top  >  【新築】渋谷/目黒  >  【総戸数160戸、最大でも58㎡】シティハウス目黒ザ・ツイン58平米7,780万円【坪単価443万円】

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)

当サイト内検索    (累計2300棟5000室)

【総戸数160戸、最大でも58㎡】シティハウス目黒ザ・ツイン58平米7,780万円【坪単価443万円】
2016-07-30

シティハウス目黒ザ・ツイン。

ノースは目黒駅徒歩9分の15階建総戸数53戸、サウスは目黒駅徒歩10分の16階建総戸数107戸のレジデンスとなります。

シティタワーズ豊洲ザ・ツインシティタワー国分寺ザ・ツインに次ぐスミフさんの「ザ・ツイン」シリーズですが、前2物件に比べると大分小ぶりで名前が少々大袈裟に感じてしまう物件です。

2棟建というスケールがあることで共用施設が充実していると言ったようなメリットがあるのであれば「ザ・ツイン」にも意味があるというものですが、当物件の場合は合わせて160戸とは言え、全戸20~50平米台というプランニングですので、全くもってスケールがある物件とは言えません。

まぁ、シティタワー国分寺ザ・ツインもツインタワーで総戸数587戸ものスケールがありながらろくに共用施設が用意されていないぐらいなので、この物件にもう少しスケールがあったとしても共用施設には期待出来なかったのは間違いないでしょうが、多少なりとも高級感を意識したのかノース・サウス共に内廊下設計となっているのは良いでしょう。

同じ目黒通り沿いのシティハウス中目黒レジデンス及びテラスは外廊下でしたし、近いエリアで供給を連続させているため多少なりとも異なるコンセプト(つまりは、差別化)を意識したということなのでしょうね。

公式ホームページ
IMG_7830[1]
お部屋はサウスの58平米の2LDK、東角住戸です。南東側は当物件と同じような高さの目黒グリーンコープがあるため視界抜けはありませんが、東から北東方向にかけてはピンポイントに高い建物がなく、視界抜けも十分なポジションとなります。サウスの西側は山手通りですが、南東面至近距離に前建があることもありこの位置であればほとんど影響はないですし、物件内でもかなり条件の良いポジションということになるでしょう。

間取り的にはノースサウス合わせて当物件内では最も専有面積の広いタイプとなります。やはりデベ的にもこの住戸位置が物件内では最も条件が良いと考えているようです。

ただ、専有部形状と玄関位置に少々難のあるプランではあるでしょうね。
眺望の良い北東方向のスパンが短く、玄関からその北東方向のバルコニーまでの距離、つまりは奥行が結構あるタイプなので、玄関廊下が専有面積のわりに長くなってしまっています。角住戸ということで玄関が南西面中央部にすることも出来ず、廊下がクランクせざるを得ないことで余計に廊下が長いですし、シティハウス中目黒などでも見られたLD畳数の水増し戦略がこのプランでも見受けられるのでLD内にも実質的な廊下部分が大きめに混入している形なのです。

LDの角にはかなり目立つ形で柱が食い込んでいますし、全体として少々難しいプランとなってしまっている印象です。58平米と昨今の2LDKにしては専有面積がある方なので収納は充実している方だと思いますが、LDは実質的な廊下部分も含めギリギリ10畳超という水準でしかありません。

坪単価は443万円。低層階だと400万円を切りますし、目黒駅徒歩10分圏内の上層階でこの単価水準というのは意外でしたね。より駅に近い近隣のリビオ目黒ザ・プレイスは中層階でも坪単価400万円を切る水準でしたし、他デベであれば当然の価格設定ではあると思うのですが、駅徒歩10分超のシティハウス中目黒レジデンス及びテラスの価格と比べると少し大人しい印象を受けます。

山手通り沿いのスミフ物件は供給過多な状況であるのは間違いないですし、ここは合わせて総戸数160戸という水準ですので、スミフさんと言えども流石に少しだけ弱気になったのではないでしょうか。特に50平米台のプランはシティハウス中目黒レジデンス及びテラスと被ってくる面積帯ですし物件内ではグロスも嵩む方なので尚更かね。

【ようやくスミフさんも少し音をあげたかな】シティハウス目黒ザ・ツイン12階43平米5,480万円【坪単価420万円】 | topページへ戻る | 【駅出口まで3m】レフィール日本橋馬喰町43平米4,830万円【坪単価374万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る