top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  【リビオ史上最高の高級感×素晴らしいLD周り】グランリビオザ・レジデンス3階40平米4,460万円【坪単価367万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【リビオ史上最高の高級感×素晴らしいLD周り】グランリビオザ・レジデンス3階40平米4,460万円【坪単価367万円】
2016-11-27

続けて、グランリビオザ・レジデンス。

設計・施工は淺沼組です。デザイン面も淺沼組が担当しているようですが、共用部インテリアデザインに三井デザインテック、その他にも大森暁夫氏と松田重仁氏という2人の彫刻家を起用したこともあり、間違い無くリビオ史上最高の高級感を醸しだした物件と言えるでしょう。

エントランスやエントランスホールは2層吹抜でこそありませんが、1階部分の階高を十分に確保したことで天井高の高い東面1面がガラス貼りとなったエントランスラウンジの開放感は素晴らしいものがあります。

西側道路からエントランスまでに非常に奥行のあるエントランスアプローチを施したことでプライバシー性をこれ以上ないぐらいに高めることが出来ていますし、大森氏による紋様付のエントランス扉、天然石を多用したエントランスホール内の重厚な雰囲気など、新生「グランリビオ」らしさを存分に感じることのできる物件となっています。

敷地東側には植栽を豊富に施してはいるものの、その先は隣接敷地の建物が聳える環境ですのでいいことばかりではないのですが、ポジションなりに最善を尽くしていると感じるランドプランであるのも事実で、リビオシリーズでここまでデザイン性が高く、かつ、高級感のある物件を見ることが出来るとは思っていなかったというのが正直なところです。

エントランス周りのスケール感と重厚感に素晴らしいものがあったディアナコート文京本郷台の存在があってこそこの物件が誕生した可能性が高いことは否定出来ませんが、理由はどうあれ期待していた以上のパフォーマンスを見せてくれた物件となります。

前回のグランリビオザ・レジデンス

公式ホームページ
IMG_9325[1]
お部屋は40㎡の1LDK、西向き中住戸です。低層階ですが西側は唯一接道していますので、前建までそれなりの距離が確保出来ています。

間取り的には物件内でも少なくない40㎡台前半の1LDKになるのですが、物件では随一のワイドスパンが採用されており、プラン的にもかなり魅力のあるタイプとなります。

玄関廊下は短いながらもプライバシー面への配慮があるのが良いですし、LDに3枚分のサッシが施されている点が非常に良いですね。

いわゆる分譲マンションはファミリータイプのプランがメインとなることが多いため、40㎡前後の1LDKプランは間取り的に軽視されてしまうことが少なくないのが現実なのですが、当物件はその土地柄もあり1LDK及び2LDKが中心となっているので、こういった小さめの専有面積のプランにも優れた間取りが存在していると言えるでしょう。

サッシ幅もさることながら、奥行2m確保されたバルコニーもエリア内では珍しい存在であり、このLD周りの設計はかなりのインパクトがあるでしょうね。

柱の食い込みも一切ありませんし、隣戸との境は両側共に湿式壁(柱と一体型の耐震壁付ラーメン構造)が採用されたことで、遮音性も高まっていますし、非常にクオリティの高い貴重な1LDKと言えます。

2LDK及び3LDKを含めて考えても当物件内ではダントツで優れたプランという印象ですね。

浴室が1216なのはちょっと残念ですけれども・・・。

坪単価は367万円。第1期ではプレミアムステージ21戸が全戸一括販売するのに対してエクセレントステージは100戸中27戸の販売と特にホテル等に囲まれている低層階住戸の人気が芳しくないようですが、この住戸は唯一の接道方向に位置しており、前述の通りプランも優秀なのでこの単価はこのご時世としては妥当な印象があります。
向きによりますがディアナコート文京本郷台の低層階よりも少し安いぐらいの印象となります。

設備仕様面は、ディスポーザーに食洗機、水回りの天然石天板仕様、トイレ手洗いカウンター、そして廊下までのタイル貼りと単価的に違和感のないものになっています。プレミアムフロアの住戸はLDにビルトインエアコン、天然石を用いた浴室、さらに玄関廊下が天然石貼りと高額なだけのことはあるグレード感のある仕様になっています。

管理費は265円/㎡。内廊下、かつ、ディスポーザー付ですが、スケールメリットを活かすことが出来ているためか意外なほど安いです。特にプレミアム住戸の価格帯からするとこの管理費は出色の水準と言って良いでしょう。常々書いているように管理費は物件価格に比例するような設定(購入者の支払能力に比例している)となっているものなのです。

駐車場は全24台で平置2台(身障者用及び来客用)を除き機械式となります。

【80㎡以上が当たり前のゆとりあるプランニング】ザ・パークハウス碑文谷三丁目2階93平米10,780万円【坪単価382万円】 | topページへ戻る | 【ひっさびさのグランリビオ!】グランリビオザ・レジデンス14階86平米15,000万円【坪単価577万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る