top  >  【新築】その他神奈川  >  【これだけ特長ある物件でも第1期は70戸・・・】エアヒルズ藤沢1階70平米3,898万円【坪単価184万円】

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)


最新記事

月別アーカイブ

当サイト内検索    (累計2000棟4400室)

【これだけ特長ある物件でも第1期は70戸・・・】エアヒルズ藤沢1階70平米3,898万円【坪単価184万円】
2016-12-02

続けて、エアヒルズ藤沢。

設計・施工は長谷工で直床です。藤沢駅周辺では南口徒歩12分の総戸数734戸のパークアリーナに次ぐスケールを有した物件であり、長谷工施工が最も自然ですし、そもそもこの物件は長谷工が売主にも名を連ねています。

売主のメインはこの物件に比較的近いポジションにプラウド藤沢イースト&ウエスト(2物件合わせて総戸数375戸とこことほぼ同じ)を分譲した実績のある野村不動産ですが、他に新日鉄興和不動産、URリンケージなども名を連ねており、駅距離がある大規模物件だけに複数社で行うことでリスクヘッジをしている印象がありますね。

ただ、パフォーマンスを上げないとこの戸数を捌くのは容易ではないことはデベロッパー側も百も承知であり、大規模物件らしく独立した共用棟(オーナーズラウンジ)まで有した共用部には複数のラウンジやパーティールーム、シアタルーム、ゲストルームなど人気の施設がそろっていますし、優雅な車寄せが施されたグランドエントランス周りの空間設計には素晴らしいものがありますね。

共用部・エントランス共に2層吹抜の優雅な空間を多用している点も素晴らしいですが、地味に立派だと思うのがグランドエントランスから見えやすいカームコートの共用廊下側の手摺がガラス手摺になっている点ですね。
理想は見えやすい見えにくいに関係なく全ての棟でガラス手摺となっていることだと思いますが、この価格帯の物件でそこまで望むのは酷ですし、価格帯なりに、いや価格帯以上に手の込んだものとなっている印象のある物件です。

この駅距離の大規模物件は日照や眺望だけで簡単に捌けるものでないことをしっかりと認識した上でコンセプトを描いていることがしっかりと伝わってきますね。

価格帯からするとかなり頑張っていると思う物件で、さらに言うと、前回の記事で書いたように駅近物件にはない半永久的に維持される可能性の高い戸日照と開放感抜群の眺望という売りがあるにもかかわらず、第1期分譲がたったの70戸に過ぎないのが昨今のマンションの売れ行きを如実に反映しているように思います・・・。

野村さんは川奈一丁目でやはり長谷工とそこそこのスケールある物件を供給予定ですし、ちょっとした黄色信号のスタートですね。

前回のエアヒルズ藤沢

公式ホームページ
IMG_9347[1]
お部屋はグリーンコートの70㎡の3LDK、東向き中住戸です。1階住戸ですが、傾斜の先にある東側道路はかなり低い位置にあることからも分かるように眺めはいわゆる1階住戸ではないですね。道路とは標高差がかなりあり、かつ、距離もあるので、プライバシー面の心配もありません。フロントコートやカームコートと比べると日照時間がかなり短いことがやはりネックにはなるのでしょうが。

間取り的にはいわゆる定番の田の字プランになりますが、一般的なものよりも気持ちスパンが確保されている印象のあるものでスパンを活かした連窓サッシ×ウォールドアの仕様となっているので、中住戸ながらLD周りの開放感が高い点は評価出来るでしょう。

LDの開口部だけでもサッシ2枚半分ありますし、奥行のあるバルコニーに面していることで畳数表示以上に広く感じることが出来るはずです。

一方でLDの入口ドアがかなり玄関寄りに設置されているのは注意が必要でしょうね。一般的な田の字プランよりも大分手前にあります。この位置にあることで洗面所がリビングインとなっていますし、LD内にカウントされている事実上の廊下部分も大きくなっていますよね。

共用廊下側は柱が微塵もアウトフレームされていないのはやはり残念ではありますが、玄関が共用廊下から少し凹んだ位置に設計されており一応はアルコーブ的な空間を設けることが出来ているのは良いでしょう。

収納は玄関周りがちょっと寂しい印象もありますが、全体で言えば専有面積のわりには充実していると思います。

坪単価は184万円。物件内では日照時間が短いポジションにあり、それに伴い下限水準の単価設定となります。駅距離的には大差のないノブレス湘南藤沢センタースクエアの下限はもう少しだけ下にはなりますが、ほとんど変わらない水準とも言えます。
ノブレスは免震ですが、こちらはブランド力と共用部のグレード感で上回っていますので、互角以上の勝負が出来るはずです。
まぁ、ノブレスと比べるとこちらは入居が大分先になるので、純粋に競合はしていないのでしょうが・・・。

設備仕様面は、この価格帯の物件ですので、水回りの天然石天板仕様などの高級感のあるものは見当たりませんが、スケールのある物件ゆえにディスポーザーが導入出来ていますし、食洗機もついています。

管理費は156円/㎡。外廊下ですがディスポーザー付ですし、これは嬉しい水準ですね。このスケールの大規模物件であればコンシェルジュサービスが備わっているのが最近のトレンドでしたが、ここは導入してないことが影響しているでしょうか。
また、駐車場は附置率約63%と思っていたよりも少し低めでしたが、全225台を平置(自走式平置182台含む)と出来ている点はやはり評価出来ますし、その利用料が管理費収入を補ってくれる面も少なからずあるでしょう。

ちなみにノブレスは100%の附置率で約70%が平置、残りの30%が機械式という形です。機械式は700円~という格安設定なので「どの物件」どころか「どの駐車場」を選ぶかによっても家計への負担は全く異なるものになりますね・・・。

【進捗率5割に達せずも・・・】パークコート浜離宮ザ・タワー22階45平米6,850万円【坪単価506万円】 | topページへ戻る | 【事実上の藤沢最高層か】エアヒルズ藤沢6階86平米5,698万円【坪単価220万円】

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る