top  >  【新築】東京都下  >  【背後の棟にはワイドスパンを】クレヴィア調布国領レジデンス2階70平米5,518万円【坪単価259万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【背後の棟にはワイドスパンを】クレヴィア調布国領レジデンス2階70平米5,518万円【坪単価259万円】
2016-11-20

続けて、クレヴィア調布国領レジデンス。

設計は三輪設計、施工は大末建設です。
お隣の同スケールのオーベルグランディオ調布国領が長谷工施工の直床だったのでこちらも直床になるような気がしていたのですが、意外にも二重床でした。
販売する時代が違い価格帯も平均で2割程度は高くなっていると思うのでせめて二重床にしておこう的な感じでしょうか・・・。

ただ、理由はどうあれ、プラスではあると思います。遮音性云々よりも将来的なリフォーム時の優位性、そして歩行感を考えた場合にやはり二重床が望ましいでしょう。

また、国領駅歴代最高水準の価格設定となる物件だけあってデザイン面にも力が入っていますね。
デザイン面は設計の三輪設計が担当しており、別途デザイナーが起用されているわけではないものの、ランドスケープデザイン監修として塙ランドスケープデザインも加わっているだけのことはあると思います。

塙ランドスケープデザインは、クレヴィア豊田多摩平の森レジデンス、クレヴィア小竹向原などのクレヴィアシリーズはもちろんのこと、パークマンション赤坂氷川坂パークコート三番町ヒルトップレジデンスなどの三井を代表する高額ブランド物件、また、大規模タワマンであるパークコート浜離宮ザ・タワーの実績もある著名なデザイナーとなります。

各棟1階部分の多くに専用庭や専用駐車場などを設計しているため、敷地面積のわりに純粋な共用部分の面積が小さい印象はあるのですが、オーナーズラウンジに面したセントラルガーデン、狛江通り沿いのマークスガーデン(約5.5mもの奥行がある)などは当物件の見所の1つです。

また、グランドエントランス(A棟)からB棟・C棟を結ぶゲートブリッジもかなりインパクトのあるデザインで、2層吹抜グランドエントランスと共に狛江通り方向から眺める当物件の外観は、国領駅最高額物件に相応しいものとなることでしょう。

南北に長い敷地形状が災いし、C棟の背後(北側)にB棟、さらに北側にA棟というランドプランは褒められたものではないのですが、南西向きと南東向きのL字配棟とするには南東(東南東)にあるマンション国領が邪魔になるでしょうし、こうするしかなかったということでしょう。

ただそんな中で立派なのは、その背後となるA棟・B棟にはC棟とは異なりワイドスパン住戸が多く設計されている点ですね。特に低層階は日照がままなりませんので、このぐらいやって当然という印象もありますが、現実問題このようなポジションでもこのような設計が採用されることは少ないです。仮に設計・施工が長谷工だったらこうはならなかったんじゃないかなぁ・・・(このようなスケール及び階建の物件の施工は8割方長谷工施工となります)。

前回のクレヴィア調布国領レジデンス

公式ホームページ
IMG_9287[1]
お部屋はブリーズテラス(B棟)の70㎡の3LDK、南向き中住戸です。南側は20m弱の距離に8階建のC棟が聳えていますが、C棟西側上部はセットバックされており、当物件の正面方向は6~7階レベルとなるので日照面への影響は比較的少なくて済みそうです。前述のようにこういったエリアの物件としてはかなり珍しいワイドスパンが採用されていますし、目の前が第三者所有地(第三者の建物)ではなく、敷地内というのも好材料ではあるでしょうね。

直下の1階住戸には専用駐車場がありますし、C棟との間には機械式駐車場があるポジションとなるので、静かな環境とまでは言えないのですが一定の安心感はありますよね。

間取り的には当ブログの読者の方であればその素晴らしさは十分お分かりいただけるはずで多く語る必要はないと思います。

ワイドスパンゆえに奥行(玄関からバルコニーまでの距離)が短く出来ており、それに伴い廊下も一般的な田の字プランに比べコンパクトです。

この廊下の長さで洋室2室がLDから独立、かつ、洗面所が廊下からの動線と出来ているのは非常に評価できる点ですし、廊下が短いことで専有面積に占める居室畳数割合も73.7%((11.6畳+3.4畳+7.0畳+5.5畳+4.5畳)×1.62㎡【※】÷70.34㎡)とかなり高い水準と出来ていますし、同時に収納も充実させることが出来ていることからも当プランの無駄の少なさを実感することが出来ます。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

むろんLDから洋室3に跨がる連窓サッシも素晴らしく、非常に貴重かつ贅沢な中住戸ですね。

坪単価は259万円。C棟により日照は多少妨げられるとは思いますが、そこまで大きな影響があるわけではないでしょうし、無駄のない優れたプラン面を考えると悪くない水準という印象です。プランにもよりますが、A棟・B棟の中低層階は視界抜けの得られるC棟に比べ5~10%ほど安い水準となっているようですね。

一般的なナロー気味の田の字であればもっと安くあるべきと思いますが、このプランであれば妥当な価格設定と感じます。

設備仕様面は、水回りの天然石天板仕様などの高級感こそありませんが、ディスポーザーに食洗機、トイレ手洗いカウンターと単価的に違和感のないものがそろっています。

管理費は182円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザー付ですし、総戸数163戸というスケールメリットがきちんと活かされている水準と言って良いでしょう。
駐車場は全44台で身障者用及び来客用1台ずつを含む5台のみが平置で残りが機械式となりますが、これ以外に1階住戸の目の前に12台分の専用駐車場があります。

【大手町まで1分+16分】エクセレントシティ南行徳駅前6階67平米4,840万円【坪単価240万円】 | topページへ戻る | 【この立地・デベで70㎡台の4LDK】クレヴィア調布国領レジデンス3階79平米6,848万円【坪単価286万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る