top  >  【新築】千葉県  >  【PC工法×スマートハード】ザ・パークハウス南行徳4階80平米5,648万円【坪単価232万円】

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2150棟4700室)

【PC工法×スマートハード】ザ・パークハウス南行徳4階80平米5,648万円【坪単価232万円】
2016-04-14

ザ・パークハウス南行徳。

南行徳駅徒歩9分、浦安駅徒歩17分の7階建総戸数60戸のレジデンスです。
モモレジは南行徳エリアに土地勘はありませんし、当物件は昨夏に完成済、かつ、販売も佳境を迎えている状況なのですが、ちょっと珍しい工法をとっている物件なので今さらながら取り上げます。

当物件の最大の特徴はプレキャスト工法の採用です。
当物件の設計・施工を担当している木内建設と三菱地所レジデンスが近年の労務不足・労務費上昇の対策としてPC(プレキャストコンクリート)を共通規格化した「マンションPCシリーズ化工法」を共同開発し、その第1号物件がここになるのです。

詳細は間取りを見ながらの方が分かりやすいので下で書きますが、簡単に言うと柱・梁・スラブなどを専用工場で作成し現場に持ち込むことで時間と労力を削減することで建築コストを抑えようという試みです。

ところで、この物件が企画されてから大分経ちますが2号物件て企画されているんですかね???今のところ耳にしていない気が・・・。
ここよりも少し駅から離れた駅徒歩11分の地ではもうすぐザ・パークハウス南行徳レジデンスが販売開始される予定ですが、施工はそもそも木内建設でなく長谷工でもちろんPC工法は採用されておりませんし、三菱地所×木内建設でその直後に分譲された(完成した)ザ・パークハウス市川妙典も違いますね。

公式ホームページ
IMG_6229[1]
お部屋は80平米の3LDK、西角住戸です。敷地西端に位置し、南西・北西共に道路に面したポジションなので前建までの距離が確保された日照時間の長いポジションとなります。

間取り的には条件の良い住戸だけあって3LDKで80平米超というゆとりある専有面積が確保されており、玄関前に門扉付の大きなポーチがあるのが1つの大きな特長ですね。こういった角住戸というのは通常、洋室1の北東側には共用廊下部分が存在せず、サービスバルコニーなどとなっていることが多いのですが、角住戸でこの部分を第三者が通ることはありませんので、ポーチが広くとれるこういった形もありでしょうね。

それで、当物件の最大の特長、PCシリーズ化工法です。従来のPC工法とは異なり、戸境壁をPCの耐震壁(つまりは湿式壁)としていないところが1つの特徴のようですね。戸境を耐震壁としない代わりにバルコニー側の柱とポーチ側の柱の間に中間柱が設計されており、そこで支える構造ということです。

中間柱以外は完全にアウトフレーム化されていますし、その中間柱も幅を抑えたタイプなのでそれによる面積消費は少なめなのは救いではあるのですが、7階建であれば遮音面を考えれば当然乾式壁でなく湿式壁を採用して欲しかったところですし(ここ数年は坪単価300万円超の高価格帯の中低層物件でも乾式壁のもの結構見かけますけどね・・・)、「構造パフォーマンス」面で購入者側へのメリットは少ないのでしょう。

余談中の余談ですが、プラウドシティ蒲田はPC工法でも何でもないですが、やたらと柱間隔が近かったですね。ここの中間柱みたいな位置に普通に柱があります。マンションてほんと色々です。

話を戻しますが、勘違いしないで欲しいのはただ単にデベにだけメリットがあるという見方は正しくはありません。施工期間の短縮による建築コストの削減は結局は「販売価格に跳ね返ってくる」わけですので、このシリーズ化工法により建築コストを抑えることが出来、販売価格をその分安くできているのであれば当然購入者側へのメリットとなりますよね。

PC工法とは関係ないですが、よくある長谷工施工の物件などと違い北西側全面がバルコニーとなっている点が魅力の1つとなるでしょう。奥行はないもののこちら側にしっかりとしたバルコニーがあることでエアコン室外機置場を無理なく目立たない位置に確保出来るというわけです。

坪単価は232万円。条件の良いポジションということもありかなりいいお値段ですね・・・。平均でも約210万円程度のようで南行徳駅を最寄りとする物件の中では歴代最高水準になりますよね・・。第1号物件なんですからもう少し価格面の安さをアピールできそうな物件でやれば良かったのに・・・。

設備仕様面は、価格帯からして当然に水回りの天然石天板仕様などの高級感のある仕様はありませんが、ディスポーザー、食洗機、ミストサウナがついていますので十分以上と言えます。また、直床ですが、「スマートハード」といういわゆる直床のふわふわの歩行感を改善したものを採用しているということです。
遮音面で必ずしも二重床が優れているわけではありませんし、モモレジは直床の最大の短所は「安っぽい歩行感」だと思っているのでこれは凄く大きな進歩ではないでしょうか。
個人的にはプレキャストシリーズ化よりもスマートハードの方がインパクトあるなと(笑)

管理費は199円/㎡。外廊下ですが総戸数60戸でディスポーザーがあることを考えると悪くない水準と言えそうです。
駐車場は1階住戸の専用駐車場8台を含み全30台で専用駐車場以外にも10台も平置がありますね。

【桜川駅はマンションPBR大阪市No.1】イニシアブランなんば | topページへ戻る | 【「1DK」なのが少し惜しいがやはり秀逸なプラン】ザ・パークハウス中野タワー4階41平米5,168万円【坪単価415万円】

このページのtopに戻る

コメント:

文京区本郷一丁目の朝陽館跡地に建つマンションが、三菱地所×木内建設タッグのようです。
PC工法採用マンションの第2弾になるかもしれませんね。

コメントの編集

Re: タイトルなし

コメント有難うございます。

そうみたいですね、ただ、エリア的にかなりの高額物件になりますし、PC工法採用のコンセプトからすると何か違うような・・・。
近いうちに第2弾が見られるといいな~。

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る