top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  【内廊下、そして意外にも高級感のあるデザイン】リビオ文京茗荷谷6階56平米5,540万円【坪単価328万円】

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)

【内廊下、そして意外にも高級感のあるデザイン】リビオ文京茗荷谷6階56平米5,540万円【坪単価328万円】
2016-04-21

もう1件、リビオ文京茗荷谷。

設計はMICHIRO建築設計、施工は名工建設です。
MICHIRO建築設計はそれほど名を聞くことはなく、このブログではザ・パークハウス千代田淡路町以来二度目になります。

名工建設もネームバリューがあるとは言えませんし、リビオ(新日鉄)の基本戦略通りここもコストを抑えたコンセプトなのかと思いきや、意外にも内廊下が採用されていますし、茶系をベースとした外観デザインもわりと高級感がありますね。

住棟を不忍通りからかなりセットバックした位置に設計することで不忍通りからエントランスまでの間に十分な空間を設けることが出来ていますし、総戸数33戸の物件にしては豊富なエントランス周りの植栽も印象的です。

リビオ目黒ザ・プレイスなどと比べ分譲価格帯は安い水準ではあるものの、それ以上に高級感を意識したコンセプトとなっていると思います。

1フロア2戸となる9階にはルーバル付のプレミアム感のあるプランも設計されていますし、リビオのこの「路線」は非常に興味深いです。個人的にはもっとこういうリビオが見たいですね。

専有部はやはり食洗機も水回りの天然石天板仕様もディスポーザー(少戸数なので当然と言えば当然ですが)もなくリビオらしいコストを抑えたものですが、トイレの手洗器はついていますね。

前回のリビオ文京茗荷谷

公式ホームページ
IMG_6226[1]
お部屋は56平米の2LDK、東角住戸です。南東方向は前回の記事で書いたようにグランツオーベル千石の影響が不可避となるポジションです。ただ、このぐらいの階数になれば日照は入ってくるでしょうし、角住戸らしくLDに開口部が充実したプランニングは評価出来る点でしょう。

玄関位置があまり良くないので、56平米の2LDKにしては廊下が長めの設計である点(LDの入口付近にも実質的な廊下部分がある)は少々気になりますが、56平米の2LDKにしては居室畳数がむしろ大きめに確保されたプランと言えるでしょう。
居室畳数を重視した分、収納は少なめですけどね。

坪単価は328万円。3LDK(2LDK+S)に比べ専有面積が抑えられているためか、ポジションのわりには単価は気持ち強めの設定となっている印象です。ただ、「茗荷谷」感のない立地ということもありグローリオ文京茗荷谷よりは抑えられた水準ですね。最近分譲された物件だと千石三丁目のディアナコート千石丸山町に近い価格設定ですかね。

管理費は353円/㎡。ディスポーザーはありませんが、総戸数33戸ながら内廊下設計を採用しているため優に300円/㎡を越えています。この水準になるということは内廊下には単なる空調機能だけでなく冷暖房までついているということでしょうか。

駐車場は1台のみで来客用兼身障者用です。

【駅徒歩2分×商店街沿い】エクセレントシティ大森町駅前55平米4,490万円【坪単価268万円】 | topページへ戻る | 【茗荷谷じゃないけれど南西傾斜で日照良し】リビオ文京茗荷谷2階72平米6,790万円【坪単価312万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る