top  >  【新築】東海・関西  >  【プレミアムフロアだけ二重床】ジオ天六ツインタワーズ72平米3,990万円【坪単価182万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【プレミアムフロアだけ二重床】ジオ天六ツインタワーズ72平米3,990万円【坪単価182万円】
2016-08-15

もう1件、ジオ天六ツインタワーズ。

設計・施工はフジタです。関西圏を主戦場とする阪急不動産のタワマンですのでやはり直床が採用されていますが、意外にも22~23階だけは二重床を採用しているのですね・・・。
二重床には俗に言う太鼓現象がありますし、衝撃音の種類によっては直床が勝っている面もありますので、物件内で直床と二重床を使い分けるケースというのはあまり見たことがないですね(プレミアムフロアだけ二重床にするということは直床は二重床に比べ劣っていることを明示してしまっているようなものですんで)。

最近でこそタワマンで二重床が見られるようになりましたが、関西圏は首都圏(タワマンどころか中低層物件でも二重床が基本)とは異なり「直床が当たり前」という状況ですのでこういった提案も臆することなくできるのかもしれませんが・・・。

さて、前回の記事で書いたように私は当物件の最大の特長は「23階建とそこまで高さがないにもかかわらず免震構造を採用出来ている」点だと思っているのですが、タワマンらしい共用施設の充実という点も忘れてはいけない点ですね。

21階にはスカイラウンジとゲストルームがありタワマンならではの共用施設がしっかりと備わっていますし、ラウンジやブックサロンも備えたエントランス周りのスケール感も総戸数358戸ならではものという印象です。

空地の大半が大きな大きな自走式立体駐車場となっているため、敷地面積9,000㎡超のタワマンのわりには緑が少ない印象もあるのですが、タワマンでありながら附置率5割超となる自走式駐車場を備えているケースはかなり稀ですし、そういった意味でも差別化出来ている物件と言えるでしょう。

前回のジオ天六ツインタワーズ

公式ホームページ
IMG_7551[1]
お部屋はイーストの72平米の2LDK+S、南向き中住戸です。低層階なので視界抜けはありませんが、日照的には問題なさそうなポジションです。

間取り的にはこれぞ田の字というあまりタワマンでは見かけないタイプとなります。
ただ、前回の記事でちらっと述べたようにジオのプランとは思えないほどきれいにアウトフレームされていることに驚かされますね。関西圏の傾向は把握出来ていませんが、首都圏同様に今年のジオは一味違うのではないでしょうか。

スパン的にはごくごく一般的な田の字でいわゆるワイドスパンと呼べるようなものではないので奥行(玄関からバルコニーまでの距離)は結構長く、このような奥行があると柱間隔との関係上、柱が食い込みやすいと思うのですが、当物件はバルコニー側だけでなく共用廊下側もきれいにアウトフレーム化されているのが凄いなと。

いわゆるタワマンであればもう少し柱間隔を短くする必要があったのではないかと思いますが、当物件はいわゆるタワマンのように戸境壁を乾式壁でなく湿式壁とすることで耐力を高めた結果、柱間隔を広くすることも出来ているのかもしれません。

専有面積に占める居室畳数割合は73.2%((12.1畳+3.3畳+6.3畳+6.0畳+5.0畳)×1.62㎡【※】÷72.32㎡)と中住戸としてはやや高めの水準です。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

収納も少なくはありませんが、収納よりも居室畳数を重視したプランと言えそうです。

坪単価は182万円。ブランズシティ天神橋筋六丁目と比較しても大差のない水準というかそれを意識せざるを得なかったのでしょうね。
近年、大阪都心部の新築タワマンは低層階でも坪単価200万円を切るものはほとんど見られなくなりましたし、「生粋のタワマン」であればもっと価格を上乗せ出来たと思うのですが、単純に総戸数で比較すると総戸数420戸のブランズシティ天神橋筋六丁目に劣ってしまうわけですし、23階建だとタワマン的なランドマーク感やラグジュアリー感を全面的に押し出すのは難しかったという面が多少なりとも影響しているのではないでしょうか。

ただ、しつこいですが、タワマンはタワマンですし低層階住戸でも免震構造という安心感は確かにありますので、そういう意味では貴重な物件と言え、価格的にもわりとリーブナブル感があるのではないでしょうか。ジオ天六はマンション価格が今と比べるとかなり安かった2011年の分譲で平均210万円ほどでしたので、いくら駅距離があり階建が低くなろうと首都圏ではちょっと考えられない水準と言えます(東京都心部は2011年と比べると3割増しという時代なので・・・)。
関西はいいねぇ・・・。

設備仕様面は、ディスポーザーに食洗機、ミストサウナ、シーザーストーンのキッチン天板など単価的に十分と言えるものがそろっています。また、22~23階のプレミアム住戸にはビルトインエアコンやトイレ手洗いカウンターなども備わっており価格が高いなりのものになっていますね。

管理費は107円/㎡。お隣のブランズシティ天神橋筋六丁目が66円/㎡とあまりに衝撃的だったのでここがどうなるのか興味深く見守っていましたが、こちらはディスポーザーがついていますしさすがに二桁は難しかったようです。

ただ、首都圏の物件と比べると怖ろしいほど安いのは明らかですし、本当に関西圏は羨ましいなと・・・。
タワマンなのにタワー型の機械式でなく、自走式駐車場を採用出来ているのも大きいのでしょうね。

余談ですが、今年上半期の「全国」成約戸数No.1はリバーガーデン福島木漏れ日の丘の340戸となりましたね。
首都圏のブリリアタワー上野池之端などを押しのけてのNo.1でリーズナブルな価格がその最大の要因ではあるのでしょうが、当ブログでも取り上げている通りでパフォーマンス的にも見所のある物件でしたし、文句なしでしょう。

本日スムログ投稿しております。
名作マンション「駒場東大前界隈」です。
名作マンション【2016Vol.16】

既存樹の桜が素敵な物件、超レアな造りの重厚感のある門構えの物件、3階なのに絶景が望める物件などをご紹介しています。
ぜひご覧下さいませー。

【2LDK+S+基地】イニシア葛西5階76平米5,898万円【坪単価256万円】 | topページへ戻る | 【免震×全戸南向きという珍しいケース】ジオ天六ツインタワーズ96平米6,640万円【坪単価229万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る