top  >  【新築】東京都下  >  【雁行設計ゆえの】クリオ武蔵小金井フロントアベニュー3階63平米5,253万円【坪単価275万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【雁行設計ゆえの】クリオ武蔵小金井フロントアベニュー3階63平米5,253万円【坪単価275万円】
2016-06-10

もう1件、クリオ武蔵小金井フロントアベニュー。

設計は啓建築設計、施工は南海辰村建設です。
設計会社は異なりますが、施工の南海辰村建設はグリーンアベニューと同じです。

なお、当物件のデザイナーは世界の名建築最新ベスト20に選定された武蔵野プレイスをデザインしたkwhgアーキテクツです。

公共文化施設である武蔵野プレイスとは異なりこちらは一住宅に過ぎませんので、個性を抑えたデザインとはなっていますが、奥行のあるクランクインの緑豊かなエントランスアプローチや最上階住戸の庇のデザインなどに高いデザイン性が表れていると言えます。

前回のクリオ武蔵小金井フロントアベニュー

公式ホームページ
IMG_6987[1]
お部屋は63平米の2LDK+S、南向き中住戸です。日照は問題ありませんが、3階だと高架が少々気になる感じでしょうか。

間取り的には60平米台前半の実質3LDKということでかなり面積を絞ったプランニングとなっています。
当物件は立地的なものやグロス価格帯を加味したのかグリーンアベニューよりも全体的に専有面積を絞ったプランニングとなっています。グリーンアベニューの後発となることもあり、多少なりとも違った価格帯で勝負したかったというのもあるものと思われます。

ただ、専有面積のわりには各居室は違和感のない畳数を確保出来ていますし、収納量も許容範囲内だと思います。
洋室が4.4~6畳とわりとメリハリのある設定になっている点も良いのではないでしょうか。

柱の食い込みは少なめですが、居室形状はあまり良くないかな。

なお、当プランは一般的な田の字プランですが、実は珍しい特徴があります。
当物件は南面が雁行設計になっており、1プランごとに東側に行くにしたがって少しずつ北側に後退した設計となっています。
(当プランのバルコニーの東側境界と西側境界をご覧いただけると分かりやすいです。)

これに特段のメリット・デメリットはないと思われますが、あえて言うならばバルコニー戸境がペラボーではないという点が挙げられるでしょうか(さらに言えば、避難経路確保のため、各戸のバルコニーに下階バルコニーへの避難ハッチがある)。
グリーンアベニューはペラボーでしたし、こちらも雁行設計でなく通常のフラットな設計であればペラボーだったかもしれませんね。

坪単価は275万円。前述のように専有面積を絞っていることもあり、グロスは5,000万円そこそこに抑えられていますが、単価的にはインパクトのあるものではありません。

設備仕様面は、グリーンアベニューと同じでディスポーザーはありませんが、食洗機、フィオレストーンのキッチン天板、トイレ手洗いカウンターはついています。ただ、やはり浴室照明はダウンライトでなくブラケットタイプですし、単価帯からすると若干の物足りなさはありますね。

管理費は272円/㎡。ほぼ同じスケールのグリーンアベニューは279円/㎡だったので幾分かは安いですが、外廊下、かつ、ディスポーザーなしの物件にしては高い水準です。

駐車場は全8台で2台(来客用及び身障者用)を除いた6台が機械式です。

【利便性の高さが相殺された価格】エクセレントシティ横浜磯子4階74平米4,378万円【坪単価194万円】 | topページへ戻る | 【クローゼットにも二重サッシ】クリオ武蔵小金井フロントアベニュー6階71平米6,372万円【坪単価299万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る