top  >  【新築】世田谷/杉並  >  【1日16時間のカフェ及びコンシェルジュサービス】レ・ジェイド世田谷砧5階72平米6,698万円【坪単価308万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【1日16時間のカフェ及びコンシェルジュサービス】レ・ジェイド世田谷砧5階72平米6,698万円【坪単価308万円】
2015-12-19

レ・ジェイド世田谷砧。

祖師ヶ谷大蔵駅徒歩15分の5階建総戸数25戸のレジデンスです。
かなり駅距離のあるポジションですし、南側で世田谷通りに面したポジションなので静かな環境というわけでもありません。
ただ、砧公園まで徒歩10分以内で行けますし、世田谷らしい緑の多い周辺環境が特徴と言えるでしょうか。

小規模物件ということで通常のデベであれば「駅距離はありますが、緑豊かな環境なんですよ~」で営業トークが終わってしまいそうな感じの物件が出来るのでしょうが、レ・ジェイド(日本エスコン)は一味も二味も違いますね。

エントランスホールの一角にカフェスペース、そして、朝7時~夜11時までのコンシェルジュサービス(カフェスタッフがやるらしい)、屋上の共用テラス(カフェからのデリバリーサービス有)、さらに内廊下設計と半端ない差別化が図られています。
中途半端に頑張った所で販売(売れ行き)には直結しなさそうなのでここまでやる必要がある、という見方も出来ますが、普通のデベはここまで頑張れないですよね・・・。凄いですよ、ほんと。

当然、この規模でここまでやられると管理費が気になるわけですが、拍子抜けの237円/㎡。
カフェサービス及びコンシェルジュサービスが1日16時間もあると相当の人件費がかかるのでちょっと信じられないレベルなのですが、そこにはやはりカラクリがあります。

グッドモーニングカフェなどを経営するバルニバービの監修で1階部分に日本エスコングループが「CafeApartment183」をオープンし、そこがカフェサービスを提供するという流れです。つまり、カフェ自体は普通にマンション居住者以外も利用できるわけで、マンション居住者はマンション内のカフェラウンジや屋上テラスなど第三者が入れない場所でも提供してもらえる、という事なんですね。

カフェスタッフがコンシェルジュサービスを行うとそれを見た一般客が勘違いしそうな気もしますが、この取組みが成功すれば小規模物件でも比較的お安い管理費でコンシェルジュサービスやカフェサービスが受けられることになるので非常に素晴らしいですよね。下駄履きマンションは一般的に敬遠される面がありますが、こういったお洒落なカフェならばかなり魅力的ですしね。

ちなみに、管理会社はグループ会社のエスコンプロパティと大京アステージです。レ・ジェイド武蔵野レジデンスは長谷工コミュニティとエスコンプロパティでしたし、他の管理会社と共同管理になるようです。

公式ホームページ
IMG_5692[1]
お部屋は72平米の3LDK、南東北の三方角住戸です。最上階のルーバル付プランで日照はもちろん良好です。

間取り的には角住戸にしては専有面積が小さめなこともあり、角住戸ながら全室リビングインの設計となっています。
そのため、角住戸らしい優雅さはありませんが、無駄は少なく各居室畳数も広めの設計です。

収納は気持ち少ないような気もしますが、その分、居室畳数にゆとりを感じることのできるタイプと言えるでしょう。

LDは角位置ではないものの上手いことかなり幅のあるコーナーサッシを採用しています。ほぼ腰高窓なので、サッシ高はそれほどではありませんが、このような幅のあるサッシを採用するケースは多くなく評価出来ますね。

ルーバルは北側なのでルーバル全体が日照が良いわけではなさそうですし、リビングに面していないのもちょっと残念ですが、キッチンから直接出ることができるため家事の面では便利そうですね。

坪単価は308万円。最上階ならではの特別なプランですのでこの駅距離でもこのような単価になってしまうようです。ただ、低層階と比べても1割程度しか変わりませんし、グロスはできるだけ抑えたいという意識を感じますね。

【内廊下×屋上テラス】レ・ジェイド世田谷砧2階57平米4,898万円【坪単価283万円】 | topページへ戻る | 【リビオにしては設備が充実】リビオ池上レジデンス2階71平米5,590万円【坪単価261万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る