top  >  【新築】東京都下  >  【再開発の恩恵も期待できるポジション】プロスタイル南町田3階77平米4,490万円【坪単価193万円】

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2050棟4500室)

【再開発の恩恵も期待できるポジション】プロスタイル南町田3階77平米4,490万円【坪単価193万円】
2016-10-21

プロスタイル南町田。

南町田駅徒歩6分、すずかけ台駅徒歩13分の7階建総戸数30戸のレジデンスです。

小規模物件ですし間取り的にも特段強調できるようなものもない物件ではあるのですが、南町田駅は物件供給自体が少なく徒歩10分圏内のものとなると非常に限られているので、取り上げてみます。

当物件の立地はグランベリーモールなどのある買物利便性の高い駅南側でなく、やはりバイパスを跨ぐ駅北側のポジションにはなるのですが、それでも駅徒歩6分はかなり珍しいです。

用途地域は準工業地域ですし、周囲は殺風景な印象が拭えないポジションではありますが、南町田駅では再開発が控えているという点もこの物件を取り上げた理由の1つになります。

東急さんによる再開発は現状のグランベリーモール及び鶴間公園、さらにはケーズデンキがある246沿いまでに渡る約22ヘクタール(二子玉川ライズ以上)という大規模なもので、モールのショップ数も現在の2.5倍になることが予定されているようです。
北口側は駅前広場が整備され、南北の自由通路も新設される予定のようですし、当物件にとってもかなり恩恵があるように思います。

完成は2020年あたりを予定しているようでまだ時間はかかりますが、駅に最も近い位置には共同住宅も予定されているようですし、色んな意味で楽しみがあるでしょう。

設計は光和設計、施工は西野建設です。
小規模物件ですし、デザイン面で特段強調できる点はありませんが、外観にシックな色味を採用したことで安っぽくならないように配慮していますし、エントランスホール内の間接照明をふんだんに用いたライティングはなかなか手が込んでいる印象です。
地盤が良く直基礎とできているのも1つの売りとなるでしょうか。

公式ホームページ
IMG_8873[1]
お部屋は77㎡の4LDK、北西角住戸です。北側は戸建、西側は駐車場というポジションなので、低層階でも視界的な圧迫感はありません。日照は当然に西日が中心にはなってしまいますが、問題なく得られそうです。

間取り的には物件内では最上階に1戸だけあるルーバルプランを除くと最も大きなものとなります。

当物件は全戸西をメインバルコニーとしたランドプランなので、南に面しているのは南西角住戸のみなのですが、その南西角住戸Eタイプは70㎡ちょっとしか確保されておらず、この北西角が一般プランでは最も専有面積にゆとりがあるものとなっています。

このプランは3LDKでなく4LDKにしたということも影響しているかとは思いますが、南西角は「南向き」ということで単価が高い分、グロスの嵩みを抑えたかった(専有面積をあまり大きくしたくなかった)ということなのでしょう。
諸事情を抜きにして一般的・定番的なプランニングという意味では南西角に最も広い専有面積の4LDKが設計されるはずで、南西角と北西角が逆になっている方が自然なんですね。

当物件は、中住戸は50~60㎡台のみの構成ですし、グロス価格の嵩みにかなり気を遣っている様子が伺えますね。

さて、間取り詳細ですが、この広さの4LDKですので、当然に地味な印象の強いものにはなりますね。ただ、廊下を最低限の長さにしていることもあり、LDKで14.5畳など居室畳数はしっかりと確保出来ている印象がありますし、柱の食い込みも細い1本のみに出来ているので違和感なく4LDK的な使い勝手を生み出すことが出来ていますし、居室形状も良好です。

また、この廊下の長さで洗面所がリビングインでないのも評価出来る点ですね。4LDKとしては洗面所がかなり小さめな印象はありますが・・・。

専有面積のわりには収納もまずまず確保出来ている反面、LDの開口部が地味で連窓サッシが採用されていないのはちょっと残念です。

坪単価は193万円。同階の南西角は坪単価200万円を優に超えていますが、こちらは越えておらず前述の通りグロスの嵩みを意識したノン南向き住戸らしい単価設定となっています。ブルームテラスやアドグランデ南町田は平均坪単価にして約170万円という水準ですので、これでも1割ちょっとは高い水準にはなりますが、駅距離からすると相応でしょうか。今後はその再開発が徐々に影響を強めてくる可能性が高く、駅近物件がこれ以下の水準で出てくる可能性は低いでしょうし、南町田でともかく駅に近い新築物件が欲しい方にはまずまずと言える水準ではないでしょうか。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板仕様やトイレ手洗いカウンターなどの高級感もありませんが、食洗機はありますし、プロスタイル元住吉などと同様にフローリングが天然無垢材であるのが1つの売りとなるようです。
このシリーズは無垢材で変形するおそれがあるためか、床暖房が導入されておらず一長一短だと思いますが・・・。

管理費は182円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしなので安くて当然ではあるものの総戸数30戸という小スケールからするとリーズナブルな水準と言えるのではないでしょうか。
駐車場が全台平置で15台確保出来ているのでそういった面が管理組合の収支的に功を奏している可能性が高いです。

※スムログ更新しております。
名作マンション訪問の番外編ということでハワイにしてみました(笑)

⇒ 【オアフ島界隈】名作マンション訪問【2016秋番外編】

日本では見られないようなデザインのものをたくさん載せてますのでマンションオタクの方はぜひどうぞ!

【久々のフージャース】デュオヴェール飯田橋5階46平米4,898万円【坪単価349万円】 | topページへ戻る | 【大規模プロジェクトだからこその専用庭住戸】ブランズシティ世田谷中町1階74平米6,690万円【坪単価301万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る