top  >  【新築】横浜/川崎  >  【結構お久しぶりの駅徒歩10分前後】ザ・レジデンス戸塚5階84平米6,250万円【坪単価247万円】

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2200棟4800室)

【結構お久しぶりの駅徒歩10分前後】ザ・レジデンス戸塚5階84平米6,250万円【坪単価247万円】
2016-07-03

ザ・レジデンス戸塚。

戸塚駅徒歩11分の6階建総戸数116戸のレジデンスです。

売主に三菱地所レジデンスと共に日立アーバンインベストメントが名を連ねていることからも明らかなように周囲の「ネクサス」シリーズ同様に以前は日立製作所所有の土地であった場所に建てられる物件となります。

ネクサスシーズン戸塚が東京建物と日立アーバンインベストメントとのJVという形であったように東建さんが絡んでいるケースでは「ネクサス」が踏襲されてきましたが、当然ここは三菱地所さんとのJVとなるのでネクサスではなく「ザ・レジデンス」となっているというわけです。
「ザ・レジデンス」は、「ザ・レジデンス平河町」「ザ・レジデンス三田」、「ザ・レジデンス検見川浜ガーデンズ」などのように他社さんもJVで使うことがありますし(JVの時に持分の関係上どちらかのブランドを使うわけにいかない時に適している)、三井さんの「パークホームズ●●ザ・レジデンス」のような使われ方をすることも少なくないのでちょっと芸がないというかインパクトに欠ける面があるのですが、仕方ないんかね。

もし、「ネクサス」が使えるなら「ザ・パークハウスネクサス戸塚」とか・・・
センスないな俺・・・(笑)

立地的にはネクサスシーズン戸塚同様にやはり駅徒歩10分を越えてしまいますが、フラットアプローチの駅徒歩11分ならば十分に徒歩圏と言える距離ですし、ここ1~2年の戸塚駅の新築分譲はブランズ戸塚クレヴィア戸塚のような超駅近と言える物件とネクサスシーズン戸塚、プレミアムヒルズ戸塚、さらに戸塚ブロッサムテラスオハナ戸塚舞岡、シティテラス横濱戸塚など、駅徒歩13分以上~バス便の駅遠物件に二極化された状況でしたので、予算などとの関係上、このぐらいの距離感の物件を待ち望んでいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

公式ホームページ
IMG_7540[1]
お部屋は84平米の4LDK、南西角住戸です。南側は11階建のネクサスガーデンがありますが、ネクサスガーデンの西側、つまり、このプランの真南にあたる方向は6階までしかないため、視界的な圧迫感は少なく、かつ、日照的にも上々のポジションと言えます。当物件の南棟はネクサスシーズンの影響を加味し、南西に少し傾けた配棟となってしますし、当物件内では南面条件に最も優れたポジションと言えるでしょう。ネクサスシーズンとの間、当物件の敷地南端には小さめながらもサウスガーデンが施されるので前建までの距離もそこそこ確保されます。

間取り的にはそういった条件の良いポジションということで80平米以上の専有面積を確保し、かつ、4LDKがプランニングされています。

ただ、84平米は4LDKとしては小さめとなりますし、洋室4室を西側に並べた地味な印象の強い間取りはちょっとガッカリですかね。

西側は高い建物がありませんし、西側の方が前述のネクサスガーデンの影響が小さくなるわけですので、LDを角に持ってくる(二面採光にする)ぐらいの提案を期待していましたが、84平米で4LDKを造るとなると無駄な面積は極力排除する必要がありますし、行灯部屋の洋室を回避するという意図もありこのようなものになったのではないかと考えられます。

ただ、よくよく見るとなかなか工夫のあるプランですね。
LDに面した洋室3及び4にはいずれもきれいに折りたたむことのできるスライディングウォールが採用されており、LDと一体利用することが可能です。

洋室3と4の間の壁部分も開け放てるわけではないので(三井さんの物件のメニュープランなどではたまにそういったものも見かけます)、LDと洋室3及び4の3室を一体利用するのは難しそうですが、LD+洋室3or4として3LDK的に使うことは簡単にできそうですし、そのようにした場合には角住戸らしさも感じやすくなるのではないかと思います。

廊下を限界まで短く出来たがゆえにLDは12.7畳と84平米の4LDKにしてはまずまずの広さが確保出来ていますし(入口付近のデッドスペースも小さめ)、開閉できる窓のある広めの玄関下足スペースなど、84平米ということを考えると全体的にバランスの良さを感じるプランとも言えます。

坪単価は247万円。当物件は敷地形状的に南向き住戸率が低く、かつ、前述の通り南向き住戸はネクサスガーデンの影響が強いものが少なくありません。したがって、この住戸のポジションは物件内ではかなり貴重と言え、単価的に一段高いものとなっています。70平米台中心の物件にあって優に80平米を越える専有面積を確保しているのでグロス的な嵩みという意味でも少々気にはなりますが、前述のようにこのぐらいの駅距離の物件はここ最近少なかったですし、「ザ・パークハウス」ブランドが使われてはいないものの実質的には三菱地所ブランドの物件となればこの価格帯でも需要はあるものと思われます。

【スッポリ抜けた200万円台前半】ザ・レジデンス戸塚2階70平米4,360万円【坪単価205万円】 | topページへ戻る | 【目には優しいがお財布(管理費)には厳しいランドプラン】クレヴィア田端2階65平米4,790万円【坪単価242万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る