top  >  【新築】東京都下  >  【駅前再開発期待がありながらの3,000万円台】武蔵野富士見ザ・レジデンス3階71平米3,568万円【坪単価166万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【駅前再開発期待がありながらの3,000万円台】武蔵野富士見ザ・レジデンス3階71平米3,568万円【坪単価166万円】
2016-01-05

もう1件、武蔵野富士見ザ・レジデンス。

設計・施工はファーストコーポレーションです。
ファーストコーポレーションはプレシス新宿御苑レザリスなどのスケール感ある物件の実績はありますし、ここを手がけること自体は驚きはありません。

ただ、ファーストコーポレーション如何は抜きにしてこの規模この階建の物件が長谷工施工でないことがちょっと意外ですね(ちなみに、オーベルは長谷工でしたし、ここは販売代理に長谷工アーベストが入ってますから余計に驚きです。)。
共用廊下側の柱のアウトフレームは中途半端ですが、しっかりと二重床となっていますし、価格帯からすると上々の構造面という印象を受けます。

また、約72%という広大な空地の大半を駐車場とすることで総戸数223戸に対して158台の全台平置駐車場を実現している点も評価出来ますね。

駅前に予定されている再開発タワマンのようなインパクトやランドマーク性こそありませんが、このあたりでは多くないスケール感のある物件ですし、広大な敷地を活かしたゆとりある車寄せなどにも魅力を感じることのできる物件です。

デザイン面にはフィールフォフォー・デザインオフィスが携わっています。

前回の武蔵野富士見ザ・レジデンス

公式ホームページ
IMG_5776[1]
お部屋はやはりブライトレジデンスで70平米超の3LDK、南向き中住戸です。低層階なので視界が抜ける感じではありませんが日照はむろん良好です。

間取り的には中住戸では数少ないノン田の字プランです。このような立地条件の物件なので中住戸はご多分に漏れず田の字ベースのものが中心なのですが、このプランには異なるものが採用されています。これも総戸数があるゆえでしょうね。総戸数が多くなればバリエーションのあるプランを提案したいと思うのが普通ですね。スミフさんだけは例外かと思いますが(笑)。

このようなプランとすると廊下を曲げる必要があるのでその部分の面積消費があり、廊下が一直線の田の字プランに比べ居室畳数は小さくなってはしまいますが、この物件の場合、田の字プランに比べ柱の食い込みが抑えられているのでその部分を考慮すると有効面積の差は縮まるはずです。廊下が長い分、途中に収納がたくさん設置出来ていますし、玄関の下足スペースに凹み(ベビーカーなどを置くことを想定)を設計出来ている点も良いでしょう。

先ほどのプランのように凄く大きな収納こそありませんが、ウォークインはありますし、「収納の数」が非常に充実したプランなので収納を適材適所に上手に使うことでかなりの収納力が期待出来そうなプランでもありますね。

坪単価は166万円。やはり南向きなので先ほどのプランと比べそこまでの差はないですが、専有面積が大分違いグロスで3,000万円台半ばという水準ですので一次取得層にも手が届きやすいでしょう。
一般的に、このような価格帯のエリアというのは、都心や23区内物件とは異なり将来的な値上がり(や資産価値の維持)が望みづらいという側面がどうしてもあるので都心部に比べ「ただ単に買いやすい価格帯」というだけで手が出しやすいというものではないのですが、小川駅周辺には再開発計画が予定されておりそれが資産価値の維持につながりそうな点も評価出来ます。

設備仕様面は、この価格帯ですので水回りの天然石天板仕様などの高級感のあるものこそありませんが、ディスポーザーに食洗機、ミストサウナ、そしてカップボードが標準装備ということで価格帯を考えると十分以上と言える充実したものとなっています。かなり意外でしたね。
前述のように設備仕様以外にも随所に見所のある物件ですし、「武蔵野」と無理に?名付けたりせずに正攻法でも十分にいけたのではないかと思います。日本土地建物さんは単独案件での実績は多くないので難しかった面もあるのでしょうが、このクオリティを忘れずに「見せ方」にも熟知すればかなり力のあるデベになれるだけの下地を持っていると思います。

管理費は119円/㎡。むろん外廊下ですが、ディスポーザー付でのこの単価は立派です(2015年管理費ランキングで8位に入っております。)。

間取り総集編2015①(空間及び動線設計編) | topページへ戻る | 【ガラス手摺でないのが惜しい】武蔵野富士見ザ・レジデンス8階81平米4,438万円【坪単価182万円】

このページのtopに戻る

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの編集

Re: こちらの記事に関係なく恐縮ですが、教えて下さい

ご質問の件ですが、正直、ローンについては私は専門外ですし、経済評論家であったとしても10年後20年後の金利を予想するのはほぼ不可能なのではないでしょうか。

ただ、一点思うのは借入が同じ額であったとしてもその方の職種や年収、将来設計によって固定、変動どちらを選択するのがベストかは変わってくるのではないかということです。
なのでご自身の状況を加味して最も「安心」と思える選択をされるのがよろしいのではないでしょうか。

答えになっていなくて恐縮ですが、私が言えるのはこんなところです・・・。

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る