【やっぱり狭いと単価高】ブリリア上野ザ・レジデンス4階39平米3,858万円【坪単価331万円】

もう1件、ブリリア上野ザ・レジデンス。

設計は安宅設計、施工はりんかい日産建設です。
安宅設計は当ブログの登場回数も多く都心近郊での実績はかなり豊富です。りんかい日産建設は登場回数こそ少ないですが、ザ・サンメゾン目白近衛町エルドクレヴィア成城など高額物件の実績もありますね。

デザイン面は小規模物件のわりにはエントランス周りに力を入れている印象ですし、多少なりとも単価帯を意識しているのかとは思いますが、坪単価330万円超が中心の物件であることを考えると多少物足りなさもあるでしょうか。

内廊下設計となっているあたりは単価を意識してのものでしょうし、全戸角住戸なので快適な内廊下と通風を両立させることが出来ているのは評価できる点ですが。

前回のブリリア上野ザ・レジデンス

公式ホームページ
IMG_7815[1]
お部屋は40平米弱の1LDK、北東角住戸です。低層階なのでそもそも視界抜けはありませんが、北東側は清洲橋通り沿いにある背の高いビルの影響が大きく少々圧迫感の強いポジションでしょう。
プラン的にそもそも角住戸のわりに開口部が制限されているので、ある意味あまり影響がないのかもしれませんが。

40平米未満の小ぶりな1LDKですが、玄関廊下は比較的コンパクトなのでLDKで10畳超、洋室も4畳とそこそこの広さが確保されています。

全体的に柱の食い込みの目立つプランで、LDの形状にも難がありますが、4畳の洋室は形が良いので4畳でもきちんと寝室として使えるでしょう。

浴室は1317ですらなく1216というのは少々残念ですが、ウォークインにシューズインと収納面は専有面積のわりに充実しているという特徴をもったプランです。

坪単価は331万円。50平米超の2LDKの低層階は坪単価300万円程度ですが、1LDKはグロス価格が嵩まない分、1割近く単価高の設定です。
よくあることとはいえ、この物件の場合、1LDKのポジションは2LDKよりも囲まれ感が強く、かつ、柱の食い込みも大きいのでもう少し単価を抑えてくれても良かったような気がします。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんが、食洗機、水回りのシーザーストーン天板、キッチンカップボード(1LDK除く)を採用するなどそれなりのものにはなっています。ただ、トイレに手洗いカウンターがないのはこの単価水準の物件としては残念で違和感があります。

管理費は376円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下の少戸数ということが影響しているのか結構高めの水準となっています。
駐車場は身障者用を含む全2台でいずれも平置です。

0 Comments



Post a comment