top  >  【新築】世田谷/杉並  >  【長谷工の存在感がなさ過ぎ】コディア八幡山6階34平米3,628万円【坪単価353万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【長谷工の存在感がなさ過ぎ】コディア八幡山6階34平米3,628万円【坪単価353万円】
2016-02-11

もう1件、コディア八幡山。

施工は埼玉建興です。そうです、ジョイント×長谷工のJVなのですが、施工は長谷工ではありません。前回の記事で書いたようにPRC構造を採用し、かつ、二重床を採用しているあたりを見ても長谷工の息のかかり方が薄い物件なのでしょうね。

2000年代前半からデザインに拘りのある物件を供給してきたジョイントコーポレーションらしさを非常に感じることの出来る物件であり、環八沿いの立地特性を上手く活かした物件と言えると思います。

この環八沿いの立地でファミリータイプ中心という選択肢はありえないため、汎用性の高い技術を持ちファミリー物件の施工実績が中心の長谷工らしさを発揮できる余地が少なかったのは明白で当然と言えば当然なのですが、このコンセプトは成功と言えるのではないでしょうか。
床厚・壁厚が220mm以上なのも地味に良いですよね。

ラウンジや屋上テラスなどを設けている点もシングル~ディンクスには良いでしょうし、エントランス周りなども含め全体的にデザイン性の高さが際立っていますね。前回の記事で述べた通りの価格感なので、単価相応っちゃ相応なのだと思いますが、いずれにしろ昨今のジョイント物件の中ではかなり力の入った物件と言えそうです。

前回のコディア八幡山

公式ホームページ
IMG_5889[1]
お部屋は34平米の1LDK、東向き中住戸です。細い道路を挟んだ向かいは戸建などが中心で、視界的に悪くないポジションです。

間取り的には、洋室がLDの内側にある1LDKタイプです。南北に長い敷地とはいえ、東西の奥行はそれなりにあるので、住戸の奥行(玄関からバルコニーまでの距離)もそれなりで30平米台前半ともなるとスパンを確保するのは難しいです。

ただ、このようにキッチンと廊下を兼ねることのできる位置にキッチンを配置することで純粋な廊下部分は短くすることが出来ます。当プランはキッチンの手前にロールブラインドを施し、来客時などにキッチンに目隠しをすることが出来るようですし、よく考えられているプランなのではないでしょうか。

とはいえ、34平米の1LDKなので洋室は2.7畳と非常に狭いものとなっていますね。
収納は専有面積のわりには充実していると思いますが、ウォークインクローゼットの位置はやや微妙です。

洗面所もそこそこ広さがありますし、浴室も1216でもおかしくなかったですが1317あるのは良いでしょう。

坪単価は353万円。1LDKは35平米未満が中心だからこそできる単価設定でしょうね。40平米超の1LDKが中心だったら(数多くあったら)、この単価設定では厳しかったように思います。内廊下部分に各戸防災倉庫があり、そこが専有面積に含まれていないのは救いですね。玄関前に防災倉庫があるため、内廊下に凹凸が出来て、玄関周りのプライバシー性が高まるというメリットもあります。

設備仕様面は、ディスポーザーや食洗機はないようで価格帯のわりに少々物足りない感はあるのですが、フィオレストーン天板、ダウンライトの浴室照明、タイル貼りの廊下など、デザイン面への拘りの感じる設えです。また、ミストサウナはついていますね。

管理費は298円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下ですのでこのぐらいの水準になることに違和感はありません。

【グリーンギャラリー&グリーンウォール】ファインレジデンス青葉台76平米5,988万円【坪単価260万円】 | topページへ戻る | 【遊び心満載のアーティスティックな物件】コディア八幡山3階63平米6,298万円【坪単価329万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る