top  >  【新築】世田谷/杉並  >  【代田広場隣接の専用庭付住戸】マストレジデンス世田谷代田1階69平米6,480万円【坪単価312万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【代田広場隣接の専用庭付住戸】マストレジデンス世田谷代田1階69平米6,480万円【坪単価312万円】
2016-05-06

もう1件、マストレジデンス世田谷代田。

設計は菊建築設計、施工は植木組です。植木組は積和不動産のコンパクトマンションブランド「アピス」のアピス西新宿三丁目の実績もありますしつながりが深いようですね。

「緑」に定評のあるグランドメゾンシリーズに比べるとエントランス周りの緑が少し弱い印象もありますが、周りを囲うように天然石を豊富に用いたエントランス周りは高級感がありますし、敷地西側の代田広場には自然が残っていますからそれとの兼ね合いもあったでしょう。

当物件はそのような代田広場に隣接し、かつ、周囲に高い建物のない閑静な立地条件という長所を持っているのですが、長所はそれだけではないですね。

この周辺は古くからの住宅街であり、マンションに適したまとまった広さのある土地の供給は少ないのですが、この物件は敷地面積1,900㎡弱というこのエリアでは稀な広さを有しています。
5階建なので総戸数41戸に過ぎず、その41という数字からは大きさを感じづらいかもしれませんが、ほぼファミリータイプで構成されていますし、このエリアのこの大きさの物件はかなり希少性の高い存在と言って良いでしょう。

前回のマストレジデンス世田谷代田

公式ホームページ
IMG_6533[1]
お部屋は西棟の70平米弱の3LDK、西向き中住戸です。目の前に代田広場を望む1階のテラス及び専用庭付住戸で住戸的にもなかなかに稀な存在です。
気持ち南西に傾いた西向き住戸なので専用庭部分も含めると日照時間はかなり長いですし、戸建感覚が欲しい住環境重視の方には非常に向いている物件ではないでしょうか。

間取り的には基本的なコンセプトは先ほどの角住戸と同じでLD隣にはL字型のFIXサッシが採用されています。ただ、1階住戸なのでバルコニーが狭くなると言ったようなことはありませんし、柱の食い込みも少なめに抑えられている点も良いでしょう。

メーターボックスなどとの関係上、浴室の位置に洋室が配置されておらず、洋室3が行灯部屋となってしまっているのはマイナスですが、引き戸を開けばLDとの一体利用をしやすい条件だと思いますし、バランス的には悪くはありません。

坪単価は312万円。いわゆる南向きでないので単価が抑えられているのだと思いますが、前述のように気持ち南方向に傾いていますし、代田広場向きの専用庭付住戸であることを考えるとこのご時世わりと割安感があるのではないかと思います。まぁ、戸建に比べると遥かに狭いですし、戸建はマンションほど価格が上がっていないので戸建てとマンションを比べると戸建の方が割安感が出てしまう面は少なからずありますが、資産性を考えるとまた違った見方も出来ますし一概には言えないのが難しいところです。

管理費は248円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですし、そこそこのスケールのある物件なのでもう少し抑えられていてもおかしくなかったですが、駐車場は8台中6台が機械式ですし、そこいらへんの維持修繕費なども加味するとこのぐらいの水準の方が安心かもしれませんね。

【かなり特徴あるエントランス】クレイシア菊川2階44平米3,990万円【坪単価301万円】 | topページへ戻る | 【グランドメゾンじゃないんだ】マストレジデンス世田谷代田3階66平米7,280万円【坪単価365万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る