドスペースが生じやすいので。

坪単価は237万円。最上階の条件の良いタイプということでエリア的には上限に近い水準となっています。屏風浦駅とは言え、駅徒歩1分の特等席ですから、このご時世このぐらいは当然でしょうね。磯子駅までもフラットアプローチで徒歩13分というのが地味にいいですし。

0 Comments



Post a comment