top  >  【新築】港/中央/千代田  >  【駅徒歩1分×南面良好】グリーンパーク日本橋小伝馬町11階71平米8,240万円【坪単価382万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【駅徒歩1分×南面良好】グリーンパーク日本橋小伝馬町11階71平米8,240万円【坪単価382万円】
2016-09-16

グリーンパーク日本橋小伝馬町。

小伝馬町駅徒歩1分、馬喰町駅徒歩5分、新日本橋駅徒歩6分、岩本町駅、馬喰横山駅及び東日本橋駅徒歩7分、秋葉原駅徒歩9分(東京メトロ)、神田駅、人形町駅及び三越前駅徒歩10分、さらに東京駅も徒歩20分の12階建総戸数25戸(非分譲4戸含む)のレジデンスです。

ブラントン日本橋小伝馬町に続く小伝馬町駅徒歩1分というポジションの物件です。十思公園を南に望む類い希なポジションのブラントンには及びませんが小伝馬町駅徒歩1分というポジションだけでも十分に希少性がありますね。

当物件は1フロア2戸の小規模物件(各戸の面積に差はあるもののブラントンも同じです)で、その南北に長い敷地形状とフロアプランは先日ご紹介したばかりのグリーンパーク日暮里にかなり似ていますね。

公式ホームページ
IMG_8410[1]
お部屋は70㎡超の3LDK、北にも小さな開口部の四方角住戸となります。駅徒歩1分ですが、大通りに面していないので比較的静かな環境ですし、南側もそれほど高い建物はなく、かつ、南側正面方向は道路というポジションなので(T字路に位置しているため)、日照だけでなく視界抜けも良好です。

間取り的には、前述の通りグリーンパーク日暮里と敷地形状が酷似しているため間取りも似ていますね。単価の影響があるのかこちらの方が少し小さめの3LDKとなりますが、南中心で東西北にも開口部のある四方角住戸という点も同じです。

ただ、異なる点もありますね。
グリーンパーク日暮里はPRC造、柱を風車型に配置、2棟をスラブのみで連結など、かなり珍しいほどの力を入れた構造だったのですが、こちらは特筆すべきものが採用されているわけではありません。

こちらの方が高額な物件となるので残念な思いがないと言えば嘘になりますが、あちらが14階建であるのに対してこちらは12階建と少し低いことも多少は影響しているのでしょうか。

ここはグリーンパーク日暮里の逆梁とはことなり順梁工法が採用されていますし、似たスケール、似た敷地形状の物件でも大分構造面のコンセプトに違いがあるようです。

日暮里のように柱が風車型に配置されていないので、柱の食い込みがより目立つ印象ですし、専有面積が3㎡ほど小さい点も気になる要素ではありますが、居室畳数はほぼ同じ水準で確保出来ていますし、収納も意外にも充実していますね。
ウォークインクローゼットこそないものの、収納の数自体は豊富ですし、ウォークインクローゼットのようにデッドスペースが生じにくいタイプのため、収納力は結構期待出来そうです。

また、日暮里同様に四方角住戸らしい玄関位置を採用出来ているため、効率的なプランが実現出来ています。
日暮里は南面が斜めの形状となっていたため、居室形状にさらに難があり、かつ、逆梁カウンターも生じていましたが、こちらはより一般的な形状となっている点も好材料でしょう。

日暮里よりもやや南面がワイドスパンと出来ているため、LDの開口部幅が一般的なものよりも長めに確保出来ているのもかなり評価出来る点です。日暮里とは異なりLD東側に開口部が設計出来ていないことも影響しているとは思いますけれども。

坪単価は382万円。低層階は340~350万円という水準なので、低層階よりも1割ほど高いことになります。同じ駅徒歩1分のブラントン日本橋小伝馬町は南面に十思公園というポジションが大きく影響していたとは言え、ここよりも15%ほどは高い設定だったので、ここもやはり坂入産業さんらしい抑えめの価格設定にはなっているようです。

馬喰町駅徒歩1分のグリーンパーク日本橋馬喰町はやはり周辺物件よりも価格を抑えていたので、それと比べるとおおよそ1割高という価格水準にはなりますが、江戸通り沿いのあちらよりもかなり住環境に優れていますし当然でしょうね。

【20~70㎡台の幅広いプランニング】グリーンパーク日本橋小伝馬町6階46平米4,760万円【坪単価344万円】 | topページへ戻る | 【エントランス周りのゆとりが素晴らしい】クリオラベルヴィ川崎南幸町2階34平米3,258万円【坪単価319万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る