top  >  【新築】荒川/北  >  【黒タイル、アルミ、木調、とっても個性的な外観デザイン】ウィルローズ田端1階61平米4,980万円【坪単価272万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【黒タイル、アルミ、木調、とっても個性的な外観デザイン】ウィルローズ田端1階61平米4,980万円【坪単価272万円】
2016-11-24

続けて、ウィルローズ田端。

設計はディスク、施工は新日本建設、そしてデザイン監修はリクドです。
リクドは当ブログでの登場は初めてとなりますし、こういった分譲マンションの実績は少ないようですが、デザイン面に拘るグローバルエルシードさんが起用するだけあってかなり個性的、かつ、インパクトのあるデザインを手がけることのできる会社のようです。

「黒の美学」がコンセプトの1つとなっているように黒のタイルを基調とした上でバルコニーにアルミパネルと木調パネルを貼り分けた当物件のデザインはかなり斬新なものです。

前回の記事で書いたように周辺の建物は戸建などが中心となるため、現状ではこの物件若干浮いてしまう感がありますが、そのうち時代が追いついてくる面も少なからずあると思います。
こういった物件はもっと高額なエリアでないと似合わないという意見もあるかと思いますが、街というものは日々変わっていくものですし、変わっていくことによるマイナス面よりもプラス面の方が大きいと思っています。

なお、エントランスは「行燈」をイメージしたとのことで、和の文様を彷彿させるアルミパネルが施されており夜の姿が特に美しいでしょうね。ライティングにも専門家であるトランスデザインを起用しており、グローバルさんらしい非常にアーティスティックな印象のある物件となっています。

前回のウィルローズ田端

公式ホームページ
IMG_9281[1]
IMG_9282[1]
お部屋は60㎡の2LDK+S、西向き中住戸です。西向きなので日照は西日が中心となりますが、奥行のあるテラス・専用庭に加え、専用駐車場まで完備したプランで、西側道路までの距離もかなり確保出来ているというなかなか興味深いものとなります。西側道路の交通量は多くはありませんし、山手線徒歩圏エリアの物件でこういったポジション及びプランニングの物件は少ないのでなかなか興味深いですね。

間取り的には洋室3室中1室がサービスルーム、もう1室が行燈部屋、というプランニングですし、そもそも60㎡そこそこで実質3LDKとしているかなりの狭小プランということになりますが、LDは11.2畳という驚愕の水準を確保していますし、一見普通に3LDKとなっているのが凄いですね・・・。

やはり収納は明らかに少ないですし、浴室は1418でなく1317にはなりますが、4畳の2つの洋室は形が良いので使い勝手としては何ら問題ありませんし、柱の食い込みもほとんど無くすことが出来たプランで無駄な面積を極力排除出来ている点に好感が持てます。

玄関前のアルコーブが少々浅いのが玉に瑕ですが、専用庭は南側からの日照も享受出来ますし、専用駐車場も含め特徴のある差別化されたプランとなっているのも良いですね。

坪単価は272万円。先ほどの南の角住戸よりも高い設定となります。ただ、1階住戸が特に高いとかではなく、西向き住戸の「良好な視界条件」と「かなり絞った専有面積」ゆえの高単価ということになるでしょう。クレヴィア田端は明治通りを越える立地にはなりますが、駅距離的に大差のない南面条件良好な地で平均坪単価がこの住戸ぐらいとなっていたことを考えても少々強気な設定という印象を受けます。

1階住戸は前述の通り個性的かつ差別化されたプランなので良いですが、それ以外の一般住戸は間取り的に難しいものが多く、そういう意味でも少々強気に映りますね。

設備仕様面は、水回りの天然石天板仕様などの高級感こそありませんが、総戸数51戸ながらディスポーザーがついていますし、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンターなど単価的には十分と言えるものがそろっています。

管理費は242円/㎡。外廊下ですがディスポーザー付ですので妥当な範囲内でしょう。
駐車場は全7台でいずれも平置ですが、身障者用1台・専用駐車場3台を含んでのものとなります。

【全戸が北東向きの目黒川ビュー】ザ・ガーデンテラス目黒19階76平米9,760万円【坪単価427万円】 | topページへ戻る | 【再開発エリアにもほど近い比較的落ち着いたポジション】ウィルローズ田端3階70平米5,650万円【坪単価266万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る