top  >  【新築】江東/台東/墨田  >  【サービスルーム×DEN】イニシア門前仲町ローレルコート82平米7,798万円【坪単価313万円】

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

【サービスルーム×DEN】イニシア門前仲町ローレルコート82平米7,798万円【坪単価313万円】
2016-06-18

イニシア門前仲町ローレルコート。

清澄白河駅徒歩9分(東京メトロ。都営線は徒歩10分)、門前仲町駅徒歩12分、木場駅徒歩13分の9階建総戸数77戸のレジデンスです。

物件名に「門前仲町」が使われているので紛らわしい?のですが、清澄白河駅が最寄りですし、木場駅も徒歩圏の平野アドレスでついこの前紹介したばかりのプラウドタワー清澄白河にかなり近いポジションとなります。

プラウドタワー清澄白河は最寄駅までが徒歩11分と少々駅距離のある立地でこちらの方が利便性では上回っていると思われ、その利便性を語る上では、徒歩9分の清澄白河の存在は非常に大きいと思うのですが、なぜかなぜかこの物件の名前は「門前仲町」です。

最寄駅やアドレスがマンション名に用いられないケースというのは往々にしてあるのですが、その多くの場合はそれ以外の名称を用いた方が「響きが良い」「反響が大きい」ことによるものなのですが、「清澄白河」が「門前仲町」よりもそういう意味で劣っているとは思えませんし、かなり解せないです。
プラウドタワー清澄白河なんて最寄が木場駅でアドレスが平野なのに「清澄白河」ですし、この門前仲町駅方面から見て亀久橋を越えたこのエリアは明らかに「清澄白河」が自然ですからね。

門前仲町を最寄りとするマンションは木場や清澄白河よりも供給が少なくネーミング的に目立つっちゃ目立つとは思いますが・・・、分からんです。
ちなみに、門仲エリアでは珍しいスケールを有するプラウド門前仲町ディアージュがついに動きだしましたね。
隅田川沿いなんでお高いんだろうなぁ・・・。

公式ホームページ
IMG_7342[1]
お部屋は82平米の2LDK+S+DEN、南東角住戸です。当物件の敷地は南と北の二方接道でかなり南北に長い形状となっているので、南向き住戸率は少ないです。当プランは80平米超の豊かな専有面積が確保されていることからも分かるように南東角という物件内で最も条件の良いポジションで上層階にあたるこの住戸からは仙台堀川の水面も望むことが出来そうです。

間取り的にはサービスルームとDENが共に存在する珍しいプランです。サービスルームとDENはどちらも建築基準法上の居室とは認められない空間であり、デベによって名称が異なることもあるわけで、双方が共存しているケースは非常に稀と言えます。

当プランの場合は広さはあるけれどもあくまで居室と同様のスペースとして使えるものが「サービスルーム」、一方、オマケのようなプラスαの空間として用意されたものが「DEN」という形ですね。

このDENは玄関側からも洋室1側からも入れる空間でイニシア元住吉で採用されていた土間空間と同じような使い勝手を想定しているのでしょう。

前述のように物件内では条件の良いポジションではありますが、82平米というのは昨今のマンション事情(トレンド)からするとかなり豊かな面積であり、結構思い切ったプランニングだと感じますね。

ただ、洋室2とLDとの一体感を高めることができるトールスライドウォール、アイランドキッチンタイプのLDK、玄関に通風採光が可能な窓、とイニシアさんならではの開放感のある設計が評価できるプランでこの金額でも勝負できると踏んでのものなのでしょう。

坪単価は313万円。単価自体は昨今の相場水準からすれば妥当な範囲かと思いますが、82平米という専有面積がありグロスは8,000万円近い水準となっている点はわりとインパクトがあります。
ただ、南西角住戸は70平米ですし、この南東角だけ(上層2フロアにある特殊プランも含む)が80平米を越えた形となっているので、物件全体で見ると価格帯のバランスは悪くないものと思われますね。

【田の字プランの最高峰】イニシア門前仲町ローレルコート1階71平米5,798万円【坪単価271万円】 | topページへ戻る | スムログ投稿しました!

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る