top  >  【新築】品川/大田  >  【駅距離はあるもののパークサイド】プレシス久が原パークサイドテラス6階73平米6,480万円【坪単価293万円】

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)

【駅距離はあるもののパークサイド】プレシス久が原パークサイドテラス6階73平米6,480万円【坪単価293万円】
2016-09-01

プレシス久が原パークサイドテラス。

御嶽山駅徒歩14分、久が原駅徒歩15分の6階建総戸数28戸のレジデンスです。

最寄駅までは結構距離がありますが、その名の通り敷地北東面が道道橋のぞみ児童公園に面したパークサイドというポジションとなります。

プレシス芦花公園のテラス付住戸は完全に地下となってしまっていましたが、ここの公園向き住戸は普通に地上部分であり、専用庭と大きなデッキがついたプランニングはかなり見所がありますね。

公式ホームページ
IMG_7198[1]
お部屋は73平米の3LDK、南角住戸です。最上階住戸ということで南東面南西面共に日照はもちろんのこと、視界的にも良好なポジションです。

間取り的には「狭小プラン」の多いプレシスシリーズにしては意外なほどゆとりがあるものとなっています。中住戸には60平米未満の3LDKもありはしますが、東角は約75㎡確保されていますし、専有面積にきちんと幅を設け価格帯のレンジもプレシスシリーズにしてはいつになく大きいと感じます。

これまでは価格上限が大きくなりすぎることを嫌って専有面積のレンジを小さくしていた傾向にあると思うのですが、ここは駅距離のある立地ですし思い切って専有面積を大きめに確保した形でしょうか。

LDが角になく(一面採光)で南東面の開口部もごくごく普通の2枚サッシで角住戸らしい「華」がないのは残念ですが、プレシス物件はいつもこんな感じですので仕方ないかね。LD隣の洋室3の引き戸が大きく開け放てるタイプとなっているのはとても良いですね。

一方、玄関廊下はほぼ一直線ながらクランクインとしているので、無駄な面積を削減しつつもプライバシー面への配慮がなされた好設計です。

柱の影響の少ないプランで収納配置も上手いので、居室形状が非常にきれいな点も評価出来るでしょう。

坪単価は293万円。パークサイド住戸ではありませんが、日照面は当物件内で最も優れたポジションですし、いいお値段ですね。
斜向かいのポジションに2009年に分譲されたライオンズ久が原オーセンティックハウスは平均坪単価220万円ちょっとだったので、平均で考えると25%ぐらいは高い水準となるでしょうか。

方角を問わず低層階でも260万円ぐらいはしますので、最上階住戸がこのぐらいの水準になるのは納得ではあるのですが、物件全体を見た場合の単価レンジは狭いですね。
前述のようにプレシスシリーズにしては専有面積に幅のある物件なので単価差は小さくとも自然と価格差(グロス差)が出るので、あまり単価に幅をもたせる必要がなかったという感じでしょうか。
また、通常であれば価格で勝負する必要のある北東向きがパークビューというのも大きく影響しているのは言うまでもありません。

【専用庭の奥行のあるデッキに注目!】プレシス久が原パークサイドテラス1階59平米4,790万円【坪単価267万円】 | topページへ戻る | 【この単価ならもう少し広くとも良かった?】グローベルタワー梅島2階37平米2,388万円【坪単価215万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る