top  >  【新築】世田谷/杉並  >  【地下住戸にはサンクンガーデン】プレシス芦花公園1階77平米5,890万円【坪単価253万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【地下住戸にはサンクンガーデン】プレシス芦花公園1階77平米5,890万円【坪単価253万円】
2016-06-25

もう1件、プレシス芦花公園。

設計は西尾建築設計、施工は松村組です。どちらもプレシスシリーズでお馴染みですね。
当物件の最大のポイントは前回の記事でもちらっと述べた1階部分(建築基準法上は地下1階)のサンクンガーデンでしょう。

いわゆる地下住戸に設けられたサンクンガーデンはかなり奥行が確保されており、住戸部分から前建(戸建住宅街)までの距離を離す役割も果たしているので、低層階でも日照を得ることが可能となります。

1階住戸とは異なりいわゆるテラス付住戸となるので専用庭などの緑の空間がないのは残念ですが、1階部分の隣地との境界には植栽が施されますし、なかなか気持ちの良い空間になりそうです。

意匠面は大きな特長こそないものの、茶系の外壁タイルをグリッド上にしたり、バルコニーガラス手摺に黒系の半透明のものを用いるなど、プレシスシリーズの中では高級感を意識したものとなっている印象ですね。

前回のプレシス芦花公園

公式ホームページ
IMG_6912[1]
お部屋は77平米の3LDK、北西角住戸、サンクンガーデン付のプランです。サンクンガーデンは南側だけでなく西側にもあります。西側も当然高い建物はなく生産緑地などが広がっているので日照は得られそうです。

間取り的には80平米近い専有面積があり、当物件内では広めのものとなります。当物件の間取り面での最大のポイントはサンクンガーデン付の建築基準法上の地下1階住戸の専有面積が広いということでしょう。

上階住戸は南面条件が非常に良好、坪単価が300万円超となるためこのようなわりとゆとりある専有面積とするとプレシス(一建設)にとっては販売が苦しくなります。なので、通常階は専有面積60平米台中心、地階は70平米台後半中心という若干苦しさを感じるものとなっているというわけです。

壁式構造が採用されているので柱の食い込みはありませんし、角住戸ながら玄関廊下が一直線なので有効面積もまずまずかと思いますが、壁式構造ゆえに居室境の壁も耐力壁となっており厚みがありますし、将来的にリフォーム等を行う際には障害となってしまうのが玉に瑕です。

壁式構造ゆえに開口部幅も少し短めかな。

3つのウォークインクローゼットを有しており収納が非常に充実している点は好感が持てますね。

坪単価は253万円。いわゆる地下住戸ですし、当物件では数少ないノン南向き住戸ということでかなり単価は抑えられています。
このような感じで地下住戸はグロスを抑えているので全体としてほとんどの住戸が6,000万円前後となっています。6,000万円を越えてくるとつらいのは分かりますが、レンジが狭すぎるのもそれはそれでつらい気もしますね。

駅距離がそこそこで住環境良好な物件ですので、上層階にもゆったり目の高額住戸が少しぐらいあっても良かったのかなと。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんが、食洗機、水回りの天然石天板仕様、トイレ手洗いカウンターなど価格帯なりのものは用意されています。

管理費は304円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが高いですね・・・。総戸数26戸という小スケールが影響していると思われますが、もう少しなんとかならんかったかな。

駐車場は全6台でいずれも平置です。
建蔽率が40%という厳しいエリアなので敷地の約6割が「空地」であり、駐車場や植栽を施すゆとりがあるというわけです。

スムログ投稿しました! | topページへ戻る | 【南面条件良好な第一種低層住居専用地域】プレシス芦花公園66平米6,320万円【坪単価319万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る