top  >  【新築】江東/台東/墨田  >  【63㎡の3LDKでLD10.7畳】サンクレイドル木場公園3階63平米4,858万円【坪単価256万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【63㎡の3LDKでLD10.7畳】サンクレイドル木場公園3階63平米4,858万円【坪単価256万円】
2016-10-18

続けて、サンクレイドル木場公園Ⅱ。

設計は光和設計、施工は浅川組です。
外観デザインは大きな特長こそありませんが、「ブロンズ」「グレー」「ホワイト」の3色のガラス手摺を採用するなど、それなりに工夫の施されたものとなっています。

エントランスホールは壁面や天井部に間接照明が豊富に用いられていますし、サンクレイドルシリーズとしては高額な部類のマンションということでそのあたりも少なからず意識している様子が伺えますね。

また、驚きなのがキッズルームがあることですね。集会室を兼ねた小さめのものではありますが、総戸数47戸の物件でこういったものが採用されているケースはごくごく稀なことです。

サンクレイドルシリーズはサンクレイドル上野で全戸玄関前に駐輪場を施したり、サンクレイドル東神奈川ではシアタールームを用意したりと、共用スペースにひと工夫あることが少なくないですね。
今後も一味違う共用部にぜひ期待したいです。

前回のサンクレイドル木場公園

公式ホームページ
IMG_8725[1]
お部屋は63㎡の3LDK、東向き中住戸です。同じく低層階なので視界抜けはありませんが、道路の対岸の並木がちょうど正面方向になる高さで借景も悪くないのではないでしょうか。2階だけはコンクリ手摺ですが、この3階からはガラス手摺になるので採光も良好でしょう。

間取り的には、60㎡台前半のかなりの狭小3LDKプランとなります。当物件は先ほどの南東角住戸を除くと全て60㎡台で構成されており、いずれも狭小の部類には入るのですが、その中でもこのプランが最も専有面積の狭いものになります。

ただ、前回の南東角住戸ほどではないにしろ、このプランもかなり効率性を意識したものとなりますので、専有面積以上の使い勝手は確実にありますね。

間取りを重視する傾向のあるモリモトの物件でよく見かけるようなワイドスパンの田の字プランで、ワイドスパンゆえに奥行(玄関からバルコニーまでの距離)を短く出来ているので、一般的なナロースパン田の字に比べ廊下を短くできているというわけです。

中住戸ながらLDはサッシ3枚分の開口部を実現出来ていますし、一見63㎡に見えないプランですね。

やはり洗面所の入口はリビングインですし、収納の少なさにも63㎡感は出てしまっていると思いますが、LDが10.7畳確保出来ているのは凄いことだと思いますし、63㎡ということを考えると全体的なバランスという意味でも良いのではないでしょうか。

浴室は1418でなく1317ですし、キッチンは3畳未満と少々手狭感はありますが、この面積では致し方ないでしょう。
玄関前にアルコーブ的な空間がなく、玄関扉を開くと共用廊下の人の通行を邪魔してしまう感じなのは残念ですね。

坪単価は256万円。角住戸でもなく南向きでもないということで同階角住戸に比べ1割程度安い水準です。向きの違いこそあれ同階で1割の差は結構大きな部類だと思いますが、先ほどのタイプがちょっと高い印象があったのでこちらはこんなもので相応でしょう。先ほどのタイプは角住戸という点以外に物件内で「唯一の南向き」ということが単価を強めにさせている面があると思います。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーがないのは仕方ないことですが、水回りの天然石天板仕様やトイレ手洗いカウンターもない簡素な仕様で単価的に大きな差のないプラウドタワー清澄白河などと比べるとどうしても寂しく映りますね。プラウドタワーにはこのような大きさの3LDKはありませんのでグロスは結構違いますが・・・。
なお、食洗機はついているようです。

管理費は179円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなし、そして、小さめながらもファミリータイプのみで総戸数47戸というそこそこのスケールがあるので、比較的安価な水準と出来ているようです。
駐車場は全10台です。

【またまた府中】ウィルローズ府中宮西町7階65平米5,280万円【坪単価268万円】 | topページへ戻る | 【居室畳数割合77.7%】サンクレイドル木場公園3階70平米5,988万円【坪単価281万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る