top  >  【新築】豊島/板橋/練馬  >  【ここも三井の完成売り】パークホームズ練馬中村橋クリアコート2階65平米5,208万円【坪単価263万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【ここも三井の完成売り】パークホームズ練馬中村橋クリアコート2階65平米5,208万円【坪単価263万円】
2016-08-14

もう1件、パークホームズ練馬中村橋クリアコート。

設計・施工は内野建設です。
これまで2000物件近く取り上げてきた当ブログでも初登場となるゼネコンなのでちょっと調べてみましたが、練馬区豊玉北にある近隣実績の豊富なゼネコンさんなのですね。

ただ、都内や神奈川エリアでもいわゆる投資マンションを中心に多数の実績があるようですし、この階建・スケールの物件であれば技術的には何ら問題ないといった所でしょう。ゼネコンさん的には三井のパークホームズブランドを手がけた実績というのは今後の受注にも大きな好影響がありそうです。
技術もむろん大切ですが、それ以上に実績が物を言う世界ですからね。

デザイン監修には榊頼彦氏が起用されています。光井純氏の事務所にいた方で独立後も三井さん(光井純氏は三井とつながりが深いです)のパークホームズ木場クリアテラスなど複数のパークホームズの他、リビオ清澄白河などの実績もありますね。

スケールのある物件ではないので、特筆すべき箇所は少ないですが、白を基調とした爽やかで飽きの来なさそうなデザイン、ガラス面の多い透明感のあるエントランス周りが印象的な物件ですね。

前回のパークホームズ練馬中村橋クリアコート

公式ホームページ
IMG_8180[1]
お部屋は65平米の3LDK、東向き中住戸です。東側は細い道路ながら接道していますし、正面方向は戸建住宅となるので将来的に高い建物が立つ心配は少なくて済みそうです。

東向き住戸は、やはり南向き住戸よりも全体的に面積を絞った構成となっており、大手デベのファミリータイプとしては下限に近い水準となります。
ただ、当物件の東向き住戸は南向き住戸よりも奥行(玄関からバルコニーまでの距離)を浅くした設計が採用されており、専有面積のわりにスパンが設けられているのが良いですね。

奥行が浅いことで玄関廊下も短くて済みますし、サッシ6枚分の連窓サッシも迫力があります。

また、柱のアウトフレームも比較的しっかりなされたプランなので居室形状もまずまずですし、この専有面積の3LDKにしてはしっかりとした面積が確保された洗面所も評価できるのではないでしょうか。
経験上、居室や収納は結構頑張っていても60平米台中盤の3LDKでは洗面所がかなり狭いものが少なくないですね。

このプランは浴室もきちんと1418ですし、収納も充実と、65平米の3LDKとは思えないほど各所にしっかりとした広さを確保することが出来ています。

専有面積を知らされないで間取りだけを見たら68㎡ぐらいはあると思うだろうなぁ・・・。

坪単価は263万円。南向きではない低層階ということで単価はやはり控えめとなります。ただ、この単価水準だと65㎡まで面積を絞っていても5,000万円を越えてしまうのが昨今の現実であり、もう少しなんとかならんかなぁ・・・という思いはどうしてもつきまといますね。当物件は総戸数34戸中32戸を第1期で分譲するようなので、このプランニングがニーズや予算と少なからずマッチした好物件ということが言えるのだとは思うのですが。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーこそありませんが、食洗機、天然石のキッチン天板、トイレ手洗いカウンター、ダウンライトの浴室照明など、単価なりのしっかりとしたものとなっている印象です。

管理費は297円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしにしては高い水準です。総戸数34戸という小スケールが多分に影響しているとは思いますし、三井さんの物件はインターネット料金等が含まれたものなので実質的にはもう少し安い水準ではあるのですが、管理は「通勤」でなく「巡回」ですし、もう少し安いと良かったですね。

駐車場は平置で全3台です。駅徒歩5分が大きな売りとなる物件なので車所有率は低いのでしょうが、それにしてもちょっと少ない印象です。

【免震×全戸南向きという珍しいケース】ジオ天六ツインタワーズ96平米6,640万円【坪単価229万円】 | topページへ戻る | 【南口駅近では珍し目のファミリー物件】パークホームズ練馬中村橋クリアコート7階70平米6,548万円【坪単価307万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る