top  >  【新築】千葉県  >  【柏の葉でも最大90平米ちょっと】パークシティ柏の葉キャンパスザ・ゲートタワー30階92平米6,778万円【坪単価244万円】

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)

【柏の葉でも最大90平米ちょっと】パークシティ柏の葉キャンパスザ・ゲートタワー30階92平米6,778万円【坪単価244万円】
2015-11-28

パークシティ柏の葉キャンパスザ・ゲートタワーです。

普段はあまり見ないエリアなので掲載が遅れてしまいましたが、実はこの物件は間取りを中心に見所が満載です。
都内の物件しか興味ない方にもぜひご覧いただきたいですね。

柏の葉キャンパス駅徒歩3分の36階建総戸数349戸のタワーレジデンスです。この三番街は隣の同じ階建の非分譲棟(おそらく三井の賃貸でしょう)とツインタワーという構成で一番街や二番街と比べるとスケールは劣ります。

【日照はないけれど】パークシティ柏の葉キャンパス二番街ミッドタワーC2階90平米3,160万円【坪単価117万円】

竣工から3年以上経った今も二番街が売れ残っている状況じゃなければ(ついに残り2戸のようです)、2棟とも分譲ということもありえたのではないかと思いますが、賃貸を作ることで人の入れ替えを促すという仕組みは三井さんが都心部を中心に以前から行っている手法であり、適切な試みだと思いますね。

現状では高額な家賃を生み出すことは困難でしょうが、「予定通り(今後15年間で居住人口が約5倍。就業人口に至ってはなんと約15倍)」に街が発展すれば賃料水準を上げ利益率を高めることが出来るでしょうし、三井さんと住民(既購入者)の利害関係が一致するという健全な関係も維持出来ます。
管理などで関わるとは言え、「売ったら終わり」的なことも少なからずあるのが不動産業界ですから、こういった形は安心感が高まって良いですよね。

「マンション」にとどまらず数々の「街」を生み出してきた三井不動産により実現する未来を感じることのできる街、それが柏の葉キャンパスです。

まぁ、突っ込みたい点も結構あるんですけどね。次の記事で言いたい放題しちゃうぞ(笑)。

公式ホームページ
IMG_5626[1]
お部屋は90平米超の3LDK、南東角住戸です。前述の二番街の反対方向を向いており、かつ、非分譲棟は西側なので、この南東角は当物件で最も条件の良い方角となります。

条件の良い方角だけあって当物件内でも最も専有面積の広いプランが提案されているのですが、それでも90平米ちょっとしかないのはちょっと驚きました。
平均専有面積が90平米近かった一番街、二番街は100平米超はもちろん、さらに大きなものとなると130平米超のプランもあったぐらいで坪単価が安いエリアならではのゆとりを感じることが出来たのですが、当物件は最大でもこの広さであり、あからさまに面積を絞っています。

それでもこのプランは90平米あるのでここよりも都心に近いエリアの物件に比べればゆとりがありますが、その分、価格もかなり立派ですよね。

間取り的には次の記事以降で詳しく解説しますが、この物件の角住戸はかなりキテます(笑)。富久クロス並と言っても過言ではないですね・・・。

ただ、この角住戸は専有面積がある程度広く出来ていることもあり、悪くはありません。当物件には60平米台後半~角住戸がありますが、狭くなるほど「えぐれた専有部形状」、つまり、玄関だけがフロア中央部(共用廊下側ってことね)に引っ張られた形状となっているので、あからさまに廊下が無駄に感じるし、廊下が長くなることを嫌ってLDを角に配置していないのです(二面採光にしていないのです)。

この南東角だけは廊下もタワマンの角部屋としてはわりとありがちな長さに抑えることが出来ています。また、LDの入口付近の実質的な廊下部分を「ただ単なる閉塞感のある廊下」とするのではなく、アイランドキッチンに隣接させることで「物が置けるようなスペースではないけれども、空間的な広がりを生み出すLDの一部分」として機能させることが出来ています。

専有面積がかなり違うので比べるのはちょっと可哀想ですが、例えばパークシティ中央湊の角住戸のようにキッチンとLDの一体感が薄いケースでは「LD入口付近の実質的な廊下部分」がほぼほぼ単なる廊下でしかなく空間的な広がりを生み出すことが出来ていないということになるのです。言うまでもなくこのスペースはLD畳数にカウントされているわけでせめて空間的なゆとりを生み出してくれないと勿体ないですよね。

さらに一言付け加えておくと、当物件は外廊下で良かったですね。内廊下だったら洋室2は行灯部屋になってしまいますし、中住戸のほとんどのお部屋に至っては2部屋が行灯部屋になるケースも出てきてしまいます。外廊下だからこそのこのプランニングとも言えるのですが、内廊下にすると間取りがあまりにもひどくなってしまうがゆえに外廊下になったという見方もできるかも・・・。

坪単価は244万円。二番街はタワー棟でも25階建だったわけで、二番街にはなかった30階台とは言え、おおよそ2割近くは高い単価水準となります。二番街はこの三番街とのお見合いも含め全体的にお見合い住戸が多かった影響もあるとは思いますが、それでも坪単価200万円ちょっとが上限だったので大分違いますよね。
まぁ、前述の通り当物件の角住戸はかなり微妙なプランが多く、そのような中でこのプランは最も普通っぽい間取りである上、南東角という最も人気かつ条件の良い方角なのでこのような値付けになるということでしょう。

【このエリアはやっぱり南向きかな】パークシティ柏の葉キャンパスザ・ゲートタワー15階72平米4,648万円【坪単価212万円】 | topページへ戻る | 【インタープランデザインセンターによる秀逸なデザイン】ザ・パークハウス狛江3階74平米5,498万円【坪単価247万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る