top  >  【新築】東京都下  >  【大型収納「蔵」を確保】プレイスヴィラ喜多見1階70平米4,958万円【坪単価233万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【大型収納「蔵」を確保】プレイスヴィラ喜多見1階70平米4,958万円【坪単価233万円】
2016-06-12

もう1件、プレイスヴィラ喜多見。

設計は三輪設計及び不二建設、施工は不二建設です。
不二建設はプレイスガーデン喜多見と同様ですが、設計面は違いがあります。

プレイスガーデン喜多見の設計監修にはウイ・アンド・エフヴィジョンが携わっていましたが、こちらは三輪設計ですね。

マンション名にも同じ「プレイス」が使われていますし、こういった兄弟物件のケースでは同じデザイナーが採用されるのが普通ですが、ここはあえて変えてきた形でしょうか。
「ガーデン」に対してこちらは「ヴィラ」ということでいい意味で雰囲気を変えてきた印象です。

プレイスガーデン喜多見は2014年のデザイン部門で銅賞としているようにかなり素敵なデザインだったのですが、ここも負けず劣らず素晴らしいですね。
プレイスガーデン喜多見は敷地南西側の目立つ位置に全長約140mのアヴェニューがありましたし、立地条件的にもあちらの方が周辺住民にとって目立つ存在になりそうですが、こちらもガーデン同様に2層吹抜のエントランスラウンジが設けられていますし、敷地内側、第三者の人目に触れることのない位置に設計された水盤(スプリングテラス)周りはまさにヴィラの名に恥じない高級リゾートでしか味わうことの出来ないような美しい空間です。

人目に触れる敷地北側の道路沿いのしだれ桜などの植栽も美しいですし、プレイスガーデンよりも玄人好み?な感じの立地・デザインがなんとも心惹かれるものとなっているなと。
プレイスガーデンやリーフィアレジデンス世田谷喜多見がかなり駅に近かったがためにこの物件は少し遠い気がしてしまうかもしれませんが、敷地周辺の落ち着きを考えると駅徒歩7分は悪くないですし、この物件のランドスケープやランドプランって駅徒歩7分にしては贅沢に感じる面もあります。
都下とは言え、駅徒歩7分で高級リゾートを感じることのできるコンセプト、非常に興味深い物件ではないでしょうか。

水盤(スプリングテラス)などの水物は将来的な管理修繕コストが不安視されるのは確かですが、最近だとクリオ横濱三ツ沢のように総戸数65戸で水盤が設計されているケースもあるぐらいで、プールのように常にきれいに保つ必要があるわけではないので、すごくコストがかかる、すごくリスクがあるとまでは言えないと思います。

管理費は198円/㎡です。外廊下ですがディスポーザー付であることを考えるとリーズナブル感のある水準です。プレイスガーデンでも書いていますが、やはりスケールメリットが効いていると言えるでしょう。このぐらいのスケールがあれば水盤があっても1戸あたりの負担(リスク)は大きくはないと思われます。

前回のプレイスヴィラ喜多見

公式ホームページ
IMG_7186[1]
お部屋は70平米の3LDK、南向き中住戸です。S棟の東寄りのポジションで南側の電力中央研究所の土地にはやはり将来的にこのマンションと同じような高さのあるものが建つ可能性が高そうですが、日照が問題となる可能性は低そうです。
南東方向は水盤や植栽など当物件の共用部、その先にはSs棟というポジションになります。

間取り的には、当物件の中では小さめのものにはなりますが、それでも70平米は確保されていますし、専有面積不算入の7㎡超の床下収納があるのが大きなポイントとなるプランです。

当物件は全ての1階住戸に通称「蔵」という大型床下収納を設けており、よくある1階住戸の床下収納よりも遥かに大きな空間が確保されているのです。
しっかりと換気設備を整備しているので、単純な収納スペースとしてだけでなく、それ以外の用途にも使えそうですし、なかなかグッドなグッとくる空間です。

また、共用廊下側の柱はインフレームですが、柱自体が細いので柱による面積消費は少ないですし、この大型床下収納の他にも約26㎡の専用庭、先ほどのプラン同様のキッチンと洗面所をつなげた水回り動線、スパン目一杯に確保されたLD開口部など、田の字ベースの中住戸ながら其処此処に工夫の施された見所盛りだくさんなプランとなっています。

坪単価は233万円。南向きで日照も得られる大きな専用庭の他、大型床下収納もついてこの単価は悪くないですね。こういったプラスα空間のある1階住戸は2階住戸に比べ互角以上の単価設定となることも多いですが、このプランはそのパフォーマンスに比して単価が抑えられている印象です。

本来であればこういった特殊性の高い1階住戸にはもう少し「プレミアム」が乗っかっていてもおかしくないのですが、前述のように1階住戸には「全て」大型床下収納が施されていますし、1階住戸だけでも「25戸」もあるため、プレミアムを乗せるのは難しかったのかもしれません。

設備仕様面は、プレイスガーデン喜多見同様で食洗機、ディスポーザー、クオーツストーン水回り天板、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンターと単価的には十分と言えるものになっています。

駐車場はほぼ総戸数の同じプレイスガーデンが80台であったのに対してこちらは49台・・・全然違いますね・・・。プレイスガーデンは最近の物件にしては「設置率高すぎて心配」と書きましたが、デベ側もそれを認識したということでしょうか。こちらの方が駅距離のある物件なので逆に少し減らし過ぎな気もしなくはないですが、空きが多いよりかは少し少ないぐらいの方が将来的なことを考えると不安は少なく済みますし、こちらの方がよっぽど妥当な水準ではあると思いますね。

【最寄駅初台の緑道沿い】ザ・グランツ代々木参宮橋2階82平米10,090万円【坪単価405万円】 | topページへ戻る | 【無理なく全戸南向きとできる敷地形状】プレイスヴィラ喜多見4階84平米6,788万円【坪単価266万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る