【野村不動産】東雲タワープロジェクト

野村不動産東雲タワープロジェクトです。当プロジェクトは年初あたりから折込チラシが入り始め、震災前はアドワーズ広告等も出稿されていましたが、震災の影響で広告宣伝がストップし、未だ再開されていない状況です。
そもそも当物件は野村不動産初の湾岸タワーで、駅徒歩11分と駅からの距離もあり、さらに大規模600戸であることから、筆者は当初からかなり販売は苦戦すると考えていました。
そして、それに追い打ちをかけるように震災が起きたため、震災前の広告宣伝費はほぼ無駄になり、ますますコストとして重くのしかかってくると思います。リーマンショックの際には、大手の中では最もうまくのりきったと思われる野村不動産ですが、今回は野村ブランドをフルに生かしても利益を十分にのせた形で600戸を捌ききるのは、容易ではないのではないでしょうか。

公式ホームページ

画像 006[1]
画像 007[1]

まだまだ価格が出ていないので今日は代表間取りだけですが、これだけみても魅力が乏しい感は否めません。角部屋なのに、リビングが角になかったり、柱が室内で結構でっぱっていたりしています。共用施設は充実しているみたいですが、当物件は外廊下物件ですし、お世辞にもグレード感を売りにしているとは思えないので現実的な坪単価で出してくるのではないかと思っていますが、前述のコストがどのように反映されるか興味深いです。

0 Comments



Post a comment