top  >  【新築】千葉県  >  【市川駅徒歩5分×市川真間駅徒歩1分】ウィルローズ市川一丁目8階72平米5,960万円【坪単価273万円】

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)

【市川駅徒歩5分×市川真間駅徒歩1分】ウィルローズ市川一丁目8階72平米5,960万円【坪単価273万円】
2016-08-24

ウィルローズ市川一丁目。

市川真間駅徒歩1分、市川駅徒歩6分(北口。シャポー口は徒歩5分)の13階建総戸数61戸(特定分譲住戸6戸含む)のレジデンスです。

ここ2~3年の間、野村と三井の市川ザ・レジデンス、ここと同じグローバルのウィルローズ市川、東急さんのブランズ市川真間ブランズ市川レフィール、三菱のザ・パークハウス市川、さらに野村のプラウド市川、と市川駅徒歩5分圏内もしくは、市川真間駅至近の地に数多くの物件が誕生しており、そういう意味での希少性には欠けるのですが、ここは市川駅徒歩5分圏内、かつ、市川真間駅が徒歩1分というインパクトはなかなかのものではないでしょうか。

駅徒歩1分ゆえに線路沿いにはなってはしまいますが、メインバルコニーは全戸南東・南西向きで線路側を向いているわけではないですし、中央区などを中心に都内での供給がメインのグローバルさんがわざわざ千葉で分譲するだけのことはあるな、と思わせる立地条件ですね。
前出のウィルローズ市川もここに負けず劣らず良い立地でしたし、ブランディングを高めるという意味でも「都内以外で分譲するからには良い立地の物件を供給しよう」という意図が少なからずあるのでしょう。

そういや、つい先日、THEグローバル社はこれまでの東証2部から東証1部に移動となりましたね。以前から述べているようにかなりデザイン面を重視するデベロッパーで物件自体は「同規模」の大手デベと遜色のないパフォーマンスのものが多いのでこれを機にさらに見所のある物件を供給していって欲しいと思いますね。

公式ホームページ
IMG_8321[1]
お部屋は72㎡の3LDK、南角住戸です。南西方向は10階建のマンションがあるので、多少は影響があるかもしれませんが、このタイプはBタイプよりも北側に後退した位置にあるので、10階建のマンションの影響はかなり緩和されるはずですし、日照も良好です。南東方向は中層階以上で視界が抜けてくるポジションですし、二重サッシを採用することで線路に対する配慮もなされています。

間取り的にはあくまで南東がメインバルコニーという形なので、南西側の開口部が制限されているのが残念ですが(雁行設計で隣接するBタイプとのお見合いを回避するためでしょう。両プランは斜め方向を見ると室内がのぞけてしまうポジションにあります)、角住戸らしくプライバシー面に難のある共用廊下側に居室が存在していないのは好材料でしょう。
LDが角位置にないのは(二面採光でないのは)残念ではあるのですが、LDをこの位置にしたからこそ、共用廊下側に居室を配置せずに済んでいるとも言えます。

角住戸でもこの専有部形状であれば共用廊下側に居室が配置されていても何らおかしくはないのですが、当プランの共用廊下側には共用の防災備蓄倉庫とメーターボックス(この住戸と隣のBプランのもの)があるので、共用廊下側に窓を造る余裕がなかったということになります。

そういう意味では一長一短ある間取りだとは思うのですが、共用廊下側の柱が完全にアウトフレーム化されているのは意外というか素晴らしいことだと思いますし、2WAY動線を確保した水回りの特長があって良いですね。

廊下をコンパクトにして無駄な面積を小さくすることを心がけていると思われ、リビングインでないのは洋室3室中1室だけにはなりますが、洗面所がリビングインでないのは好材料でしょう。「リビングインでなく廊下からの動線となる=キッチンから洗面所へ行くためには廊下を通らねばならない」ということに通常はなるのですが、このように2WAY動線を確保することで家事動線も有用になりますし、回遊動線ができることで飽きの来ない間取りが実現するというメリットもあります。

無駄を省いたことで収納も専有面積のわりにはかなり充実していますし、LDも二面採光でないながらも3枚サッシで開口部幅を確保するなど、一見角住戸にしては地味な形状ながらも実は結構ツボを押さえたものという印象を受ける好プランですね。

専有面積に占める居室畳数割合は73.6%((13.4畳+3.3畳+6.1畳+5.0畳+5.0畳)×1.62㎡【※】÷72.24㎡)と高めの水準で、一般的には食い込んだ柱は居室畳数にカウントされるわけでこの柱が完全アウトフレーム化された間取りのこの割合はさらに価値があると言うべきです。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

坪単価は273万円。昨今の相場からすると中層階でもこの水準にはなってしまいますよね。ただ、南西をメインバルコニーにしたプランは10階建の前建の影響が強く低層階を中心に250万円未満のものも少なくないので、当物件の平均はこれよりは安いぐらいになるのではないかと思いますし、反対側ではありますが同じ市川駅徒歩5分のプラウド市川が平均坪単価約275万円、ここよりも駅距離のあるブランズ市川レフィールも平均で坪単価260~270万円という水準だと思うので、この物件は多少なりとも昨今のマンションの売れ行きの悪さが反映されたものとなっている感じでしょうか。

【千代田区をも彷彿させる力の入ったデザイン】ウィルローズ市川一丁目3階75平米5,380万円【坪単価236万円】 | topページへ戻る | 【ガラスウォールに凸なバルコニー】シティハウス二子玉川2階56平米8,180万円【坪単価483万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る