top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  【内廊下+吹抜が見たかった】ディアナコート茗荷谷翠景7階59平米7,150万円【坪単価402万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【内廊下+吹抜が見たかった】ディアナコート茗荷谷翠景7階59平米7,150万円【坪単価402万円】
2016-05-14

もう1件、ディアナコート茗荷谷翠景。

設計は長谷建築設計事務所、施工は合田工務店、そしてデザイン監修はアーキサイトメビウスです。デザイン監修がアーキサイトなのでデザイン上はほぼ関係ありませんが、設計の長谷建築設計事務所はオープンレジデンシア南青山ウエストテラスなどを初めとしてオプレジのほとんどを手がけており、オープンハウスデベロップメント社の上場前後の躍進を担った設計会社(デザイナー)ですね。

外観デザインはディアナコート文京本郷台と同路線でしょうか。スケール感や階建は大きく異なる物件ではありますが、カラーリングや素材に共通点があります。基壇部はいつものアーキサイトカラーというべきもので天然石が多く用いられていますが、上だけ見ると結構あっさりし過ぎている感じもなくはないですね。

南西道路沿いのザ・パークハウス茗荷谷及びシティハウス文京茗荷谷は坪単価300万円ちょっとの時代に立てられた物件なので、それらと比べて全く見劣りはしないものにはなっていますが、このエリアの代表物件であるプラウド小石川には及びませんし、坪単価400万円超中心という価格帯であればもっと重厚感を高めたデザインでも良かったのかなと。

総戸数27戸中25戸を占春側となる南西に面した住戸としたランドプランには良いですが、エントランス周りは総戸数27戸なりのスケール感しかありませんし、前回の記事でも述べたように内廊下でないのがちょっと残念ですね。角住戸率70%超の物件で開口部を確保しにくい中住戸は少なく、中住戸のために吹抜を2つ設ければなんとかなったと思うんですよね。

前回のディアナコート茗荷谷翠景

公式ホームページ
IMG_6675[1]
お部屋は60平米弱の2LDK、南角住戸です。南東方向は7階建の前出のザ・パークハウス茗荷谷があるので視界抜けはありませんが、日照的には問題ないでしょうし、南西側は申し分のないポジションです。

間取り的には専有面積のわりに少々奥行(玄関からバルコニーまでの距離)が気になります。条件の良い南西側の限られたスパンを複数住戸で分け合っているわりには南西側のスパンが確保されている点は良く、このレベルのスパンであれば本来はそこまで奥行は深くならないはずなのですが、トイレの壁の向こうにはエレベーターがあることも影響し、玄関周りが突き出た専有部形状となってしまったことで、廊下が少々長く感じるものとなったのでしょう。廊下はタイル貼りで高級感があるのは評価出来ますけれどもね。

また、門扉付のポーチがあるのは良いですが、やや小ぶりですし、外廊下なのにコンクリ壁に囲まれており採光がとりにくい構造となっているのもちょっと残念です。

さらに、角住戸にしてはバルコニーが小さい点、浴室が1418でなく1317である点もこの物件自体の設計面の難しさを物語っているような気がするのですが、なにはともあれこの南西の幅のあるL字サッシが魅力的なのは紛れもない事実でしょう。
カウンターを含んでのものですが、LDだけで13.5畳と50平米台の2LDKにしてはかなり広めの空間が確保されており(その分、キッチンが2.4畳と小さいですし、収納も全体的に少なめです)、開放感が非常に高そうなLD周りとなっています。

坪単価は402万円。前述のように「専有部形状」や「各部分のバランス」に少々疑問符のつくプランではあるのですが、条件の良い上層階角住戸ですので想定していたほどではなかったですね。上で挙げた2012年分譲のザ・パークハウスとシティハウスが平均坪単価310万円前後だったので、階を加味するとこの住戸は2割は値上がりしていないということになります。

設備仕様面は、少戸数でもディスポーザーがついていますし、前述の通りの廊下床までの天然石仕様、食洗機、トイレ手洗器、天然石の水回り天板、2.3mの掃出窓のハイサッシ、そして日ポリ化工の天然石カウンター仕様の浴室と、単価なりのものとなっています。ビルトインエアコンがないのはやはり残念ではありますけれども、昨今のディアナはどこもそうなので仕方ないでしょう。

スムログ投稿しました!!! | topページへ戻る | 【南西に占春園を望む好立地】ディアナコート茗荷谷翠景8階96平米15,800万円【坪単価542万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る