top  >  【新築】横浜/川崎  >  【スケール感のある複合開発】シティハウス川崎富士見公園70平米4,180万円【坪単価197万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【スケール感のある複合開発】シティハウス川崎富士見公園70平米4,180万円【坪単価197万円】
2016-01-08

シティハウス川崎富士見公園。

川崎駅徒歩23分の9階建総戸数67戸(事業協力者住戸4戸含む)のレジデンスです。
いわゆるバス便物件で、川崎駅のバス便物件(京急大師線沿いを含む)のマンション供給は珍しくもなんともないのですが、当物件は一味違いますね。

スミフ物件ということでデザイン的にも一味違いますが、最大のポイントは川崎市の旧大島住宅の建替事業の一部として誕生するという点です。
この建替事業によって全3棟が誕生するのですが、ここを除いた残りの2棟は従前同様に市営住宅(新大島住宅)となるので、分譲マンションとなるのはここだけですね。

当物件自体は価格なりのグレードという印象ですし、分譲マンションとしては特別高級感があるようなものではないのですが、当物件はもともと環境創造型建替プロジェクト(たしか・・・)などと大袈裟に題されていたように新しく市営住宅となる部分も含めると結構なスケール感があり、従前あった店舗等もこのマンションの1階部分等に入るようです。
いわゆる再開発案件などのようなスケールこそありませんが、この規模でも周辺の雰囲気はかなり変わりそうですね。

公式ホームページ
IMG_5778[1]
お部屋は70平米超の3LDK、南東角住戸です。南側には前述の新しい市営住宅が建つので中層階では視界が抜ける感じではありませんが、市営住宅は5階建ですし一体開発だけあって距離もそれなりに確保されているので日照はむろん良好です。

間取り的には角住戸ながらオーソドックスな田の字ベースのプランで角住戸らしい優雅さはありません。
共用廊下側は柱がガッツリ食い込んでいますし、特に洋室2なんかは居室形状に難があります。

ただ、LD隣の洋室3の引き戸は大きく開け放つことのできるタイプで連窓サッシによる開放感十分なプランですし、全体的に収納が非常に充実しているという大きな特長もこのプランにはあります。

LDの入口付近に設けられた納戸が特に珍しいですね。
入口は小さく奥行の深い形となっているので、収納力に疑問が残りますが(引き戸には出来なかったのかな???)、この物件は中住戸においてもこの形の納戸を設けておりこの収納には何らかのスミフ的ポリシーがあるのでしょう。

坪単価は197万円。「スミフらしい価格」というのが率直な感想でしょうか。ただ、そもそもこのような駅距離のある立地の物件を名のある大手デベが供給するのは「市営住宅を含めたスケール感のある複合開発」ゆえであり、それによるメリットが価格面に折り込まれているのは言うまでもありません。

今春、川崎競馬場スタンド跡地にマーケットスクエア川崎イーストが誕生するので当物件にとっても幾分追い風になるのではないかとも思いますが、だったらよりショッピングセンターに近いリヴァリエとかの方が良い気がするし微妙かな。

【共用廊下側のデザインに注目】シティハウス川崎富士見公園3階67平米3,680万円【坪単価180万円】 | topページへ戻る | 【JR水道橋駅徒歩3分】デュアレス千代田三崎町47平米5,990万円【坪単価417万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る