top  >  【新築】渋谷/目黒  >  【ほんの少~しだけ弱気???】シティハウス中目黒テラス11階66平米8,680万円【坪単価435万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【ほんの少~しだけ弱気???】シティハウス中目黒テラス11階66平米8,680万円【坪単価435万円】
2016-07-24

シティハウス中目黒テラス。

目黒駅徒歩13分、中目黒駅徒歩14分の15階建総戸数112戸のレジデンスです。

同じく山手通り沿いで中目黒駅徒歩12分、目黒駅徒歩15分のシティハウス中目黒レジデンスと同時リリースされた兄弟物件ですので、シティハウス中目黒レジデンスの昨秋の分譲後まもなくこちらも分譲されるのかと思っていましたが、約10ヶ月経過しようやく販売開始のようですね・・・。

こちらは完成が当初よりも3ヶ月ほど遅れ、来年1月となりましたので販売スケジュールには多少余裕がありますが、山手通り沿いでは総戸数160戸のシティハウス目黒ザ・ツイン、総戸数140戸のシティハウス中目黒ステーションコートが近いうちに分譲開始されますし、もちろんシティタワー目黒も「絶賛分譲中」という状況ですので、どうなっちゃうの???という感じですよね。

ここはシティハウス中目黒レジデンスと駅距離及びスケールなどが酷似したいわゆる兄弟物件ということで第1期の価格帯はレジデンスに合わせたものとしてきましたが、このマンションが売れていない時期、まして、これだけの後発物件をかかえた状態にありながらこのお値段で第1期を開始するというのは相変わらず凄いとしか言いようがないですね。
英国のユーロ離脱により世界的な先行き不安がより一層高まる中、このお値段で手を出す勇気のある方がどれだけいるのでしょうか。

公式ホームページ
IMG_7544[1]
お部屋は66平米の3LDK、南角住戸です。シティハウス中目黒レジデンスと同様で南西方向は山手通りから内に入るため高い建物がなく視界良好なのですが、こちらは南~南東方向にかけても隣接地に高い建物がない影響で南角住戸はさらに条件に優れたポジションと言えるのかもしれません。

間取り的には66平米の3LDKということでかなり面積を絞ったものとなります。レジデンスは角住戸は全て70平米超でしたし、中住戸にも69平米のものがありましたが、こちらテラスは最大でもこの66平米ということで全体的にかなり面積を絞っている様子が伺えます。
当物件の完成時期は前述のようにもともとはレジデンスと大差ない時期が予定されていましたし、スミフさんは当初から当然のように長期販売を予定しているでしょうから、レジデンスの売れ行きを見てさらに面積を絞ったとかではなく、当初からレジデンスは「多少なりとも面積にゆとりを持たせた設計」、対照的にテラスは「より面積を絞ったものとする」予定だったのでしょうね。
30平米台後半からの1LDKがあるのは同じですし、2LDKなどもほぼ同じ面積で構成されているのですが、3LDKだけが明らかに異なるコンセプトで設計されているので余計に目立ちます。

さてさて、間取り詳細ですが、スミフさんの狭小3LDKということでやはりLDのドア位置が気になってしまいますね。レジデンスの75平米はかなりLDドア位置がひどかったですし、最近ご紹介したシティハウス大塚ステーションコートシティテラス横濱戸塚もなかなかのものでしたので、ここも狭小ゆえにかなり不安視されましたが、このプランはそこまで「水増し感」はありません。
そこまで頑張らなくともLDが10畳以上確保出来ていれば問題ないということなのでしょう。

角住戸ながら洗面所がリビングインという設計はやはり疑問ではあるのですが、引き戸で隣接する洋室3との一体利用は可能でしょうし、バックカウンター付の4.2畳のキッチンと合わせるとLDKで15畳近い空間とはなるので66平米の3LDKにしてはまずまず広さのある空間となるでしょうか。

レジデンスの南角75平米と比較してもらえれば一目瞭然ですが、奥行(玄関からバルコニーまでの距離)がかなり短めに出来ているため、当然に廊下も短めにできるというわけですね。収納は流石に75平米にはかないませんが、事実上の居室畳数にはそこmで大きな差は見られませんね。

ただ、南東側の開口部はレジデンスよりもさらに小さいものとなっており開放感に欠けるのは残念です。南西側開口部はわりと大きめなバルコニーに面しており、レジデンスほど柱の圧迫感もないのは好材料ですけどね。

坪単価は435万円。レジデンスの南角と全く同じ単価水準となっています。専有面積の差はあれど下げようものならスミフさんが「珍しく弱気(笑)」と話題になってしまうでしょうから、これだけ条件が酷似した物件で「下げる」という選択肢はなかったのは間違いないですが、75平米と66平米という「面積差」、そして、プラン的な「無駄の大小」を考えると実質的には「ほんの少し下げた」、「ほんの少~し弱気」と言えるでしょうね。
まぁ、これでも十分に高いですし、60平米台の3LDKの方が70平米台の3LDKに比べ単価を高くしやすいという昨今の価格トレンド自体がそもそもおかしいとも言えるわけですが・・・。

【400万円超の長谷工にはもう慣れた】シティハウス中目黒テラス11階57平米7,280万円【坪単価423万円】 | topページへ戻る | 【60平米台の3LDKながらLDは11.5畳】リーフィアレジデンス世田谷砧2階69平米6,108万円【坪単価294万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る