top  >  【新築】東海・関西  >  【心斎橋徒歩圏でもこんな価格】クラッシィタワー南船場74平米5,690万円【坪単価254万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【心斎橋徒歩圏でもこんな価格】クラッシィタワー南船場74平米5,690万円【坪単価254万円】
2016-01-19

クラッシィタワー南船場。

昨日のザ・パークハウス中之島タワーに続き、関西タワマンを取り上げます。
ここは長堀橋駅徒歩3分、堺筋本町駅徒歩7分、心斎橋駅徒歩9分というポジションであり、心斎橋駅徒歩10分圏内というのが分かりやすい「売り」の1つとなるのでしょうか。

心斎橋駅10分圏内にはここ数年でもブランズタワー南堀江やブランズタワーウェリス心斎橋ノースなどのタワマンが誕生しているようなのでさして珍しいわけではなく、ここは既に完成後の販売となっていることを考えると人気物件とは言えなさそうではあるのですが、間取り面を中心として見所が少なくないですね。

デベの住友商事さんはJVでこそタワー実績は豊富ですが、単独案件(クラッシィタワー)となるとここが関東のクラッシィタワー東中野に続き2件目となるのでしょうか(その後、クラッシィタワー淀屋橋も分譲しています)。

当物件は30階建ながら総戸数146戸しかないことからも分かるようにいわゆるペンシルタワーとなります。タワーパーキングがある低層階やペントハウスフロアを除いた基本フロアでも1フロアあたり6戸、全方位に住戸を設けた設計なのでほとんどが角住戸ということになります。

設計はIAO竹田設計、施工は鹿島建設です。鹿島なのに白系のデザインではないんだなぁ・・・と思っていたらやはり設計は鹿島ではありませんでした。この色は臙脂色の部類なのかな???ちょっと珍しい色味ですね。好みが分かれそうです。

また、ペンシル気味のタワマンであることを考えると制振構造や免震構造が欲しかったような気もしますが、ここは耐震です。ただ、鹿島のHiRC工法が採用されていますね(横浜ミッドベースタワーレジデンスプラザタワー勝どきなどでも用いられている手法です)。

総戸数146というスケールしかないので目立った共用施設等はありませんが、シックな内廊下やエントランス周りは単価を意識したデザインと言えそうです。

公式ホームページ
IMG_5821[1]
お部屋は74平米の3LDK、北東角住戸です。中低層階は東側の隣接建物などの影響が不可避ですが、高層階住戸なので北も東も開放感のあるビューが望めます。

間取り的にはかなり珍しいものとなっています。というかとっても珍しく面白いのでこれを取り上げることにしました。

南東角住戸との間となる南側にエレベーター及びエレベーターホールを設けているため、このような変わった間取りとなっているのだと思います。外廊下タワマンのようにフロア中央部に吹抜がない内廊下タワマンにおいては、1フロア面積の大きな太いタワマンだとフロア中央部にゆとりが生まれやすいですが、この物件は1フロア面積が小さめなのでこういった特殊な間取りが生まれたのだと思います。

玄関位置はあまり良いとは言えませんし、エレベーターによりえぐれている部分があるため、廊下はそれなりの長さとなってしまっていますが、LDの南側、通常ではありえない位置にバルコニーがあるのは非常に良いですね。隣接した柱があるので南側からの日照が入りやすいと言うことはなさそうですが、三方に窓のあるLDというのはやっぱり魅力的です。

また、FIXサッシからの眺望を売りにしつつもバルコニーもわりと確保した設計ですし、バランスは良いでしょう。FIXサッシが多いわりには柱の食い込みが少ない点も好材料です。

角住戸ながら74平米しかない設計は首都圏の物件並の狭小感がありますし、前述のように廊下が短いわけではないので、収納は全体的に少なめです。

坪単価は254万円。高層階で眺望的にも良いため物件内では高めの水準となっています。また、低層階は周囲の建物の影響も大きいことから坪単価200万円前後のものが多く、全体平均でも220万円弱のようです。心斎橋駅徒歩圏、要するに東京で言うと銀座?みたいなものだと思うので、そう考えると凄く安く感じます・・・。

設備仕様面は、食洗機にディスポーザー、フィオレストーンのキッチン天板とそれなりのものにはなっていますが、トイレは手洗いカウンター付ではないですし、コストダウン志向が見え隠れします。というかタワマンで直床ってどうなの???関西圏では結構あるのかな???

管理費は179円/㎡。内廊下、かつ、ディスポーザー付でこの単価!首都圏とはなぜにこんなに違うのか・・・。本当にゲス・・・いや、解せないですね。
駐車場は主にタワー内の機械式でレンタカーサービス専用2台を含む全88台となっています。附置率は約6割で首都圏タワマンの3~4割程度に比べるとやはり全然多いです。

【ランニングコストに衝撃!】ブランズシティ天神橋筋六丁目84平米4,890万円【坪単価194万円】 | topページへ戻る | 【スケールあってこその芸当】ザ・パークハウス中之島タワー10階75平米4,548万円【坪単価200万円】

このページのtopに戻る

コメント:

関西じゃメジャーマイナー、タワマン小規模関係なく、二重床はほとんどみませんね。
地所も三井も住友も直床ばっかりですよ。
もちろん阪急近鉄ほかの関西デベも。

コメントの編集

Re: タイトルなし

いつもコメント有難うございます!

そうなんですか???
中低層は長谷工施工率もかなり高いですし直床がほとんどだと思っていましたが、タワーはザ・パークハウス中之島タワーやシティタワー梅田東、ここと同じ住商のクラッシィタワー淀屋橋も二重床だったので昔は分かりませんが少なくとも近年のタワマンは普通に二重床なのかと思ってました・・・。

コメントの編集

中之島は二重床なんですか?
いつも通り直床だとばかり。最近増えてきたんですね。
ちょっと直近の関西タワー物件の構造を見返してきます。

コメントの編集

Re: タイトルなし

コメント有難うございます。

中之島は二重床です。
ホームページには載っていないかもしれませんが、知人から入手したパンフレット(クオリティブック)で確認していますので間違いないです。

関西圏でも価格が上昇してきているので構造面も見直しているのかもしれませんね。
必ずしも遮音面で二重床が優れているわけではありませんが、やっぱり感触的な高級感を考えるとそれなりの価格帯となる物件は二重床であるべきと思いますね。

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る