top  >  【新築】品川/大田  >  【価格以上のデザイン及びランドスケープ×子育て支援特化】プラウドシティ大田六郷1階65平米4,600万円台(予定)【坪単価約235万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【価格以上のデザイン及びランドスケープ×子育て支援特化】プラウドシティ大田六郷1階65平米4,600万円台(予定)【坪単価約235万円】
2016-04-25

もう1件、プラウドシティ大田六郷。

設計・施工は長谷工です。直床はやはり残念ですが、中住戸でも共用廊下側の柱がアウトフレーム化されている箇所もわりとありますし、前回の記事で書いたように外観デザインは250万円前後中心という坪単価以上の高級感がありますね。

総戸数632戸というスケールを活かし、フォレスト街区の敷地東中央部、プライベートフォレストに隣接した位置に当プロジェクトの顔とも言えるクラブハウスを施してあり、その2層吹抜のフォレストホール&フォレストラウンジ、そして、ライブラリー(7,000冊が予定されているようです)やカフェ(飲み物だけでなくパスタやデザートなども提供予定)、パーティーラウンジ、キッズラウンジ、ミニショップなどの共用施設(他、B棟1階にゲストルーム)も見所十分です。

また、A棟の屋上にはスカイデッキもあり、お部屋からは花火を見ることが出来ない方への配慮もしっかりとなされていますね。

既存樹もあったブランズシティ久が原のガーデンもかなり素晴らしかったですが、こちらはさらにスケール感のある物件になりますし、「結果的に」とはいえ坪単価250万円前後の水準に落ち着いたことを考えるとコスパは悪くないという印象です。デザインやランドスケープは坪単価300万円近い水準を意識しているように見えますからね。外観は縦のラインを意識させるためにマリオンも施されています。

当物件はこれまで述べたものだけでも超大規模物件として十分以上のパフォーマンスを備えていると言えるのですが、前回の記事で述べたように駅距離のある立地であるにもかかわらず超大規模であるがゆえに地縁のないエリアからもお客さんを呼び込む必要性があるためか、「子育てファミリー」を強く意識した試みも行われています。

子育てファミリーを意識した取組みはどの物件どのデベも少なからず力を入れる所ですし、当然の試みではあるのですが、当物件は超大規模ゆえにその徹底ぶりが群を抜いています。
プラザ街区の1階部分等には認可保育所や医療施設の他、大田区の地域包括支援センター、地域公開型の集会室、さらには子育て支援施設(ポピンズ(予定)が運営するもので放課後の小学生などを預かるサービスを行う)を設けるなど、ライフソリューションを強く意識したものとなっています。

これらの施設はマンション住民だけのものではないので、必ずしもマンション住民が恩恵を受けられるとは限りませんが、地域のコミュニティの円滑化を意識していること自体非常に意味のあることですし、このエリアにとってこの物件の存在は間違い無くプラスになるでしょう。
周辺ではマンション建設の反対運動もあるみたいですが・・・。

ってか、「モデルルーム」でオムツ等の子育て用品を安く提供することで集客を促す試みが凄いと思う(笑)

前回のプラウドシティ大田六郷

公式ホームページ
IMG_6607[1]
IMG_6608[1]
お部屋はA棟の65平米の3LDK、西向き中住戸です。広々とした専用庭付の1階住戸で、専用庭の先には自転車置場があります。フォレスト街区の敷地の西側はファミリーマートがオープンしていますし、他も低層建物なので視界的な圧迫感などはなく、日照も西日が中心にはなりますがそれなりに得られるでしょう。

当プランの東側はマンション全体の電気室が少しかかってはきますが、玄関出て直ぐのところからプライベートフォレストとなっており、個人的には専用庭以上にその庭(プライベートフォレスト)から直ぐのところに我が家があるというポジションに希少性を強く感じますね。
洋室1の窓からはプライベートフォレストの木が見えますし、なかなかない条件です。

かなり専有面積を絞ったいわゆる狭小3LDKという形にはなりますが、玄関前にゆとりあるオープンポーチが施されていることで柱はしっかりと完全にアウトフレーム化されていますし、オープンポーチの間に境壁を設けていることで共用廊下やフォレスト側からプライバシーが侵害されないような配慮もなされています。

LDの入口ドアは洗面所がリビングインとなるぐらいかなり玄関寄りにあり、無理やりにでもLDを10畳超の表記にしたかった感がありありで少々げんなりしますが、65平米に満たない3LDKなのでそのようになるのは当然のことですし、収納は専有面積のわりにはかなり充実させることが出来ているのも評価出来る点ですね。

また、1階住戸にはキッチンに床下収納がある点も良いでしょう。

坪単価は235万円。魅力十分の1階住戸ということで2階住戸よりも200万円ほど高い予定価格が付されています。A棟は西向きなので南向きのC棟に比べもう少し単価の安い設定となるのかと思っていましたが、A棟の中住戸は60平米台の3LDKのみで構成されており、70平米台の中住戸のみのC棟とはグロス価格帯のかぶりをほぼ無くすことが出来ているためか単価差はほぼないですね。
A棟の上層階からは正面方向に多摩川を一望することが可能なのでそういった面も価格帯に加味されているのでしょう。

設備仕様面は、ディスポーザーに食洗機、ミストサウナ、そしてトイレ手洗いカウンターと基本的なものは備わっています。水回りの天然石天板仕様などはありませんが坪単価250万円前後の物件として上々のものと言えるでしょう。300万円近い水準だったら印象はまた異なったでしょうが。

管理費や環境性能等については正式価格発表後に述べようと思います。

【このエリアでは珍しいノン大通り沿いの立地】グランドメゾン四谷9階73平米8,740万円【坪単価398万円】 | topページへ戻る | 【超大規模というだけでは売るのが難しい立地だからこそ】プラウドシティ大田六郷9階87平米6,700万円台(予定)【坪単価約255万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る