top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  【中野の価格高騰は凄いですね】オープンレジデンシア中野4階54平米5,278万円【坪単価325万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【中野の価格高騰は凄いですね】オープンレジデンシア中野4階54平米5,278万円【坪単価325万円】
2016-07-10

もう1件、オープンレジデンシア中野。

設計は松本光生建築設計事務所、施工は風越建設です。前回の記事でも名前を挙げた近隣のオープンレジデンス中野城山も風越建設が施工していましたね。

デザインという意味では、やはり最近分譲されたばかりのオープンレジデンシア綾瀬オープンレジデンシア目黒平町に似た雰囲気を持った物件です。

当物件も平均的なオープンハウス物件と大差なく、スケール感の乏しい小規模レジデンスにはなるのですが、そのわりにはエントランス周りに力を入れている印象がありますね。

間接照明を多用したシックな空間はやはりそれなりの価格帯を意識したものと想像出来ます。

前回のオープンレジデンシア中野

公式ホームページ
IMG_7440[1]
お部屋は54平米の2LDK、東向き中住戸です。東側は、細いですが道路に面していますし、その先は戸建中心となるので、中層階以上では視界抜けも得られます。また、北東側は谷戸運動公園となるのも良い条件ですね。

間取り的にはやや小さめの2LDKにはなりますが、住宅ローン控除を適用できる最低限の面積を確保した形でしょうし、廊下もほどほどの長さに抑えることが出来ているので各居室の畳数もまずまず確保出来ています。

ただ、LDKで12.5畳とまとめて表記していることから明らかなようにLDだけだと10畳を確保出来ていません。こういったプランを見るといつも思うのは、洋室1室は4.5畳にしてもいいからLDを10畳超確保した方が良かったのではないかということです。

このような形の上々な4.5畳であれば大抵の家具は置けますし、5畳ならOKだけど4.5畳ならNGってケースってまずないと思うんです。
そういう意味ではやはり暮らしの中心となるLD空間に少しでも広がりを出す方がお部屋としてのパフォーマンスは高まるのかなと。
というか、そもそも当プランの場合はそもそも洋室2室のうちどちらか一方を引き戸(理想はウォールドア)にして欲しかったですね。

一方、収納は専有面積のわりに確保されている印象で好感が持てます。

坪単価は325万円。南向きでなく日照時間は短めですが、このディンクス向けの広さのプランであれば特に気になりませんし、先ほどのプランよりも上階ということでこちらの方が幾分かは割安感があるでしょうか。
基本的には面積が小さいほど単価が高くなる傾向にありますし(タワマンの最上階などにある100平米超などのペントハウス住戸を除く)、そういう意味でもまずまずの価格なのかなと。前回の記事で書いたようにここ数年の中野駅周辺のマンション高騰はハンパないですけどもね・・・。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんが、食洗機、フィオレストーンの水回り天板、トイレ手洗いカウンターとそれなりに高級感を感じることが出来るものにはなっています。ただ、浴室照明がダウンライトでなくブラケットタイプなのは価格帯からすると少々残念ですね。

管理費は257円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、スケールに欠けるためか高めの水準です。
駐車場は全2台で建物1階部分の屋内平置となります。

【南傾斜×全戸南向き×ワイドスパン】ジオ美しが丘二丁目ヒルズ3階88平米8,398万円【坪単価316万円】 | topページへ戻る | 【中野に強いオープンハウス】オープンレジデンシア中野2階68平米6,578万円【坪単価322万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る